内ヶ巻城は小千谷市に位置している。長岡市ではないので歴史的遺産に黙って手を付けると後で面倒なことになるといけないので、事前に相談に伺う。小千谷市役所の該当所管に事前に連絡を入れ、話を伺う。
私達が自主的に草刈りをやらせてもらうのだが、一応お上には逆らえませんので。(笑)
 日 時:2017年8月31日から9月1日
 小千谷市役所訪問
 参加者:勇、ヒロ、タダシ、○
越後川口SA
 
まだ8月というのに稲穂はいい感じに色づいています。さすが米処新潟です。心なしか稲穂も高級っぽく見えます。
小千谷市役所 地域振興課を訪れました (写真はありません)

 対応していただいた主査は本人も田麦山ロードレースや田麦山クロカンに何度か参加したことがある
ということで、終始穏やかなご対応をいただきました。
 目的の「内ヶ巻城の周辺整備許可」については
 ・現状を変えなければ利用は問題ない(主管は文化財担当だが)
 ・草刈り等で山に入る場合には事前に連絡して許可を得ること
 の2点を言い渡されました。
 当方の「小千谷市との共催としたい」という願いについては小千谷市教育委員会に相談するように
 とのご指導を頂いた。更に、小国では2015年からトレランを開催しているので、そちらの情報も合わせて
 収集して協力を仰ぐと良い、とのご助言を頂きました。
現状調査
 
8月の内ヶ巻城を見てみます。今回は草刈りの必要性と規模について調べてみます。
内ヶ巻城入り口についてはなんとか見えますね。城址の方は草刈りも大変そうです。^^;
内ヶ巻城址
 
苔むした階段はとても綺麗です。ここを沢山の人に見てもらいたいものです。
城址から内ヶ巻林道に出るところは踏み跡もなく新たに通路を作らないといけません。
トレランコース

鯉の養殖場(池)最終地点からいよいよ旧林道(脇道)に入ります。城址には入らずに、こちらをトレランコースにします。草ぼうぼうで草刈りはなかなか手ごわいですよ。
トレランコース
 
無防備で奥に突っ込んで行くと、進むだけでも難儀します。これはもう、草刈り機を購入してきて草刈りをするしかありませんね。次回が思いやられます。(笑)
トレランコース
 
湿気が多いようで足元が不安定です。ランナーは最も気を使わないといけない場所になります。この先は階段状になっており、更に急になります。
展望台
 
内ヶ巻城があった頃はこのピークに狼煙場があったと考えられています。ここからの信濃川はいつみても穏やかで気分爽快になります。
高場山入口付近
 
登山口付近の萱が大きくなってきていますので、萱は全面的に草刈りをします。写真の登山口から先はさすがに3年目になりますので、倒木もなく、比較的楽にコース整備ができそうで安心しました。

9月1日
ターザンロープ撤去 

子どもたちに大人気のターザンロープですが、冒険砦(スタート台)の老朽化に伴い、危険性が高まってきたので止む無く撤去しました。
スタート地点(旧田麦山小学校)から見る高場山

間もなく稲刈りができそうなコシヒカリが輝いています。この地区の人は毎日高場山を眺めて米を作っています。素人目にはなぜこの高場山に一等三角点があるのかという不思議さもありますが。

山小屋修理
 
帰路山小屋(赤谷)に立ち寄ります。築45年の山小屋です。屋根を塗るのと雨漏りを防ぐ修理(コーキング)をします。
遊びでハウスツリーを作り、滑車で食材(飲み物)を運び、喉を潤します。プシュッ!

戻る