9月例会 秋の戸隠高原の山と森を楽しむ
 日 時:2017年9月30日〜10月1日
 山 名:戸隠山・五地蔵 (標高1,998mm)
 参加者:さわ(L)、くり(SL)、ヒロ、ひろ、チカ、ミカ、キィ
戸隠山
 
日本100名山の高妻山に登るときにもこの登山道が使われる。今回は戸隠山の九頭龍山を目指す。
戸隠に向けて出発   標高1,170m
 
 9月30日朝、2年振りの戸隠へ。クロカンでの雪のある頃の風景とは異なり新鮮味を感じる。
 9時半、牧場入口からは正面に峨々とした戸隠連峰を望み、老若男女の7人パーティはスタート。
滑滝   標高1,450m
 
 まずは一不動へ向かうが、途中の大洞沢は台風や大雨の影響で荒れ、テープを確認しながら、渡渉を繰り返し、ふと見上げると紅葉が目に入る。しばらくで滑滝の鎖場となり濡れた岩を何とか登る。
帯岩   標高1,500m
 
 さらに帯岩の小滝の足場の少ない濡れた岩場を鎖でやっと通過する。
一不動   標高1,747m
 
 樹林の中をしばらく登り第一の目標、一不動に11時45分に到着。

 ここで昼食、戸隠山方面からはヘルメットをつけた登山者も降りてくる。これから下山をどうするかということになり、濡れた岩場での下山は危険なので急遽、九頭竜山往復を中止し、五地蔵山を越えて尾根道の弥勒新道を下ることとしてルートを変更。
五地蔵目指して
 
 高妻山への行程の途中にある五地蔵山へは仏教の菩薩名のついたピーク(二釈迦、三文殊、四普賢)を順次歩くが、稜線の道で細く、場所によっては垂直に落ちる岸壁の脇を通る。



下は五地蔵での集合写真
すでに紅葉が始まっている
 
 一不動から五番目の地蔵に至り、目の前の紅葉に一同感激の声を上げる
尾根
 
 これから下る尾根には赤の紅葉と岳樺の白、針葉樹の緑がコントラスト良く配され、一幅の絵を楽しめ、更に飯綱、黒姫、妙高、火打等Iが身近に眺められる。
下山中
 
 新道は下り始めから急坂ではあるが開通から時間がたっていない為、足元も柔らかく気持ちが良い。この道は基本的に尾根通しに真っ直ぐ下るため、最後まで急坂続きであり、最後には牧場に降り立ち、食事中の牛の間を歩いて牧場入口に16時20分に到着。

 宿に戻り、コース料理とワインを楽しんだ後は、石澤さんによるヨガとストレッチ教室で体をほぐし、早々に皆、床に就いた。
10月1日

 雲一つない空のもと、朝の散歩でのスキー場からは戸隠連峰、北アルプスの一部を満喫し、宿に戻ってゆっくりと朝食ののち、小舎を後に鏡池を目指す。例年クロカンで滑る所を歩くとルートも異なり、森林も全く違う姿を見せ、歓迎してくれる。鏡池では戸隠、西岳の岩峰が快晴のもと、すべての姿を惜しげもなく現わしており、それを眺めながらのコーヒータイムをしばし楽しむ。ここから、昨日の登山を無事に下山したお礼に奥社Jを参拝する。
山行終了
 
 神告げ湯にて風呂と十割そばを楽しみ、2日間の快晴に感謝し、季節を変えての山旅も新たな山の姿を楽しむことが出来る事を実感して今回の山行を終了した。




                                    (文:さわ)