2014MMX富士登山は2週間後です。すっかり恒例となった足慣らしの第2回目(1回目は6月28日の伊豆ヶ岳)「大岳山〜鋸山」に行きます。こちらのコースは富士山の下りを想定した下り重視のコースです。
 マイナス要素は飲みすぎること。御岳山ではこれまた恒例の「レンゲショウマまつり」が行われており、バスもケーブルも満員。駒鳥山荘さん「キレンゲショウマ」を見せてもらいます。
 日時:2014年8月23日(土)  曇り  涼しい 
 山名:大岳山(標高1,266m)、鋸山((標高1,109m)
 参加者:15名

御岳山〜大岳山〜鋸山

 バスとケーブルカーで一気に高度を稼ぎ、御岳山から大岳山にたどり着く。
 後半の鋸山からの下りは十分気をつけないと膝を痛めてしまいます。
 最後の愛宕山神社の階段を前向きに降りることができれば合格です。
    御岳山で出発準備  標高830m

 御嶽8:05 バス8:20 ケーブル8:30 8:45着

 さっさと自己紹介して9:00歩き始めまで自由行動です。
レンゲショウマを見る時間は15分しかありません。
なにはともあれレンゲショウマ

 このためにデジイチを持ってきた。

蓮華升麻:キンポウゲ科。山地の落葉樹林帯に生える多年草。花が下から見上げるとハス(蓮)の花に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられたといわれています。
 右の写真は
スライドショーになっています。

展望台   9:00

 レンゲショウマの撮影に夢中になっていたら、いつの間にか集合時刻になっています。

 スカイツリー看板がありますが霞で見えません。

 では出発します。例年より30分ぐらい早いかも。駒鳥売店に立ち寄りキレンゲショウマを撮影します。
  武蔵御嶽神社    9:40

 急な階段は御嶽神社に続きます。この両側にもレンゲショウマが少しだけ咲いています。

 希望者のみ参拝しに行きます。
  長谷川恒男記念碑

 長尾平:
東京山岳会の川崎さんが「長尾茶屋」を開店しています。事前に立ち寄ることを伝えていたので久しぶりの再開を期待して、、、。が、留守でした。がっくり。

 2011年に建立された長谷川恒男没後20周年記念碑。今年も10月にハセツネが開催されます。

一本  

 唯一の水場があります。冷たくておいしい水を味噌汁用に6L汲みます。隊長が味噌汁を作るためのものです。○も若者ですから2L持ちます。(^^ゞ

 ロックガーデンから登ってくると、この下で合流します。今日は特に涼しい風が吹いていて寒いくらいです。
虫がいない

 涼しい、虫がいない。虫除けスプレーもいらない。例年にない絶好のコンディションです。
 ビールにはまだ早いですね。
Tom:「今年はプレミアムだぞ」
○:「やったぁ、A社?S社? じーじはS社のプレミアムしか飲まない」 
  適度な登り

 ガスが立ち込め視界はありません。風はむしろ冷たいくらいです。ハセツネのトレランナーと出会います。マナーはいいですね。
  岩場

 こんな岩場が何箇所かあります。ハセツネの選手はこのあたりを真夜中に通過します。一歩間違えば転落します。怖いですねぇ。
  もしや山頂

 ガミさんとスレ違います。青梅から上ってきましたね。
 ガミ:「山頂はガスで何も見えないし、寒いので帰る」
 みんな:「え?ひとでなし!」

 山頂につきます。あ、やっぱり展望ありません。

  大岳山  標高1,266m   11:40

 いつもより30分以上早く山頂につきました。今まで12時前についたことはありません。でも、下山者の言うとおり全く展望はありません。何も見えません。
  たっちゃん

 「でもいいや、写真撮ろうっと」
  楽しい昼食タイム

 今年は虫がいないので楽しく昼食が食べられそうです。まずは場所取り。今日は沢山の登山者がいます。そこのけそこのけ・・・・ケンちゃんが通る。
  味噌汁 せっせっせ

 恒例の味噌汁を作ります。今年もりんこうさんが具材を提供してくれます。鍋は3つで各1.5Lずつ作ります。ひとつはネギ抜きです。え?ネギ大嫌い人間がいるからです。
 ペイ:「わいのはテゲテゲやど」
 ○:「ペイさんの以外を食べまーす」
  宴会開始

