探鳥会としては5回目。過去4回は日帰り、今回は「かんぽの宿箱根」に前泊の日程でした。天候にも恵まれ、参加は8名
 日 時:6月4日(日)
 山 名:箱根仙石原高原
 参加者:ヒロ(L)、ノラ、クリ、サワ、ネコ、スワン、よね、みか
宿からの富士
 
宿を出て、ウグイスとシジュウカラの鳴く別荘地を抜け、最初に箱根ビジターセンターで箱根の自然を予習。

探鳥コース
 
仙石原〜湖尻という自然探勝歩道に沿って歩きます。歩きながら鳥を探してみましょう。
キチョウ
 
その後、ハコネギクの咲く芝生の園地から芦ノ湖畔をめざしました。
歩くのは得意
 
なんせ「山の会すかんぽ」ですから、歩くのは任せなさい。たとえ鳥を見つけることが出来なくても歩くのは好きだからいいのです。
芦ノ湖

湖畔では「水辺の鳥」の出会いを期待したのですが、今回は観察できませんでした。週末のキャンプ場の喧騒を避けたのでしょうか?
湖尻水門
 
空を舞うツバメが新鮮でした。水辺をすすみ、湖尻水門を経て仙石原自然探勝路を歩きました。
大涌谷遠望
 
この探勝路は箱根の中央火口丘と外輪山に囲まれたカルデラ平原の縁を歩く散策路。視界も良好でした。
御湯
 
繁みの中で囀る小鳥(クロツグミなど)や遠くの草原から聞こえてくるキジ、コジュケイの声を聴きながら進む。
早川から金時
 
針葉樹林帯を進み、ハコネダケの繁る早川沿いの水辺を散策、ホトトギスの鳴く別荘地を抜け、昼食の食堂に到着。

キジ夫婦
 
出発から4時間。食堂の前庭に来るキジ、キジバト、スズメなどが近距離で観察でき、思わぬ写真タイムとなりました。
キジ夫婦2
 
よく見ると左側はキジバトのようですね。よそよそしいです。喧嘩するかな?
キジ夫婦3
 
こちらはキジ夫婦のようです。仲良く手を取り合って餌をついばんでいます。
声はすれども
 
その姿を捉えるのはなかなか難しい。鳴き声だけで鳥の名前が分かるようになるのはいつの日だろうか?
ジャコウアゲハ
 観察された野鳥は19種類、小鳥の囀りの識別が不十分、ガイドの反省です。
クロアゲハ

今後は探鳥会が楽しく、皆さんの期待に応えられるように頑張りたいと思います。


 (ヒロ)