第30回の記念大会です。○はまだ3回目ですが、地元の関係者の努力に頭が下がります。特に昨年まで会長職をずっと続けられてきた森山正夫さんは、今年は病に伏して病院からの応援となったのが残念です。地元の方も長年参加されている方も、2004年の中越地震にも負けず、仮設テントの状態でも継続開催出来たという自信が随所にみなぎっている大会です。
 今年から、交流会も復活し「まぼろし食堂」の店長”ふう”さんが腕によりをかけてごちそうを作ってくれます。先導者の学生ボランティア諸君、地元の皆さんありがとうございます。
大 会:「第30回 田麦山ロードレース大会」
日 時:2015年年6月14日(日)
種 目:3K、8K、15K
参戦者(関係者のみ):ヒロミ、ヒロコ、イサム、タダシ、マサオ、ヒデミ、ネコ、ケンチャン、○
      長岡ランナーズの皆さん 他総勢350人くらい?

田麦山ロードレースのポスターとコース
 

 15KコースはたんぎゃまはうすをST/GLにして、震災で全員離村となった大高地区の奥に入ります。8Kコースは途中の4k地点で折り返します。3Kコースは1.5キロ地点から周回します。

 緑に萌える田麦山(山はありません)を満喫できます。
田麦山ロードレース大会の標高差(15キロコース)

 スタートして最初はだらだらの登りで、1K過ぎから急激な下りです。2。5キロあたりからずっと登りとなり、5キロあたりからは激坂に思えます。標高差は180mですが強烈なアップダウンコースです。8Kコースは途中の4Kで折り返します。最後の登りは走る気力がなくなります。(笑)
田麦山の朝

 田麦山の朝は寒い。Tシャツ一枚ではひんやりです。昨夜はミノルさん宅で深夜まで。^^;
 ここ田麦山で採れる魚沼コシヒカリは全国ブランドですが、このような田んぼを見れば納得できるでしょう。田植えは2週間前に終わりました。
先導隊

 「狸(り)サイクル」の遠山店主にお願いして今年も東京電機大サイクリング部の諸君が昨夜到着しています。15キロの先導車なんてちょろいもんでしょ?

 こちらに店主の当日ブログがあります。
小学生は早くも試走

 スタート2時間前になると大勢の小学生がコース試走を始めます。この中から将来の服部兄弟(東洋大学のエースですが、小学生の頃からこの大会に毎年参加していたとのことです)が出現するような気がします。
 ヒロミは朝からハイテンションです。よほど良いことがあったのでしょう。
開会式

 8:35からたんぎゃまはうすで開会式です。挨拶は新会長のマサヒロさんです。

 ミノルさんは朝からスタッフとして駆け回っています。昨夜は楽しく飲みましたがケロッとしています。あ、○Tシャツを着ています。ありがとうございます。
   
スタート地点

 3kmのスタート地点は100mぐらい後方です。でも同時スタートなので、速い選手は300mくらい先で追い付いてきます。右の4人は3キロに出場です。ヒロコさんはフルも走ります。
 左は淡々と15キロに出場するタダシさんです。
スタート位置について下さい

 
マサオさんは昨晩ヘベレケに酔っ払っていました。今朝はどこかに散歩に出い「ここはどこ?帰らなくっちゃ」とつぶやいてしまいます。え?まだ酔っ払ってる?そうなんです。(笑)
 予想通り、苦しそうです。
まもなくスタート

 スタートは9:10ゴロですがなかなか号砲が鳴りません。なんで?
 3分ぐらい待たされてなんと現れたのはイサムさんでした。おい!どこにいたんですか?
 やっとスタートです。ヒロミさんが最前列にいます。
スタート

 
前に誰もいないってのは気持ちいいですね。(笑)

 TDUサイクリング部も先導車スタンバイOKです。
あっという間に8KM折り返し

 今年はマイペース。1Kmを4分半ぐらいで通過します。ヒロミさんが横にいるのでペースメーカになります。アルコールで体が重いです。
 ○はずるして8kmにエントリしましたのでここで折り返しです。今年はミノルさんがここにいました。なんでも15kmの選手が3人ほどここで折り返したそうです。え?
5KM付近

 ○は今年は走っていませんが、この辺りのアップダウンは相当なものです。まだかまだか言うほどの急坂が過ぎれば今度は下りがあったりします。
 このコースを走り切るには前日のアルコールは控えめにしないといけません。
15KM折り返し(7.5KM地点)

 これは昨年の画像です。相川地区の橋を下ると折り返しです。昨年はここにミノルさんがいて「ガンバレヤ」と言っていました。

 あとで聞いたらマサオさんはこの手前でヒロミさんを抜いたとのことです。汗と一緒にアルコールが飛んで行ったかな?いやいや、本人は吐きそうだったとのことです。(笑)
イサムさん(75歳)頑張る

  昨年までは15キロを走っていましたが、遂に断念したらしく今年は8キロを走っています。
 年齢不相応の力強いフォームでグイグイ登ってきます。おじぃちゃんパワーは底しれず。例によって「イサム頑張れ」というと「おぅ! 今日は自己ベストだからな」といって軽快に走り去りました。
残り2KM

