恒例となっている「山菜&手打蕎麦」イベントです。年初は暖冬だったので時期を早めたのですが3月以降の予想外の冷え込みで山菜が遅れ気味なりました。ピークを見極めるのは難しいですね。
いつものように歌声喫茶が開店して楽しい夜更けとなります。
 日 時:2017年5月13日(土)〜(日)
 山 名:片品
 参加者:シズカ、とも、コウジ、コウセイ、ヨウイチ、トク、きぃ、タイラ、キヨ
自然の恵み
 
あいにくの雨の中でもみんなやる気満々・・・。でも、今年は後半に雪がたくさん降ったせいで、山菜の出方もゆっくり・・・。でも蕨やわさびも採れます。
あ、すかんぽ!折ってみて下さい「スカッ、ポ」という音がします。(笑)
採ったよー

分別班も大活躍です。今年は雑物が少ないので楽です。(笑)
保険

じゃなくて、料理に必要なものは途中で購入して来ます。保険は別途隠してありますって。^^;

さぁ、やるわよ
 
今年は、ガヤガヤとおしゃべりに夢中になる人も少なく、少数精鋭で準備を進めます。
助っ人
 
いつもは女性陣でいっぱいの厨房も今日ばかりは、毎日せっせと家事を担当している爺連も駆り出されて見事な?手さばきを披露します。
料理長交代
 
いつもの料理長は飲み過ぎ、太り過ぎで2軍落ち。代わりに厨房を仕切るタイラさんは一味違った豪華な味付けで自分流をアピールしています。
丸沼産の”淡水ホヤ”や”丸沼鯛”などの新素材が目を引きます。
蕎麦屋開店
 
恒例の2・8蕎麦は高齢のトクさんが黙々と打っています。弟子が手を出したくてウズウズしていますが。

さぁ、山菜天ぷらの準備も出来ましたよ。
乾杯
 
いつもは会長の発声でドロドロしく始まるのですが、今日は黄色い声で「かんぱい」です (^o^)v
「うーん、やっぱり採りたての山菜はうんまい」などとビールが進みます。
特製山菜ピザ、手打蕎麦
 
Cou屋特性の山菜ピザですが、もう満腹で入らないとか言いながら別腹に。
更に、これでもかとトクさんの手打蕎麦が追い打ちをかける。これも食べない手はない。あぁ、明日から減量しなくっちゃ。
一味違った
 
タイラシェフの和物には魚介がプラスされて不思議な感触。
「ふっ、これが私の味です」
歌声喫茶に高座
 
恒例の歌声喫茶ももちろん全開です。シズカさんの伴奏に乗って「ともしび」ライクな歌声が響きます。
今年初登場の「名人落語会」も。急遽テーブルに座布団をこしらえて、名人落語を楽しみました。
早朝散歩
 
飲みすぎた人はベッドでダウン。
「あ、ヨモギがいっぱい」
→はい、そういう人は悲しい結末になりますよ。(笑)

野鳥観察にはもってこいの場所です。
清い水が
 
いつもながらこの清い水の流れが新鮮です。スローシャッターにして水流を強調してみます。あ、無意識です。(笑)
普通のすみれ。
朝食
 
まだ桜が残っているんです。関東地方とは思えない遅さですよね。山菜はまだまだこれからも採れますね。

美味しい洋食でグレックファスト。焼きたての手作りパンが美味すぎる。
おかわり!
大清水湿原
 
朝食の後は水芭蕉で有名な大清水に行ってみます。
今年は10名の参加でしたが、楽しく、豊かなひと時を過ごすことが出来ましたね。
ザゼンソウ、水芭蕉
 
残念なことに大清水湿原の水芭蕉は、大半が鹿の餌食となりポツリポツリとみられるだけになっています。鹿が食べないコバイケイソウが目立っていました。

また来年、山菜で楽しみましょう。