マラソンシーズンは閉幕かと思いきやさにあらず。まだまだガンバルのか?第6回吉川なまずの里マラソンに多摩市住民のTUCCHIさんが出場するという。隣町でもあるし応援に出かける。昨日の雨はからっとあがり快晴なのだがなんせ強風が吹き荒れている。ちょっと選手には酷かもしれませんね。ガンバレ、MMX走り隊!

.クリックすると拡大します

吉川の桜は満開です

なまずの里マラソンコース(今回はハーフ)は、このような桜並木とのんびちした田園地帯を駆け抜けるコースです。今日は花見を期待してザックに飲み物をいっぱい詰めてマラソンの応援に出かけよう。
ハーフマラソンスタート直後

スタート地点になかなか到達できない。ウロウロしていたら、スタートしてしまった。1km過ぎでまずは応援する。団体の中から特定の選手を捜し出すのは至難の業だ。ボードを高々と掲げているとTUCCHIさんが自分で近づいて来てくれたのでやっと判る。さぁ、あと20kmガンバレ
8.5kmポイント

向かい風になりかなり苦しそう。実際にはこの先に何カ所も向かい風で苦しむことになるらしい。タイガーマスクが颯爽と通り過ぎる。その後を追うようにTUCCHIさんが通過。ここでもボードを掲げて必死に声援を送る。ガンバレ!
給水所

市民プールの脇にある給水所。鐘、太鼓で祭囃子。水だけだが選手にはありがたい。親切そうなおばさんがせっせと水を配っています。ご苦労さんです。
19kmポイント

続いてコースを自転車で逆走。19kmポイントで先導車に出くわす。招待選手と一般ランナーがトップを争っている。さすがに足の運びが違うな。
声援はこのようにして

砂埃と砂利が飛んできて顔に当たると痛い。MMXの旗を振り回し、胸に書いてある所属とかナンバーカードを呼んで声を限りに声援を送る。「越谷ガンバレ」向こうも必死に笑顔を返してくる。これからは私も笑顔を返そうと誓う。そろそろ、TUCCHIさんかな。
タイガーマスクを追え

なんだかんだ言ってもタイガーマスクは速いよ。おぉ、TSUCCHIさんが来たぞぉ。「それぇ、行け、ラストだぁ」「もしかしたら50分切れるよ」と明るい答え。こりゃ期待できるね。それ行け!この後、自転車で併走しようとしたが見失ってしまった。
FINISH

強風の中よく頑張りました。

記録 1:48:30 (自己新)

すばらしい走りでした。おめでとうございます。
花見をしている

吉川の満開桜に守られて花見をする人々。場所もちょうどいい感じだ。ただ、強風にあおられて傍目で見るほど楽ではなさそうだ。我々は、軽く祝勝会をしてきたので横目で見て通り過ぎる。
越谷の桜

○のホームコースである元荒川河川の桜も満開。あ、ここでも花見している。でも、ここからは自転車が先に進まない。坂道よりきついや。
土手にはピンクや白の芝桜が早くも先ほころんでいます。
心地よい疲れで我が家に到着。お疲れさまでしたぁ。