月島にある会社のOBの方たちが毎年行っているという「あだたらスキーツアー」に潜り込ませて頂きました。今年から越谷の中学校によるスキーツアーが復活したことももあり、毎年予約していた宿が予約できなくなりました。もしかしたら最後のスキーツアーになるかも??
 日 時:2017年2月3日〜2月5日
 山 名:箕輪(箕輪スキー場)
 参加者:欽ちゃん、とうちゃん、Fujiyamaさん、Hosonoさん、○
箕輪スキーリゾート
 
2月3日 先にチェックインを済ませて12:00着。が、強風のため3基あるリフトのうち、一番短い1基しか動いていない。回数券は600円/回。3,000円で終日とのことで渋々・・・。
Bリフトのみ
 
高校生の団体がいたが、一般者は優先してリフトに乗れた。全国的に強風が吹き荒れたようでここだけではなかった模様。ほそぼそと16時ごろまで滑って終了。
宿では230年ぶりぐらいに半荘やった。
2月4日  午前
 
天気は回復方向に向かっているが、Aリフトはまだ動いておらず、Cリフトで上がる。
リフト券はシニアWeb割で3,300円とお得だった。
箕輪山へ
 
冬装備でザックを担いだ一団がいる。たぶん箕輪山に登るんだろう。ガスで先が見えないのでちょっと怖い気がする。
Aリフト

11:30頃Aリフトが動き出したのでワッと人が殺到する。Aリフトの上(降り場)は雪が張り付いている。
上級者専用コース
 
上級者コースではなく上級者専用コースと書いてある。ここを降りることができるのはとうちゃんだけだ。
2月4日 午後
 
昼食休憩。ゴルフの時と一緒の感じ。後半のハーフに向け・。
最後に合流のHさんが揃いフルメンバー。もう一度全員でAリフトで上に行ってみることに。
AリフトにはBリフトから
 
スキー場のリフト設計がどうなっていたか計り知れないが、Aリフトに乗るためにはまずはBリフトに乗らなければならないという不具合。
Aリフト
 
リフトの下とか、林の中を滑っている人がいる。まぁ上級だろうから許してあげよう。フカフカの雪を滑れる人が羨ましい。
上級者専用コース
 
リフト終点の上級者専用コースは流石に傾斜が急である。ガリガリと氷を削る音が聞こえてくる。
霧氷もびっしりだ。
最後にちょっとだけ
 
上級者専用コースの下は上級者コースと思われるので途中から入ってみる。なんとか転けずに降りてこれた。\(^o^)/

磐梯山はついに
 
天気が良ければ正面に磐梯山が見えるのだという。が、この2日間は全く顔を見せてくれなかった。
2月5日
 
スキーツアー最後の日。昨晩は飲みすぎたわけでもないが、全員ほどに疲れたようで、真っ直ぐ帰ることになった。
宿の正面から朝日が上った。部屋は1クラス泊まれる広さだった。(笑)
帰りがけの記念撮影。

毎年10人ぐらいでこのスキーツアーを行っていたというが、今年は私を含めて5人という最小人数だった模様。来年からの開催がピンチらしい。
ま、そうなったら別の企画がありマッサ。
岳温泉
 
昔、この温泉に浸かったことがある。47度もあった。今回泊まったところは初日は温泉だったが緩め、2日目は温泉じゃなかった。
あだたらSA
 
安達太良山がきれいに見えている。箕輪山は影に隠れているようだ。

ウルトラセブンがいた。須賀川にはウルトラマンがいるね。円谷先生の出生地だからか。
道の駅きたかわべ
 
今回同行メンバーのHさんは蕎麦づくりと蕎麦打ちをやっており、道の駅で販売されていると聞き、全員で買いに行く。
渡良瀬遊水地は毎年、大学トライアスロンのボランティアで訪れるところだ。3つの県境がある。
早速蕎麦を所望
 
帰ってきて、夕食は蕎麦。5割蕎麦ということでしっかりとした歯ごたえがありとても美味しく頂いた。