「山の会すかんぽ」では数年前から街歩きもはじめました。ついでにいうと、バードウォッチングもはじめました。最近は下火になりましたが、マラソンや駅伝も昔取った篠塚です。

さて、今回は「日本遺産」認定!百万都市江戸を支えた北総の町“佐倉”を歩く です!

日 時:平成29年4月15日(土)9:00〜17:15
場 所:千葉県佐倉市
参加者:13名
L:トク、SL:あや、サワ、ノラ、タイラ、クリ、リン、シン、ヨウ、みか、きぃ、よね、ネコ兄(文)
行 程
 
京成佐倉駅→佐倉城址公園→ひよどり坂→武家屋敷→麻賀多神社→昼食(アシャ:タンドリ・レストランカフェ)→旧堀田邸→佐倉順天堂記念館→下山会(藍屋)

6:30 このところの不安定な天気が気になっていたが、晴、幸先よし。
佐倉は初めてなので路線アプリでルートを確認。
車窓から
 
岩槻→春日部→牛田→京成関谷→京成高砂→京成佐倉、約2Hの行程。京成佐倉近づいたところで車窓から満開のチューリップが・・

9:00 京成佐倉駅到着。津田ご夫妻(今回のL、SL)のお出迎え。ご夫妻は、佐倉のボランティアガイドをなさっている由。参加予定の1人を除き12人が集合したところで、佐倉城址公園に向かって出発。後でわかったのですが、遅れたYさんは、実施日を間違えていたらしい。
佐倉城址公園

9:45 佐倉城址公園到着。橋を渡り愛宕坂を登りきると国立歴史民俗博物館がある。これは、「大学共同利用機関法人人間文化研究機構」(えらく長い名前・・・)が運営する博物館で、エントランスから外の桜木の景色を見ると大きな屏風絵のように見え、大変美しい。ライトアップされて夜桜見物もできるとのこと。来年は見にこよう。
佐倉城址公園
 
佐倉城の建物は現存しない。これは明治になって、歩兵連隊の駐屯地になったため、建物は撤去、一部埋め立てられ、兵舎が建設されたため(現在は兵舎もない)とのこと。
石垣は無く、土塁、空堀で囲まれ、多種類の桜が植えられていて、やさしい印象。
佐倉城址公園
 
散策中。何かめぼしいものはないかな。
佐倉城址公園
 
暑い一日になりそうですね。先は長い、がっかりしよう。
ひよどり坂
 
11:00 佐倉城址公園から武家屋敷通りへ行く途中、「ひよどり坂」があった。両側を竹林に囲まれた古径は、江戸時代の雰囲気が漂い極めて美しい。画の題材にパチリ。
ひよどり坂
 
駆け足で登るよう指示が出されたが、全員マイペース。
武家屋敷群
 
11:20 武家屋敷群到着。ここからはT夫人のガイドになります。いつもガイドをしているだけ会ってよどみない案内です。ス・テ・キ。
武家屋敷群
 
旧河原家住宅(300石)、旧但馬家住宅(150石)、旧武居家住宅(90石)、3棟が比較できるように移築されていた。江戸時代の武士階級の身分制が建物のそこかしこ(建坪、門、玄関、畳、等)に色濃く反映されており、大変興味深い。
武家屋敷群
 
資料から抜粋させてもらいます。^^;
麻賀多神社
 
12:05 佐倉藩の鎮守社。
12:25 佐倉一里塚。佐倉の歴史遺産を次世代に継承するための拠点で、Tリーダーのボランティア活動拠点。明治時代の呉服商の建物を活用。裏に蔵や古井戸あり現在も水を湛えている。高台のため20mを超える深さとのこと。
昼食
 
12:40 インドカレーの店「アシャ(タンドリ・レストランカフェ)」到着。ここで実施日を間違えた13人目のYさん到着。カンパーイ。
昼食
 
うれしいことにシルバー割引制度あり(65歳以上は百円引き)。「証明書がいるか?」と聞いたらオーナー曰く。「見りゃわかる!!」
昼食
 
本格的なインドカレーとナン。当然生ビール付き。カレーは辛さ指定。私はベリーホットを選択。ベリーベリーホットを頼む剛の者も。ナンはビックリするほど大きくうまい。
旧堀田邸
 
14:15 旧堀田邸到着。最後の佐倉藩主 堀田正倫の邸宅。現存する旧大名の邸宅は、他に2例のみだそう。
旧堀田邸
 
時代的差異があっても、武家屋敷群の建物と比較すると非常に興味深い。
佐倉順天堂記念館
 
15:20 佐倉順天堂記念館到着。佐倉藩主 堀田正睦に招かれた蘭医 佐藤泰然が西洋医学塾兼外科診療所として創設したのが佐倉順天堂。
佐倉順天堂記念館
 
泰然は、実子でなく優秀な弟子を後継者としたが、医者として有能な人物を後継者とする進んだ選択は代々受け継がれ、これが順天堂の発展に寄与した。
佐倉順天堂記念館
 

「療治定」(治療の料金表)は、当時の治療の実態がわかり、非常に興味深かった。
下山会
 

16:00 下山会会場「藍屋」到着。おいしいお酒と料理でカンパーイ!!






                              (文責 ネコ兄)