山の会すかんぽでは年に2度ほど街歩きも行います。山ばっかりではありません。
日時:2016年11月12日(土) 
場所:旧東海道品川塾
    予定コース:JR品川駅中央改札ーゴジラ上陸地点ー品川浦船溜まりー鯨塚ー本陣跡ー荏原神社ー
    品川神社(富士塚)−板垣退助墓ー東海寺(たくあん)ー品川寺(六地蔵)−海運ー(天井絵)−
    京急青物横丁駅
参加者:しん、のら、
ミカ、ヒロ、ヨネ、タチ、ゆう、さわ

  今回の街歩きは品川宿を当時の様子に思いをはせながら歩こうという趣向です。
晴天のもとJR品川駅に集合し、まずは現在、品川宿の入口でもあり、ゴジラの上陸地点でもある八ッ山橋に向かいスタート。道幅は当時のままで、その脇には今はマンションになっている妓楼の相模屋(土蔵相模)跡があり、幕末には高杉晋作等が英国公使館焼き討ちや桜田門外の変などの歴史的事件に関わった場所です。



昔の海岸には屋形船が浮かぶ品川浦船溜まりがあり、昭和の香りのする板壁の古い町並みを眺め、鯨塚やお台場跡、貴重な漆喰による龍のこて絵等を鑑賞しました。

写真左:古き民家  写真右:龍のこて絵


 富士塚のある北品川宿の守りである品川神社に向かいます。

 神社には登り龍と下り龍が巻き付いた鳥居をくぐり、急な階段を登るとレインボウブリッジも眺められる富士塚、江戸で2番目に古い鳥居、江戸期の大きな神輿など見るものも多く、のら田さんは子犬を背負った狛犬等の撮影に夢中。更に神社裏には板垣退助の墓もあり、ちょっとした江戸を体感できました。
 まずは「富士塚登山」です。前回の富士山下りに参加していない人もいたので、今回は完全踏破を目指します。規模は小さくても富士山に登ったのと同じ御利益があると信じています。

品川神社で記念撮影


 ここから「たくあん漬け」の沢庵和尚の東海寺、目黒川沿いの桜並木の小道を通り、神輿が海中渡御をする南品川宿の守りである荏原神社、江戸六地蔵一番の品川寺(ほんせんじ)の大きな銅造りお地蔵様、火の神を祀る海雲寺(三宝荒神)では本堂の天井には多くの火消しの纏い文様が描かれ、こんなにも火消しのグループがあったのかと驚き、本日の街歩きは終了。
 街道沿いには古い商家も残り、神社仏閣も多く、旧東海道の雰囲気も残り、昔の旅人の気分を多少とも味わえたと思います。

写真:荏原神社 狛犬


 夕日も傾き、十三夜のスーパームーンが現れる中、青物横丁の居酒屋さん「ふうこうめいび」でお疲れさん会を開始。料理、雰囲気とも味にうるさい皆さんも絶賛。ここはタチさんが見つけた店で、その嗅覚には皆さん感激。その後、泡盛の試飲イベントに参加して楽しんだ後、解散。しかし、街道の余韻を一部の人は4次会まで行って楽しんだとか?