大型農道のアップダウンを満喫できるる「多摩ロードレース」に今年も参加する。この大会は参加者1000人程度のミニ大会である。マンモス大会が盛んな今日この頃、このような家族的な大会はむしろ歓迎だ。今年は桜が未だ咲いておらず(昨年は満開を過ぎていた)ちょっと寂しかったが、晴天に恵まれ気持ちの良い大会だった。地元の方の声援もうれしかった。
全ての写真はクリックすると拡大します。          

 多摩ロードレース大会コース図

 多摩市陸上競技場をスタート/フィニッシュとるする5km/10kmのコース。高原の様相を呈する尾根幹線のアップダウンを楽しむことができます。アップダウンがある割には記録も良いというのが不思議ですが、とにかく楽しいコースです。

  2003年度公式記録

受付風景

 昨年と寸分違わず。いたってのんびりムード。ナンバーカードをもらってニッコリ。Tシャツのサイズを確認しようね。ランニンググッツも安いよ。ツッチさん、SAKAさんがユニフォーム調達。
開会式

すでにストレッチ体操は終了している。多摩市長は女性だったんだ。先日、前市長はお縄ちょうだいになったんだっけ?いずれにしても綺麗な政治しなきゃダメだよ君ぃ(コラコラ誰に言ってるの)
 中学生が2人で選手宣誓している。ういういしいな。
「5KM集合」でーす

横断幕付近に集合するのだ。おそろいのMMXハチマキが目立っている。これで、走るのも速けりゃ言うことないんだけど。ま、そこが素人の良さだね。

5KMスタート

先頭集団は高校生の一団です。西武文理、明大中野、松が谷などの陸上部が大挙して参加。速い人が通り過ぎてからゆっくりとジョギングペースの群衆がヨタヨタと続く。
5KMゴール直前

先頭は15分台で競技場に戻って来る。それから待つこと10分で、、、、、戻ってきました。比較的元気なようです。軽快に男子ランナーを抜いているように見えますが、、ハテ?

 記録 26’58” 11/21(自己新) (^_^)v
------次は10kmの部です----------
横断幕の下で

ゆっくり着替えて、ウォーミングアップでもしますか。今年は横断幕を集合地点付近に張ったので放送席からも目印にされている。天気もいいし、最高だね。もうどうでもいいから早く飲みたいね。キャハハ
「10KM集合」でーす
 控え地点から柵を越えるだけ。予想記録5分単位にプラカードがある。
我々は40分から45分のところからスタートしよう。
あら、SAKAさんだけ遠慮して下がっちゃった。
「ヨシ、頑張るぞ! ファイト おぉ」入れ込みすぎ。(^◇^)

10KMスタート

今年から公式時計は電波時計を使っていると誇らしげな放送がある。ということは、1秒前後の狂いしかないな。スタートラインを何秒で通過できるかが問題だ。全員が手元時計に手が行く瞬間。
スタート直後

先頭グループは企業の陸上部。我々ファンランとはスピードが桁違い。なんせ彼らは30分そこそこで帰ってくるのだ。トップは連覇がかかっているらしく真剣そのもの。○は中段にいる。
「おら、テメエらしっかり走れよ」

謎の応援団現る。MMXの小旗をかざし、他人の振りしている。聖蹟桜ヶ丘駅から聖跡記念館経由で歩いて来たんだぞ。どうやら間に合ったみたいだね。桜はまだ咲いてなかったよ。
尾根幹道路を走ります

適度なアップダウンがあって非常に走りやすいコースです。桜が満開だと桜吹雪を受けながら気持ちよく走ることができるんですが、今年はハズレのようです。残り2km付近を軽快に走るツッチさん。
○が戻ってきます

KTKTさんに「43分過ぎて入ってきたら写真撮ってあげない」と宣告され、必死の形相。残り1kmの表示ですでに39分を示していたので半ばあきらめていたが、競技場入口ではまだ42分台だったのでなんとか滑り込みセーフか?
トラック勝負

スターしてからずっと一緒に抜きつ、抜かれつしてた1503番の女性とトラック勝負となった。ここでなんとかラストスパーとして男の面目を保ったか?

記録 43’09” 35/121(自己新) (^_^)v
PEIさん

やや重のコンディションながら往年の走りが戻ってきました。ドスドスと地ならししながら駆け抜けていきます。最近ではいいほうの記録となりました。
記録 46’11” 54/165
本人の名誉のために:若いときは37分ぐらいで走っていたんだよ。へぇ・・
ツッチさん

予想に反して(失礼)ツッチさんが競技場に現れた。予想より2分あまりも速くいぞ。どうしたんだ? 日頃の地道な練習の成果を発揮して着実に速くなっています。この歳になっても速くなるなんてすばらしい!
トラック勝負

知り合いのSさんとデッドヒートを演じながら第4コーナーにかかる。一旦リードするも残り100mで再逆転されそのままゴール。「めっちゃ悔しい」。トラック勝負に破れはしたが、りっぱな走りです。おもしろかったよ。\(^_^)/

記録 48’17” 74/165(自己新) (^_^)v
TAMAさん

4kgも重めの脂肪を抱えての激走ご苦労様です。予想通り?(失礼)の結果となっていまいました。特に「下り坂でツッチさんに抜かれてしまった。悔しい。」と反省しきり。これにめげず精進しましょうね。
記録 50’04” 86/165 
SAKAさん

最近練習不足で完走の自信もない、と走前は弱気な発言だったが、なかなかどうして予想タイム通りに戻ってきました。「途中で苦しくて歩きそうになったけど、歯を食いしばって頑張ったよ」とは本人の弁。えらい!
がぜん元気になる

トラックでは10キロ走って来たとは思えない元気さで軽快な足さばき。まだまだ現役で走ってくださいね。ユニフォームもおニューになりました。

記録 53’04” 43/70(自己新) (^_^)v
ゴール後は
 「はーい、完走しましたよ」と自然にさわやかな笑顔が沸き上がる。この爽快感がいいのだ。
んでは、揃って記念撮影をば

 「はーい、皆さんよく頑張りました。では笑顔で写真に写りましょうね。」。来年は桜が満開の時期に開催されるそうですから、また一年間黙々と練習しよう。
表彰式

最後まで残っていると、楽しい抽選会です。昨年時計をもらったSAKAさんは今年もオリジナルフェイスタオルをゲット、ただでは帰らない人だ。
帰るべ

公園の桜はまだ咲いていないが、数人が宴会をしている。満開の桜の下で花見をしてみたいね。

つうことで、割烹TAMAに向かう。
反省会

大いに飲み、大いに賞賛をし、大いに反省もしました。で、来年は減量を果たしたもう一人が追加で参加するそうです。

うまかった酒:「久保田・萬寿」「白波・千年祭」ワインはいっぱい飲み過ぎて銘柄も覚えていません。m(__)m
参加賞のTシャツ

昨年と同じような柄(覚えていないが)らしい。Tシャツなんか着ることないんだから。最低でもダクロン系ならランニングとかで着るんだけどな。ちっとは考えて違う物にして欲しいな。

                      
もう一つのページへ