今年で3年連続で勝沼に参戦する。だいたい要領もわかってきたし、どれだけ苦しいか、走った後どれだけ痛快に飲めるかと言うことも承知の上。例によってマイクロバスをチャーターして総勢20名での参加。大幅に記録を伸ばす人もいれば、記録を落とす人もいる。いつもながらの大会風景。。
 日時:2003年10月19(日)  晴  
 大会名:「第19回勝沼ぶどう郷トークマラソン大会」
 参加者:MMX走り隊20名(その他知り合いもいました) 

駐車場  8:00

今年は最初からマイクロバスの予定だったので、申し込み時点で申告しておいた。大型車両はここ(シャトレーゼ:駐車場番号は18番)を指定される。ここから会場となる勝沼中学校まで徒歩5分ぐらいである。
会場

例年通り勝沼中学校がスタート/ゴール会場となる。戦い前の一瞬の静けさ。ワインを飲もうにもまだワインが到着していない。
陣取り

条件1.ゴールに近いこと 条件2.ワインサービス会場に近いところ。とすればここしかない。旗とノボリをセットして、ブルーシートで場所取りすれば完了。
思い思いに準備

勝沼中学校吹奏楽部による演奏で参加者を歓迎してくれています。参加者は思い思いにスタート準備をします。まだまだスタートまでにはかなり時間があるのでおしゃべり。グッズの品評・自慢会。
開会式

?なにやら長々と話す人がいます。こういう場所で延々としゃべると嫌われます。会場は場所取りが激しくなってきました。開会式に続いて勝沼中学校生徒会によるストレッチ。いつものようにあっという間に終わってしまい、ちっとも体はほぐれない。
5km、10kmコース

 5kmコースは、軽いアップダウンがある。10kmコースは、ぶどうの丘にかかる3kmあたりから急な登りが6km付近まで続き、最高点の勝沼ぶどう郷駅までの高低差が380mほどとなる。駅を過ぎればひたすら下り、最後の1kmでまたなだらかな登り。非常にきついコースだ。気温が高いと厳しい。
5kmコーススタート 10:05

5kmに先立ち親子3kmの部がスタート。やはりそれなりに速そうな親子は格好から違う。

そろそろ5kmのスタート時刻が迫ってきました。特に初参加者には緊張の一瞬。
5km参加者

?参加者集まれ。何人かいないな。その代わり、犬がいるよ。ナンバーカードは本物かと思ったら、大菩薩競技会?とか書いてあった。いずれにしても飼い主と一緒にゴールまで走ったものと思われる。
  では、5kmに参加した人のページに行ってみよう。

 T・Y   Ma・I   E・T   Y・S   T・S   H・K  M・I
 
10km間もなくスタート 10:45

先頭集団に並んだ人もいれば楽しんで走るために後方に遠慮する人もいるの団体がバラけてしまった。 
10kmスタート  10:50

さすがに先頭グループの飛び出しは速い。100mを20秒切るスピードで疾走する。
走り終わって

みんな完走できた事による満足感でいっぱい。中には反省している人もいるかも。
では、10km男子一般に参加した人のページに行ってみよう。

Y・O   N・T  *・O  M・K
では、10km男子50歳以上に参加した人のページに行ってみよう。

M・T  M・A  K・K  H・M  S・T  T・N  M・Y  I・S  S・I


ゲスト:当日会った人、
    お知り合いになった人
ワイン飲み放題

コレコレ、ペットボトルに飲ませてどうするんですか?
ももの里温泉 13:00

ここも恒例となった日帰り温泉。勝沼からはチョット離れているのでそれほどの混雑はない。風呂上がりに盛大に反省会。
風呂より長い反省会

運転手も風呂に入ったので時間延長?いつ終わるとも知れない。
さっぱりしたら引き上げます

?完走した充実感と、来年に向けてのスタートと沢山飲めた喜びを胸に引き上げるとするか。