中央フリーウェイを走っていると、府中あたりでビール工場や競馬場が見えるのは当たり前(ユーミンの世界)ですが、大月あたりで断崖絶壁の岩がせり出しているのを見たことがあるでしょう。山屋なら一度は登ってみたいと思わせる山です。たまにはのんびりハイキングもいいですね。
日時:2016年9月24日(土) 
山名:岩殿山(大月市)
参加者:ひろ、ハチケン、クリ、みか、トシ、ぶんぶん、タカシ、よね、のら(L)、セキシー
大月駅を降りて暫く歩くと、北側に荒々しい岩の山塊をつくっているのが岩殿山です。見上げれば勇気が湧いてきます。
ここには戦国時代、その自然の要害を利用して岩殿城が築かれていました。小山田氏が甲斐国国境防備の拠点として築いた山城です。
今も遺構が残っています。

山頂までは簡単に登れます!
しばらく稜線を歩きます。秋の気配が漂っています。
鎖場のある兜岩です。腕力に物を言わせてガシガシと登ります。

さらにヒヤッとする岩をトラバースします。

稚児落としの絶壁です。先端まで行って下を覗いたらぞっとする高さです。スースーします。
天気予報通り稜線を歩いているときは曇り空でしたが、車道に出た辺りから雨に降られました。

シュウカイドウ
2時には大月駅に帰ってきました。

大月駅前「月cafe」にて下山会。

セキシー、初参加!
今後共よろしく。



[セキシーの初参加感想]
 山登りは全くしたことがなかったのですが、興味はありました。そんな時に、職場の先輩が山の会に入っていらっしゃることを知り、連れて行ってもらうことにしました。初めてだったので、ついて行けるのか本当に心配だったのですが、皆さんが本当に親切で、たくさん声をかけてくださったり、アドバイスをくださったりしたので、楽しく歩くことができました。下山後の飲み会もとても楽しかったです。趣味をもつことは素敵だなと思いました。
また、是非、参加をしたいです。