Mさんが2013年に受賞したものです。遅ればせながらの祝賀会に参加しました。


 Mさんは先月ネパールに行っていましたが、沢山のスケッチをしてきていました。クリスマスのイルミネーションを見下ろす場所に展示されています。


  賞状と盾です。週間ヤマケイでも紹介されていました。この本はMさんが1995年日大隊のヒマラヤ登山に同行した時に描いたものだそうです。Mさん自身も58歳の時にガッシャブルムU(8,035m)に登頂しています。一緒に行った田部井さんは2次アタックでしたが登頂できていません。


 さて、今回の発起人は「小嶋一男」さんでした。小嶋さんは北極圏22,000キロを犬ぞりで走破した犬ぞり使いの第一人者です。


 松尾さんは写真家で富士山のカレンダーを毎年発行しています。富士山の写真を撮るために冬の塩見岳に一週間詰めたり、とにかくすごい執念で富士山を撮影しています。


 この記事を書いている2014.12.15 22:00、テレビで「世界最高峰エベレストトレッキングが沸騰」という番組を放送しています。実は、この番組の撮影に前後してMさんご一行もちょうどホテル・エベレストビューに向かっていました。Sさんが「すごい観光客の数だよ。エベレスト街道をゾロゾロとトレッキング客が歩いているんだから、もうびっくり」と話していましたが、テレビで見てその通りだと思いました。
 ホテル・エベレスト・ビュー、満席のカフェテラス。世界一の風景だそうです。天気もよくエベレストが望めます。
 近く個展を開きますので見に来て下さい。
 テレビでもこの建築物が放映されていました。ホテル・エベレスト・ビューを建てた宮原社長がインタビューに答えていました。左が現在建築中のホテルで、アンナプルナが見える「ホテル・アンナプルナ・ビュー」です。右がMさんが描いた完成予想図です。右下にあるゴンドラの建設でMさんはスーパーバイザーとして現地に出向きます。。再来年の春に完成予定です。
 このホテルにも行ってみたいですところです。
 今回のパーティーにも担当の石川さんが来られていました。山の会すかんぽメンバーの「Imotoさん」「丸山さん」もヒマラヤ観光の人です。

2014.12.11 新宿センタービル 6Fにて
(すべての写真はクリックで拡大します)

 ○のブログでも一度紹介しました。