10kmの部

10kmコース

 10kmコースは、3.5kmを過ぎて、ぶどうの丘方面に曲がると急な登りが待っている。登りは6km手前ま続く。標高差にして380mを一気に駆け上る。この区間をいかにスピードダウンしないで駆け抜けるかがカギとなる。最高点の勝沼ぶどう郷駅を過ぎればひたすら下り、最後の1kmで緩やかな登り。非常にきついハードコースだ。気温が高かったので苦しかった。
 コースが3D表示になるように苦労してみた。今回はカメラでコースを追ってみる。距離表示が明らかにおかしい箇所が何カ所かあり、選手はとまどうばかり。こうして、後で写真をみてやっと解るというのは根本的におかしい。数字は距離表示。
スタート10秒前

 それなりに速い人は最前列で緊張している。あんまり速くない人も1秒でも早くスタートしたいのが人情か。
カウントダウンが始まる。10,9,8,7,6,5,4,3,,,
10kmスタート 10:50 (0:00)

 スタートしてもなかなか動き出さない。スタートラインを超えるまでに17秒を要した。誤差の範囲か。Y上さんもラップを計ってくれているでは、行ってくるね。

計時は○のデジカメから逆算。この写真を00:00として判断。
1km   04:56(04:56)

 表示板はぶどうの格好をしている。色分けがしてあり、10km=青、5km=黄色、3.5km=桃色となっている。この色を頭に入れておかないと後でひどい目に遭う。

 スタートまでのロスを考えれば予定どおりのタイム。
 早くも給水所。おばちゃんどうもありがとうね。悪いから水をもらう。(^_^)v
  単なる曲がり角

 交差点で曲がるところにも同じぶどうの表示板。これには何度も騙される。使い分けて欲しいものです。更にややこしいのは、昔から使っている大きな看板も一緒に立ててあること。これは大きくて見やすいので個人的には好きなのだが、混同してしまう原因。
  2km   09:28(04:32)

 5kmと10kmが同じコースを同じ距離で走るので2つの表示板が立ててある。でも、文字が小さいので近づいて立ち止まらないと見えない。「減速せよ」と書いてあるのでスピードを落とす(笑)。○には不評! 
  3km   14:04(04:36)

 なだらかな登り。5kmの人にとってはちょっと辛い登りが続く。10kmの場合は、この倍以上の急傾斜を登るので足慣らし程度だ。
  3.5km   16:14(02:16)

 今度は0.5km単位の距離表示が現れる。1kmにしては変だなぁと思った。ややこしい表示だ。
 02:16だといいペースである。
ぶどうの丘入り口   16:26

 この交差点で5kmコースは右へ、10kmコースは左へと分岐する。4km表示にしてはちょっと速いかな、と思いながら通過。応援者も最も多く鈴なりの応援団である。(爆)
  4km   19:12(05:08)

 あ、4kmの看板逃した。3kmからいっぱいあったし、面倒になってきた。でも、肝心な4kmを逃すと情けない。まさかそのために戻るのも嫌だし。前方は急な登りが待ちかまえている。
20kmの先導車

 背後から拡声器「こちらは20kmの先導車です。まもなく、20kmのトップランナーが来ますので10kmの走者は道路の左側に寄ってください。繰り返します」・・・。うっせえなぁ。
 おっと、4.5kmだ。(この時点では20kmの4.5kmとは気がついていない)。あら?めちゃくちゃ速いな、、、、おかしいなぁ????
  4.5km   12:06(02:54)

 あれ?また4.5kmだ。(ここで20kmと10kmがあることに気がつく)。やっと5kmと別れたのに、今度は20kmと同じコース。しかも距離表示がずれている。
 ここの0.5kmのラップがすごく落ちている。
給水所(#2)

 ここの給水所は助かる。ずっと登りなのでいい口実で休めるからだ。ほとんど歩きながら水を飲む。ゴクゴク。あ〜マズイ、もういっぱい。 (。_・☆\ ベキバキ
  20kmの5km

 お、やっと5kmだ。ガーン、20kmの5kmだ。なんだか騙されているようでおもしろくないなぁ。
  5km   25:04(05:52)

 おや、もう6km? ほんとに醜い表示だこと。5か6かも読みにくい。まだまだ登りが続くのに、ペースががくんと落ちている。
20kmとの分岐

 写真を撮っていたので左側にいたら係員に注意される。「10kmは右です」。でもさっきの先導車は「10kmは左側を走れっていったじゃん」。何はともあれ、20kmの人は更に高度を上げるのだ。頑張ってください。
5.5km   28:0606(03:02)

 最高地点の少し手前が5.5km。ここを過ぎれば、急な登りはない。
 お、中央線を電車が走ってる。これは写真撮らないとね。
 あれ?電池マークが出た。スタート直前に電池交換したのになぁ。予備電池持ってるから交換するか。(レースの途中で、こんなことする人いるか?)
  6km   30:00(04:56)

 (白状すると)6kmの表示を見逃した。もうソロソロだと思ってはいたが、見つけられなかった。電池交換しているときに通り過ぎちゃったかな?
 勝沼ぶどう郷駅。駅前でも沢山の人が(どこに??)応援してくれている。あとは下り。惰性に任せてバシバシすっ飛ばすぞ。
向こうにぶどうの丘