 手前2KMぐらいを並走していた選手とお話しながらお互いを引っ張ってきました。○よりひとつ年上の選手でした。

 残り2KMのところでミノルさんの奥様の応援を受けました。○Tシャツ着用でした。ありがとうございます。昨晩お世話になった全員が声をかけて通過したようです。
森山工業前

 ほぼ身内で固めた給水所です。(笑)
 ”まぼろし食堂”店主が「○さん頑張れ」と身を乗り出しています。暑いので全身に水浴びします。
 この先にまた激坂が待っているんです。当然歩きますけど。^^;
 ○は38分ぐらいでゴールしました。
イサムさんゴール

 今年は余裕を残してのゴールです。56分ぐらいかかっていますが、このアップダウンのコースでは上等ではないでしょうか。
記録係ありがとうございます

 大会直前にFB友達を承認してもらったM落さんとO見さんにスタート前に挨拶しました。両名とも大会役員として運営スタッフでした。ご苦労さまです。
 ハルミさんは一人何役もこなしています。ありがとうございます。
ヒロミさんゴール

 マサオさんがゴール直前にコースミスして駐車場の方に曲がってしまいました。まだ酔っています。
 そして、ヒロミさんが女性トップで入ってきました。苦しそうな表情ではありますが、現時点では目いっぱいなんでしょう。
やったわ〜

 高々とVサインを掲げる超小柄なヒロミさん。すぐにTV局(NCT:元長岡ケーブルテレビ)のクルーがやってきてインタビューをしています。「すばらしい自然の中で楽しく走れましたわ〜」。
 記念大会で新設の女子総合優勝おめでとう
マイペースで戻ってきたタダシさん

  どちらかというと長距離向きなタダシさんは黙々とマイペースを刻んできました。
 来月は78kmに再チャレンジするというから驚きです。体重もコンスタントに40Kg台をキープできているそうです。

記録

 速報版が張り出されると選手が群がって見に行きます。ふんふん!
 順位の順番に並んでないのが手造り大会の証です。

 15キロの男子トップランナーは56分台で走っています。レベル高いですねー。
表彰式

  種目別優勝者は元校長先生手作りのトロフィーが授与されます。今年の記念大会で新設された大トロフィーに名前を書いて後世に残ります。ヒロミさんの体重と同じくらい重いトロフィーです。やっとのことでトロフィーを持ちました。おめでとう!
よって触って

 優勝トロフィーにちょっとだけ触ってみようということで身内が群がっています。○は昨日持ってみました。^^;
 壇上に一緒に上ったイサムさんに「おい、邪魔だ!」と怒号が飛びます。(笑)
重いわ〜

 座っていた場所までトロフィーを持ってきたものの、重さに耐えかねて落としそう。「これ持って帰れって言われても無理だワー」(笑)

 年齢別でちゃっかり一位になったヒロコさんもしっかりとトロフィーをもらっています。おめでとう!
復活した交流会

 何年かぶりに復活した交流会。調理師”風”さんがカツオのタタキを筆頭に沢山の料理を振る舞います。
 ミノルさんの生ビールは泡がなくて主催者に不評です。(笑)
カツオのタタキと刺身

 ”風”さんが調理した築地市場直送のカツオです。タタキはちゃんと藁で焼くところがこだわりです。刺身も美味しかったです。
 
自己紹介

 交流会参加者全員にマイクが回り、自己紹介の時間です。

 ”風”さん(茅ヶ崎在住)がなぜ田麦山に住んでいるのか?飯山線にSLを走らせたのか?まぼろし食堂って何なのか(これは紹介なかった)、、、頭が混乱してきました。


 僅か3年前から参加なのにベテランみたいに喋ってしまいました。^^; 
 
 それにしても手話通訳してくれるハルミさんも素晴らしいです。保育園に詰めているってことですが、ウグイス嬢としても田麦山全村域に美声を響かせてくれます。
長岡ランナーズの皆さん(Sさん、Sさん、Kさん)

 田麦山ロードレース初期の頃から、毎回参加して頂いているメンバーです。
 春と秋の自然塾でもお手伝いいただいています。トレセンランドにはイエローハウスもあります。
 今後共よろしくお願いします。
 次は「田麦山トレラン」(仮称:11/1開催予定)もありますので。^^;

熊野神社

 前日、田麦山で一番大きい(と思われる)熊野神社に大会の安全祈願に出かけました。

 車が通りかかったのでドライバーを見たらどうもM落さんのようでしたので声をかけさせてもらいました。そしたら、隣の家からO見さんが出てきまして、思わぬところで初対面の挨拶をしました。
東京電機大サイクリング部

 ほとんどの学生がレンタカーに自転車を積んで到着した中で、4車は早朝に東京を出発し265kmを自走し夜20時頃に到着しました。お疲れさんでした。
 オサムさんが羽釜で炊きあげた魚沼コシヒカリにがぶりといって空腹を癒しています。
 毎年の行事ですが、トンネルの中を自転車で走る恐怖ってどんなんでしょうね。
前夜祭

 地元のような集いです。
 電機大の部員が挨拶に来ました。1年生もいますが、来年は筋肉隆々となって戻って来るんでしょうね。今日の出会いを大切に本業も頑張って下さいね。