「山の会すかんぽ」恒例の山菜刈りウォークに参加しました。私にとっては昨年についで2度めの参加です。今年は「ロンドン歩く会Part2」のTamakiさんグループ5人の参加でフレッシュな顔ぶれが目立ちました。
 日 時:2014年5月24日(土)〜25日「日)  
 場 所:丸沼高原   天候:晴
 参加者:22名 
  

  (全ての画像はクリックで拡大表示します)
ちょっと時間があったので
赤城神社入口

 赤城山の名前が書いてある大鳥居です。赤城山マラソン?はここを通って赤城山に向かうことでしょう。
鳥居のライトアップはソーラー発電

 脇にソーラーパネルが並んでいsます。現在の出力が表示されています。省エネでいいですね。
赤城高原から

 快適なドライブを楽しんでいると、榛名山をバックに高原野菜が、ポピーが素晴らしく綺麗です。
渋川付近から

 上州武尊山には残雪があります。昨年2月に通過した場所を偶然に通過しました。
 Mさんから頂いたこの場所でのスケッチです。
棚下不動の滝

 17号線に平行する裏道を走っていたら、偶然見つけましたので立ち寄ってみます。何々?「日本の滝百選}ですと?それはもう見なけりゃなりませんね。
雄滝

 
歩いて5分ほどで不動堂に着きますが、ここから先は崩壊?しているらしく進入禁止になっていました。ここから写真を撮りますが、イマイチ迫力にかけたのが残念です。
  眼前の景色はすごい

 新緑を縫って上越線が走っています。ちょうど電車が通過します。もしかしてSLがここを走るところを撮影すればかなりいい写真が撮れるのではないかと思われます。

 では、そろそろ集合場所に向かいましょう。
  沼田駅

 
電車組9名を迎えに沼田駅に向かいます。電車は定刻の10時11分に到着し、歓迎の横断幕(風)と歓迎ボード(風)でお迎えします。
 沼田駅から50キロほど日光方面に向けて走り出します。
ペンションCou屋

 途中で買い物をしてゆっくりしていたらお昼になってしまいました。ひとしきり「久しぶり」の挨拶を交わした後は、オーナーの鈴木さんとCou太郎の案内で、山菜刈りに出かけます。
大尻沼

 昨年はトムソーヤの筏で渡ったんですが、あの筏が今年は転覆して使えないそうです。よって、ここから向こう岸にわたって山菜刈りをします。
 今年は雪解けが遅れており例年より1Wぐらい遅い感じだそうです。
巨木

 カツラの巨木がありました。でかい!

 丸沼の主みたいな木には鳥居がかかっています。
コゴミ群生地

 コゴミ群生地に到着しましたが、腹が減ってはなんとやらで、とにかく弁当を食べることにします。
 さて、コゴミをたくさん採りましょう。
 (採り過ぎると余ってしまいますよ)
大尻沼

 ヒメマスが釣れています。我々の目の前でも釣れました。

 木々の間から日光白根山の山頂が顔を出しています。ロープウェイは明日から運行だそうで、今年は登山OKですよ。でも気力が?
  いっぱい、いっぱい山菜を

 ハリギリ、ヤマブドウ、タラノメウド、、、それなりに収穫(おしゃべりメインも)しました。
仕分け開始

 山菜は全量仕分けされる運命です。それよりも先ずはグーッとビールを飲んでからですね。
厨房では

 リーダーの手によって蕎麦が着々と打たれています。玄人はだしの蕎麦は最後に振る舞われます。あ、そば粉は中川村の江倉さんからです。
 シェフは剥離骨折の足を引きずりながら料理の指揮をしています。○は本当の「ゴマスリ」をさせられました。(笑)
着々とできてくる山菜料理

 和物、おひたし、胡桃あえ、胡麻和え、これでもかの山菜づくし。ヘルシーまちがいなしです。
 天ぷらにされる具材はテーブルごとに分けられ、テーブルで揚げながら食べます。
蕎麦打ち体験

 自分で打った蕎麦を食べたい人?がチャレンジです。手さばきはは見事な人も、危なっかしい人も、それなりに出来てしまう(見てくれは別)から面白いものです。
ささ、かんぱ−い

 待ちに待った開会の挨拶は希望通り手短に、乾杯の発生もあっと言う間。地ビールでグビグビと喉を潤します。
天ぷらが怒涛のように

 「これでもか」「さぁ揚がったよ、食え」「ちょっとたんま」Cou屋自家製の山菜ピザも提供されます。日本酒も「水芭蕉」があっという間に空っぽに。

 「ロンドン歩く会Part2」の代表Tamakiさんの挨拶。「引き抜かないでねのらさん・」
蕎麦によもぎ

 リーダーの手打ちそば。形が揃っています。自分で切ったんでしょ?美味いです!
 ヨモギ団子は娘さんも加わって作りました。甘かったですが目をつぶって食べたら意外といけました。
ひとしきり、食べたら歌声喫茶

 これまた恒例の合唱団のリードによる歌声喫茶の開店です。手作りの歌集を前に全員で大合唱。ギター演奏の遠藤さんは楽譜なしでバンバン演奏してくれます。

 今年は23時に閉店しました。ZZZ


丸沼の朝

 ほとんどの人が早々散歩で、トリカブト採取ツアー(笑)に出かけました。トリカブトを採ってきた人とは当分接触しないほうが身のためためです。ちなみに○は(二日酔いではありませんが)寝ていました。
朝食

 アスパラのスープは絶品です。Cou屋で焼いたパンは頬が落ちます。ボトッ。

 記念撮影の練習。ヘイ!じゅーど!

記念撮影と再訪

 楽しかった時間を思い出にお別れです。記念撮影をして、再訪を誓います。

 そして、、、、1時間後にには再訪した人がいます。(笑)
 ついでに言うと、同じものを駅でまた○の車内に置いたまま帰宅した人が。(爆笑)
東洋のナイアガラ

 希望者は尾瀬豆腐を購入した後、東洋のナイアガラへ。
 初めての人は「滝の裏側に行けるの?」「ボートで滝壺に入るの?」などとスケールがデカイことを言っていますが、果たして。(笑)
結構な人出

 どこから湧いてきたのか、相当数の観光客です。
 何を撮っとんの?「アシ」、「カメラに聞いて」、シェフ:「女子高生かな?」、なことないっす。
これが東洋のナイアガラだ

 うーん、大したことがあるのかないのか、それは主観のみです。
新緑は綺麗です。

 気持ちが良い黄緑です。
そろそろ帰りますか

 二日間、ご一緒ありがとうございました。ではお気をつけてお帰り下さい。
 機会があれば山でお会いしましょう。