山梨大月秀麗富嶽12景 4番山頂 滝子山(たきごやま)
 日 時:2017年9月9日(土)
 山 名:滝子山(たきごやま)標高1610m
 参加者:よね(L)、さわ(SL)、ひろ、ひろし、くり、がん、のだ
   コース 大月駅→道証地蔵→曲沢峠分岐→造林小屋→滝子山→檜平→藤沢集落→初狩駅

コースタイム 約5時間弱(休憩含む)
大月駅タクシー9時発→道証地蔵9時25分−曲沢峠分岐10時55分―大谷ヶ丸分岐11:55−滝子山山頂12時15分→山頂12時40分―檜平13時20分−水場14時20分−林道終点15時5分−初狩駅15時40分
      
最初の小滝
 
今回は7時間近い歩行の為、笹子駅から道証地蔵までの舗装道路歩き1時間20分を止め、大月駅からタクシー移動とした。大月駅9時にタクシーに分乗し道証地蔵まで約20分、途中駅から歩いてきたであろう登山者を横目に道証地蔵に到着。身支度し25分に登山開始。今回は唯一滝子山経験者のくりさんに先頭をまかせ薄暗い植林の道へ。道は数日前の雨の残りかすべりやすい道で倒木もあり斜度はないが神経を使う道であった。
倒木の登山道
 
曲沢峠分岐までは沢沿いに歩いたり、沢から離れて歩いたり、また沢沿いに降りたりを繰り返し、途中難路と迂回路の選択、「難路は道が崩壊している」というくりさんの一言アドバイスで「迂回路」へ、広葉樹の中揺るやかに登っていくと造林小屋址に着いた。
ギンリョウソウ

怪しげな美しさと不気味さを併せ持つギンリョウソウに足を止める。
緑のシャワー
 
爽やかな風と緑の木々の中、秋に訪れたたらきっと綺麗だろうもみじの葉に英気をもらい、最終登りへと歩を進める
大谷ヶ丸分岐点
 
。一見なだらかなスキーゲレンデ風斜面を(ここは見た目より長くてきつい)を右につわぶきの群落をみながら上り、大谷ヶ丸分岐点(上)指導標が立つ針葉樹林の平坦地に。
小休止
 
この先に小さな池を有する鎮西ヶ池山頂&白縫神社がある。
マルバダケブキ

鹿が食べないのか元気そのものです。
山頂はもうすぐ
 
ここまで来れば山頂はもうすぐ!山頂直下はちょっとした岩場になっていて最後の気合を入れて頂上へ、
山頂
 
山頂は予想とおり狭い。既に先着組で空いている場所で昼食を摂る。
山頂
 
天気は確か快晴だったはずだが、富士山側には厚い雲がかかり端正な姿を拝む事はできなかった。
下山
 
山頂で記念写真をとり、下りも長いのでそうそうに下山を始める。(ひろしさんから美味しいお煎餅、山頂でぱりぱり・・・ありがとうございます)。
鞍部
 
登ってきた岩場を下り、登り返した鞍部に三角点が、ここが一番高い場所だとかここからは一気に下りです。なかなかの斜度、ロープも有ります。すべらないようにそれぞれのスタイルで慎重に降りていきます。

途中で“男坂”“女坂”の選択が言葉通りであれば“女坂”は優しいはず、でも男性陣からは最近の女性は強いから案外“男坂”の方が優しかったりしてなんて、言葉も出るようなそこそこ“女坂”もきつく長かったです。
小休止
 

檜平で小休憩、ここからも富士山の景色が楽しめるとありましたが、今回はここからも富士山が見えません・・・。
林道終点
 
この先の水場までは展望も一切ない退屈な道で飽きた〜という声も聞こえるなかようやく水場に到着です。ここの水は飲めるのか?と、確認しましたが飲めないことがわかりました、ここで最後の大休憩。

ここからは沢沿いに歩くようです。大雨のせいなのか、沢沿いは道が荒れていて、途中でルートを見失う事も、なんとか14個の目で先を確認しつつ無事林道終点に辿り着きました。林道からは駅まで30分ほど、行きショートカットした分早く初狩駅に到着です。
文責(よね)