[其の二] 
五合目

富士山五合目  標高2,305m

予定通り14時前に到着。今年は順調です。
まずは山頂を見てみます。
先程まで雲で山頂付近は全く見えなかったのですが、日頃の行いが物を言って晴れてきました。

高所順応
 
出発準備を兼ねて、しばらく(45分ほど)ブラブラして高度順応します。
ここで既に体調が悪い人は置いていきますので。(笑)

ここは日本
 
やかましい言語が飛び交っている。単語の1つも聞き取れないから明らかに英語ではない。

このところ、通訳やガイドも現れているとのこと。世界文化遺産になったので、環境に配慮した活動も盛んに行われている模様です。

もうちょっと待ってん
 
そろそろ高度順化はできましたか?
「とっくに」
「まだまだ」

高所トレーニングでもしますか。

初参加の人々
 
そそのかされたか脅かされたか、何も知らずに参加させられた可哀想な人も。
沖縄から出てきて、山に登ったこともないトヨピーも被害者です。が、やる気満々なのがいいね。

はい、入山料をお支払いください
 
環境税なのか入山料なのかわからないが、第一関門。今年は支払い率が50%を切った模様で収入の目論見が大幅に狂ったみたい。払う方も使途明細をちゃんと見てるからね。使途不明金を多く作っちゃ協力を得られなくなりますね。ちなみに山小屋のトイレ整備には一銭も回らないそうです。

馬が見守る中、記念写真
 
お馬さんのお土産(フン)も激減しました。出したそばからお掃除しています。世界遺産の産物です。

さて、今年の集合写真。真っ黒Tシャツはいまいち登山には不向きだったってことが判明しました。来年の色を早くも考え中です。

では出発します

七合目まではこの旗の前に出ないように。富士登山のペースで登りますから。Peiさんの巧みなリードで登山開始。

せいやんも仙台から所沢に戻って、悠々自適の生活を始めたとのことです。 

ついて来てっかな
 
Tomさんのデカザックの中はいつも飲み物が詰まっています。ビールや山頂で振る舞うコーヒーです。山頂でコーヒーを飲みたい人はTomさんとどうぞ。お代はお気持ちでどうぞ。

みんな、おしゃべりに夢中で行動はてんでバラバラ。先が思いやられますね。(笑)

ここから本格的な登り

正確には6合目まで関係者の車は登っていきますが、一般車はまっすぐ佐藤小屋(冬季も営業している小屋)の方に進みます。

今年も専属カメラマンは「いなぽん」さんです。ご苦労さまです。

団体は行く
 
道が急に狭くなるのでちょっとした渋滞。それでも、7合目から先の渋滞に比べればなんてことない渋滞です。

佐藤小屋
 
眼下に佐藤小屋(旧5合目)が見えます。

6合目はもうすぐです。

前ページ   目次へ戻る   次ページ