5kmの部    10kmの部
 今年で4年連続で勝沼に参戦する。マイクロバスでの参戦は3年目。何がこれほどまでに勝沼に誘われるのだろう。今回は、コースのわかりにくさに照準を絞って走ってみようかと思う。今回は天候も良くって、(毎年勝沼は晴れるというジンクスが続いている)、記録は良くない??。例によって、ブドウ食べ放題と、ワイン飲み放題は十分に元を取ってお釣りが来るくらいであった。(^_^)v
 日時:2004年10月17(日)  晴  
 大会名:「第20回勝沼ぶどう郷トークマラソン大会」
 参加者:MMX走り隊18名(その他、いろいろ含む) 

決戦の朝  6:00

 武蔵野線から日の出を見る。なんだか久しぶりに太陽を見た感じだ。分倍河原には予定どおり6:05頃着。まだ誰も来ていない。直にマイクロバスが到着。昨年もお世話になった「ハッスル運送」さんだ。6:30予定どおり出発。M月さんから差し入れのバナナケーキでエネルギー補給。渋滞もなく8:00過ぎに勝沼に着く。駐車場はシャトレーゼを逆指名。会場まで5分。
会場

 ぶどう棚の中を歩いて会場入り。まだ、ほとんどが到着していないので、静かな会場。どこに陣を張ろうか悩むところ。また例年の所に張るか。
準備中

 MMX走り隊の旗と幟をあげて、まずは陣地を確保。Aさんが例年どおり大きなグランドシートを持参してくれる。ありがたや。受付をすませ、ぶどうと記念品をもらう。後はスタートまで勝手にウォーミングアップしてくれ。
緊張感が高まる

 気温が高いのでランニングスタイルで走ってもOKだ。今回は、初めての親子対決が見られそうだ。そろそろ世代交代なんですね。さっさと明け渡したら?
  歓迎演奏

 
勝沼中学校吹奏楽部による演奏。どこかの大会で披露したという曲を次々と演奏してくれる。うれしいひとときだ。
開会式

 関係者だけが?グチャグチャとしゃべる開会式。誰も聞いてはいない。MMX走り隊は真面目に聞いている。選手宣誓だけでいいような気もする。
 続いて勝沼中学校生徒会による恒例のストレッチ。今年もやっぱり”あっ”という間に終わってしまった。

ストレッチ

 
もう一回ストレッチのやり直し。身体が硬い人は特に念入りにストレッチしてくださいね。
 居眠りしちゃダメですよ。

お召し替え

 
見ちゃ嫌ーん、お着替え中なのよ。一応、エチケットとしてスッポンポンにはならないようにしましょう。自分はいいかもしれませんが、回りは不快なものです。(だってさ)
そろそろ着替えを

 
長袖?Tシャツ?いやいや今日は暑いからランニングがいいでっせ。乳首にはバンドエイド貼って、股づれ防止のディクトンも一緒に処置しちゃいましょ。
対決

 
親子対決だそうです。もう、じいちゃんは死に体だから何もしなくていいよ。

 やや、昨年も隣に陣地を張った三鷹のSさん一家ではないですか?今年は元気のいい(飲むと?)奥様は一緒ではないのですか?残念。
決意

 
昨年は一緒に走ったN江さんが今年は、単独で20kmに挑戦とのこと。さすが、経験者はすぐに復活できるんですね。
 てげてげ組は何を企んでいるのやら?
ぶどうとワインも準備中

 
食べ放題のぶどうと、飲み放題のワインがすぐそこのテントに準備されようとしている。一番近くに陣取っているから大丈夫だ。係員が早速試飲している。いいなぁ。速く飲みたいなぁ。
 早くワインを飲みたけりゃ、ワインを売っている所に行けば試飲できるよ。



Q1。ぷーさんは男性か?
Q2.右の人は何を連れている?

さて、
 5kmの部
10kmの部
 に行ってみよう。 ↑

 

完走

 全員無事に完走しました。ヒザが痛いの、腰が痛いの、風邪をひいたの、、、、頭が悪いの(そうだ!)、などと、スタート前には不安材料ばっかりだが、何のことはない、皆さん絶好調で完走。おめでとう。
 あ〜、ワインがうまいや。
反省

 「へーい、完走証だい」「あ、もう着替えてしまった。」「ここのとこが苦しかったんですよね」「ここで、親父に抜かれてしまいました。」 反省は来年にタコ(間違い、イカ)される。
ももの里温泉 13:00

 恒例となった隣町の温泉。弁当はここまで食べずに持ってくる。ただ、数量がたりなくなくなるトラブルが発生したようで、申し訳ない。誰かが弁当券出すのを忘れたんじゃないの?
 ま、ワインでも(頂き物がどっさりありますので)飲んで、お腹いっぱいにしてください。
  続いての反省会はバスで

 先に風呂に入った人がビールを買っている。会費から出しそびれた。やっぱ、風呂上がりはビールかな?ワインなら浴びるほどあるのに。

 帰りのバスでは、MMX大賞をはじめ、予想賞、大波、小波、、、、等の賞品。反省の弁であっという間に分倍河原に。

 では、来年の幹事さんに引き継いでお開き。 お疲れ様でした。