群馬県南牧村は「高齢化率日本一」というありがたくない称号を付けられて村民は怒っています。
 利尻上五島会では何か支援することは出来ないか?ということを考えるために飲むことにしました。(笑)
 手始めに、鹿岳(かなだけ)という山に登って肝試しをすることにします。
 日 時:2015年7月4日(土)
 山 名:「鹿岳」(かなだけ) 1,015m
 参加者:クェベック、とよぴー、○  (その他)ラーメン食べに行った)

  鹿岳コースマップ

 コースがない!
 地図では直登する道がないので、コース表示ができません。^^;
駐車場

 登山口を確認して駐車場まで戻ります。畑2枚が駐車場になっています。表示が草で隠れているので見逃しそうです。
 
 あれあれ?いきなり5人も脱落です。兄弟ではありません。
登山口

 駐車場から約5分で登山口に到着します。昨今、登山届を出さないとうるさいのですがどうしましょうか。

 山頂まで約80分と予測して出発します。
最初はゆっくり

 とよぴーは初めての登山だそうです。Qさんと1週間前に茶水に出向き、登山用具一式を買わせられたそうです。が、肝心なパンツはジーンズで来ていましたのでmomomoさんのを借りました。
急登を登る

 
スギ林の中を黙々と登ります。風がないので蒸し暑いのですが、我慢して登ります。
 しばらくすると50分の看板が出てきます。
稜線に出る

 
いきなり風通しが良くなりました。ちょっと休憩して、一ノ岳にも登るか相談します。時間的に余裕があったら一ノ岳にも登ることにしてまずはニノ岳に登ることにします。
荷物

 Qさんは荷物なし? これもとよぴーの訓練の一環なんですと。師匠は優しいのか我儘なのか解りませんね。
まずはハシゴ

 
ほぼ垂直に近いハシゴが現れます。頭をかかえるとよぴー。

 「三点確保」の基本を伝授するQさん
次は鎖が

 
ハシゴの次は鎖が現れます。とよぴーはこれも初めての経験だということで、クサリの捕まり方をQさんが下から注意しています。
鎖場は微妙なバランスが

 
クサリはハシゴと違って、力を入れると左右に振られますよ。ハシゴより難しいです。
しっかりトレーニング

 
足場の見極めと、クサリの掴み方、まぁしっかり訓練してくださいな。まだ恐る恐るですからね。
絶壁

 
一ノ岳を見ています。下は断崖絶壁です。3人共、下腹部がムズムズしてきました。

 Qさんはとよぴーを岩の先端に立たせて、インタビューをはじめました。
絶壁

 ガスが出ているのでまだましな方かも。これでも身を乗り出すと、吸い込まれそうになるんです。
鹿岳山頂 (1,015m)

 
あっさりと山頂でした。
 ガスが湧いてきて展望がなくなりました。数分間の滞在で降りることにします。
またしてもクサリ場

 
暇だからクサリにぶら下がっている目印のようなものを撮ってみました。
 まぁ、私が模範になるわけでもなし。
さて、今度は下りですよ

 登りと何かが違うのに気が付きましたか?
 自信がみなぎってる? ブブー
 
で、ハシゴ

 自信があれば前向きに降りることが出来ます。

 ○はっさか歩いて行きました。もう大丈夫と思ったから・・。
下山してきました

 
杉林の中は黙々と降ります。途中、山椒の木が数本あったので葉っぱをちょっと頂いてきました。
特に意味はありません

 ガクアジサイ
 ○@カーブミラー
 鹿岳の部はここまで
--------------------------
 以下は南牧自然公園でのキャンプの模様です。



  南牧自然公園キャンプ場

 南牧村のハズレ(佐久市との境界付近)に広がるキャンプ場です。コテージとバンガローを貸しきって、利尻上五島会の大宴会が始まります。
 今日のお客は土曜日にも関わらず我々だけ。運営大丈夫?
さっそうと遅れて現れたMIX

 飲み物も豊富に出揃ったし、そろそろ始めますよ、といったらMIXさんががMGで現れました。外観はかっこいい車ですね。中身は???
いよいよ始まります

 
前回の教訓を活かして、今回はBBQ一本に絞ったようです。○はノータッチだったので知りません。(笑)
 ええ?お肉を5Kgも買ってきたん

?平均年齢は四捨五入すると60歳だよぉ。まぁ、やってみますか。
高級食材

 A5肉が惜しみもなく投入されます。お年寄りは野菜にばっかり手を出します。全部美味しい。
でた!

 
神津島の土産か?「くさや」が出ました。こんなの自宅で焼いたら近所から怒鳴り込まれますからね。これが、また美味いんですよね。手でむしって食べました。その後、手を洗わないで寝ました。
部屋に戻りますか

 
寒くなってきたので、この続きはコテージで行うことにします。

 さて、いきなりケーキが出てきました。
 おっと、皆さんの気持ちが・・・。


 ここはやっぱりお約束の涙でしょうね。
 「6」と「9」の数字がひっくり返っています。犯人はQさんでしょう。
 ばったんQ!
翌朝

 
雲海の上にいます。気持ちのいい朝です。

 昨夜の喧騒が嘘のように静まり返っています。二日酔いの人が多いです。(笑)