 山頂大宴会ゴング! 
 Tomさんのビールは今年は熊野地ビール。強烈な地ビールでした。
 ツッチさんのワインが瞬く間になくなる。りんこうさんのワインも栓を開ける。みんなのザックにはまだまだアルコールがいっぱい。酔っ払わない程度に宴会を続けましょう。つまみもみんなで出しあうと楽しいです。」
  大宴会は続く

 特に他人の弁当が旨いです。どんどん回ってきます。日本酒もいいねぇ。
 味噌汁はノルマ制になってきました。(^^ゞ

あれ? 富士山が

 誰かが騒いだ
 「富士山が見えてる」
 「嘘でしょ?」
 (富士山が見えないところで宴会中)

 あ、ほんとだ。
 さっそくポーズ!
富士山Tシャツ組だけね

 ポーズを取る人は限定します。富士山Tシャツ着て来なかった人は我慢して下さい。

 ちゃんと向こうを向いてって行ってるのに、誰ですか一人だけVサイン出しているのは。
待ってろよ 富士山

 2週間後に登ってやるからな。

メラメラと燃えてくるものがあります。
40分前とは大違い

 山頂に着いた時には何も見えなかったのに、宴会をしていたら雲が下がって富士山が見えちゃいました。

 赤いTシャツが映えますね。
おばじゃん:「お揃いのユニフォームでいいですね」
 へっへー
ヨシさんバイバイ

 例年「火祭りロードレース」(富士吉田)に参戦するヨシさんはここで引き返すのですが、今年は体調不良で引き返します。
 この後、つるつる温泉でビールを飲んでいるとのメールがきました。
出発  記念写真 12:30

 まだ、4時間も歩くので早めに出発しましょう。

 最後に集合写真を撮ってもらい出発します。総勢14人です。
大岳山を下る

 青梅17時着を目指して下山開始します。靴紐はしっかり締めてください。

 トレランのカップルです。楽しそう!
途中で一本   13:45

 普段はこんなところでは休みませんがどうしたのでしょう。
 なんと、富士山が見えています。
鋸山    標高1,100m   14:05

 ちょっと登ると鋸山です。今年も楽に登れました。でも富士山はこんなもんじゃないです。
 
鋸山

 「これから下りだから座って休んじゃダメ」ケンちゃんの厳しい声が飛びます。
鋸山

 ペイ:「はい、5分経ちました出発!」
 みんな:「オニ、アクマ、△ゲ」
 この後約4kmの長くてつらい下りが待っています。
分岐

 天気はますます良くなります。蒸し暑くなってきました。
鎖場

○:今年は鎖場を迂回してみよう」
ウヲト:「鎖場はノルマですよ」

ツルリン
知覧ポイント

 かつて知覧さんがこの急坂で滑落しました。ストックを突いたつもりが道幅がなかったのでそのまま落ちました。

 今年はここで休みます。○が荷物を落としましたが取りにいけません。
和田ポイント

 かつて和田さんが体調不良になり「ここでビバークする」宣言をしました。

 予定通りに神社の手前に到着(16:15)。全員が愛宕神社経由です。元気ですね。
 恐怖の階段が待っています。
愛宕神社

 無事下山のお礼をするケンちゃん。そのうちろで乗っかりの○。
  愛宕神社の階段

 愛宕神社の下にある階段です。筋肉痛になると後ろ向きでしか降りられません。幸い、全員が前向きに降ります。全員合格ですね!

 もえぎの湯で30分ほど待ちました。風呂あがりに宴会。「自然と友の会」の千葉ちゃんと遭遇。なんで?

 20:02の電車に乗り遅れ、20:36に。電車は止まっていたので、車内宴会。青梅まで残りの飲み物を。ケンちゃん、ペイさんが前後不覚。日付けが変わってからの帰宅。   では、富士山ガンバロー!


  ○のHP