 若き乙女をそのまま撮るのは気が引ける。ぶどうの丘を撮影するふりをしてしっかりとね。やなことするオジンだなぁ(と思われたか?)
 またまた給水所がある。こっちだって挨拶せにゃいかんぜよ。
給水所(#3)

 「おばちゃーん、冷たい水を半分頂戴!」ってわがままを言う。だっていっぱい入っていても飲みきれないんだもん。「いいよぉ、これではい、頑張ってねぇ」「はーい、ではごちそうさま」
  7km   34:24(04:24)

 おぉ、7kmだぁ。速いラップだ。やっぱり下りだもんなぁ。速くなるよ。それにしてもヒザが痛くなってきた。やばいぞ。スピードを抑えるか。
  勝沼中学校の生徒

 学校あげてこの大会を盛り上げてくれている。選手も地元民だから応援がすごい。「**ちゃ〜ん頑張れぇ」と、元黄色い声援が飛ぶ。向こう側には先ほど登ってきたぶどうの丘が見えている。
シャトー勝沼

 工場見学もできる。売店にいる名物おばちゃん。気前が良くてドンドン試飲させてくれる。「今も、試飲したいんだけど、飲ませてくれる?」 「だめ、頑張って走りなさい」 「はーい、後で寄るからね」。で、ワインは飲めず。帰りも結局寄らなかった。又今度ね。 (x_x)
  ゴールまであと3km     35:50(2:26)

 わぁ、なんだぁ?? 7km地点(あと3km)はとっくに通過したぞ。短くなるんなら許してあげるが、同じ表示はないんじゃない?

 ピンぼけしているが、下の方には7.5kmの表示がある。小さな表示には気がつかないよ。時間経過から行くと7.5kmで正解のようだ。ここでいきなり20kmの表示と重なるのもおかしい。さっきまでは別々だったのに。
国道20号(甲州街道)

 出るような出ないような。ここまで下ると、後はだいたい平坦。ここにも大勢の人が応援してくれている。御礼にカメラを向けてあげよう。
  20kmコースの11km
(もしかしたら8km)  38:32(4:08)

 さっきは、20kmコースと同じ所に表示があったのに、今度は20kmコースの表示だけ? おーい、10kmコースはどこだぁ?へんだにゃぁ。もう、ここを8km地点だと思うことにするぞ。
給水所(#4)

 せっかくだから(何が?)水を頂きましょうか?沢山準備してくれてありがとう。飲むからねっ
20kmコースの11.5km

 やっぱり10kmコースの表示は見あたらない。ぶどうの丘があんなに高い位置に見える。そうとう下りを駆け下りてきたことになる。見渡す限りぶどう畑。
20kmコースの3.5km

 今度こそ、表示板が2つ並んでいるので、片方は10kmだろう。あれ?3.5km地点だと? ははぁ、しかも1周目だと。下の表示は直進と右折を示している。全部20Km専用の案内板だ。走っている最中にはそこまで瞬時判断できるはずがない。
ぶどうの丘入り口   43:04

 この表示は絶対におかしい。20kmの12kmが10kmの9kmと同じ地点なら、一つ前の20kmの11.5kmが10kmの8km地点と一緒になってもおかしくない。

あ〜、どっちにしてもあと1kmだぁ!!
  例の応援団

 5kmの部に出場して仮装で頑張っていた諸君が、1kmぐらい戻ってきて応援している。同僚の誰かが10kmに出場したんだな。今日は暑いから大変だね。
  あと1km?(また出た?)   45:52(7:20??)

 8kmの表示が結局どこだか解らない。20kmコースの11km地点と仮定すれば、この1kmに7分20秒も要している。うそだぁ。いくら何でも、そんなに遅いわけ無いと思うけどな。どっかで何かが間違ってるよ。隣のおじさんと仲良く走ろうっと。

勇姿

疲れたところは撮って欲しくないねぇ
ファンレターは直接どうぞ
ゴールまであと200m

 さぁ、ここから一気にスパート。カメラを投げ捨てます。(って、捨てるもんか!)
知り合いが拾うんだ。
(高橋○子みたいに格好良くはいかない)
ラストだよぉ

 もうゴールは目の前。ゴールすれば好きなだけワイン飲んでいいからね。「よーし、僕ちゃん、がんばる」
  参考  20kmの走り

 20kmトップ選手の走り。よ〜く足が上がっています。やっぱり走りが違います。


  勝利者をじっと待つゴール

 完走した人は皆、勝利者。おめでとうさん。
NT:はぁ、疲れたよん

HM:いやぁ、登りが苦しいねぇ。
MT:陽気もいいし、記録も向上

KK:なんたって、てげてげだ
MY:はーい、勝負***でで頑張ったぜ

ST:足痛いよ、腰痛いよ
KY:ままま、まさか親父に不覚を取るとは。来年はリベンジだ。

IS:へへぇ、快調でした。

完走賞

NT

HM

MT

MA

KK

MY

ST

KY

IS


トップに戻る