6月第2週は恒例となっている「田麦山ロードレース」です。故森山正夫氏が田麦山活性化のために始めた大会も32回となりました。この大会から巣立っていった一流ランナーもいます。
 日 時:2017年6月11日(日)
 大会名:田麦山ロードレース大会(3km,8km,15km)
 参加者:283人
前日:準備
 
午後から準備開始しようとしたら豪雨に見舞われて一時中断。ホワイトインは消えてしまわないか心配です。
会場
 
手作りのタヌキトロフィーも恒例になっています。
当日朝    4:30
 
M工業で薄明るくなった外を見るとガスに包まれていた。む、もしかして雲海だ!
すぐに、高場山を目指す。予想通り雲海が広がっている。
雲海
 
内ヶ巻地区がすっぽりと雲海に覆われています。
雲海
 
越後三山(越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山)は雲海の向こうに見えています。
ぞろぞろと集まりだします。

駐車場係は7時から駐車場整備です。梅雨時なのに当日は絶対に晴れるというマサオジンクスが生きています。高場山もスッキリと見えています。

開会式   8:30
 
来賓の挨拶、諸注意事項が終わると小学生チームはチームごとに勢揃いして「よろしくお願いします」と大声で言うのがしきたりです。良い子に育ちますよね!
閉会式のときも「ありがとうございました」って言うんです。涙が出ますね。
スタート前 集合  9:00
 
3kmを走る小学生は後方で大集団となっている。前方はのんびりとあくびなんかしている。

Tさんはほとんど毎年参加しています。
宇佐美RC
 
往年の名ランナー宇佐美先生(オリンピック3回出場)率いる選手が10人ほど参加して大会を盛り上げています。
長岡ランナーズ
 
「長岡にフルマラソンを」活動を続けている長岡ランナーズから今年も会長と副会長に参加いただきました。みしま走友会からもスタートダッシュはトップのあの人も参加です。
自然と友の会
 
秋のトレランを主催する「自然と友の会」からももちろん参加です。「まぼろし食堂」の店主は仕込みの間にスタッフ活動です。

さぁ、号砲が鳴ります。右側は3kmの速い人に空けて下さい。
スタート
 
500mくらいで後方からスタートした3kmの子どもたちにドンドン抜かれる。子供は速いや!
1kmは団子で進むが3km分岐を過ぎるとペースが落ち着く。
4km
 
3kmあたりはのんびりペースでおしゃべりしながら。4kmは8kmコースの折り返しとなる。15kmの選手はずーっと先(7.5km)まで行ってくださいね。
D7200で撮る 

実さんがカメラ構えているがまだ様になっていない。(笑)
でも、ちゃんと○を撮ってくれている。いつの間に撮れるようになたがん。(笑)
あと3km
 
前には誰も見えなくなった。振り返って後方をよーく見ると、二人来ている。やばい、逃げろ。
あと2km
 
向山地区に戻ってきた。勇さんがM工業前で給水係やっている。毎年ここは多数の応援団がいるもんだがなぁ、寂しい光景になってきた。
あと1km
 
亀田交差点からの急坂はどうしても歩いてしまう。
あと1kmの表示を過ぎると元気なふりをして走る。程なくフィニッシュ。
自然と友の会
 
正雄さんに正さんが15kmコースで戻ってきた。正さんはなんと自己ベストを更新する快走だった。
宇佐美RC
 
もちろん全員完走。最後は宇佐美先生から「ほら、最後だダッシュしろ」と激励されている。
走ったあと
 
疲れたね。早くビール飲みたい!

会場では、「焼き芋」ボランティアや「手打蕎麦」、「ウィンナー」などのお店も出店してもらいました。
懇親会
 
表彰式終了後、選手が残って懇親会。自己紹介やらPRやらを飲み喰いしながら語り合う。これも大事な運営のひとつです。
小口ゆいさん
 
詩の朗読プロの小口ゆいさんも駆けつけてくださり、素敵な声が響き渡った。

地元の方々の紹介もあり、これで知り合いになれる。

最後に記念写真。

記録