第18回目となる今年も群馬県板倉町渡良瀬遊水地の壮大なロケーションで開催されます。
 オリンピックディスタンス半分の距離で戦われるスプリント選手権や、3人で1チームを編成し協力してフィニッシュを目指すトライアスロン・チームタイムトライアル選手権のチャンピオンシップレースです。オープンや混成チームもありです。
 今回もボランティアとして協力します。

 競技内容
 総合距離25。75km(スイム:0.75km、バイク:20km、ラン:5km)
 チームタイムトライアルの場合は3番目にゴールした選手のタイム。

 まずスイムからスタートですが、〇の担当地域からは遠すぎて確認できません。

 ブイを折り返していく選手たち

 スケジュール
  6:00 選手受付
  7:00 開会式
  8:00 男子選手権
  9:20 女子選手権・オープン
 10:20 男子オープン
 11:50 女子チームタイムトライアル
 13:10 男子チームタイムトライアル

 スタートしてから約20分ぐらいするとバイクがやってきます。
 まだ路面は濡れています。このまま雨が降らなければいいんですが。

 コース監察・整備・一般客への注意、お願い、、、、まだ、時間的に早いし、この天気だし一般の人はほとんどいません。ので、、、、、選手の応援に精を出しましょう。

 個人戦はごっちゃになっていて、どこの大学かも判別が難しい。右は明大の選手です。

 慶大の選手。タイガージャージだと容易には別できるんですがね。

 このグループの先頭は早大の選手です。

明星の選手です。

明大の選手は大勢参加しています。先日田麦山に手伝いに来てくれた石井くんと岡部くんも参加できていたら、しっかり応援してあげたのにな。申し込みを忘れたとか言っていました。

 女子チーム・タイムトライアルの部です。600番台は選手権、700番台はオープンです。
 中大の選手はすぐにわかります。「C」マークが光っていますから。筑波の選手とチームを組んでいます。

 ユニフォームは一緒ですが混成です。独協、共立女子、早稲田のようです。顔が微妙に怖いんですけど。

 青山、日女、立教の混成チームです。楽しそうです。

 女子チームタイムトライアル選手権の部、トップ(先導車)のすぐ後を行くのは日体大です。

 東海大学のチームですが606番が一人先に行って604番が605番をサポートしています。

 突然ですが、ボランティアもお腹がすいたようです。レースの合間を縫って弁当が届けられました。
 あ、〇はとっくに食べ終わりました。味噌汁だけ作って、「いただきまーす」
 セブンイレブンのお弁当(500円)でした。ご馳走様でした。

 最後は男子チーム・タイムトライアル選手権とオープン(オープンはウェーブスタート)です。
 参加選手の数が多く、水中バトルもあるようです。遠くから見ているとマグロの養殖と見間違いそうです。

 雨も上がり天気も良くなってきました。Tシャツでも汗ばむ陽気です。
 こんな時はゆっくり寝っころがりたくなります。
 あっと、集団で来ました。見逃しそうですが明大がぶっちぎりで首位、次いで日体大が通過したような気がします。写真は首位とは関係ありません。(-_-;)

 ゼッケンと参加者名簿を見比べながら各行のユニフォームを覚えていきます。
 日大はスクールカラーのピンクだからすぐにわかります。この辺り、チームワークがいいです。

 同志社は白のユニフォームですか。順天、東北とドラフティング走行中です。
 チームではドラフティングが認められています。

 上の写真の続きです。順天と東北。

 選手権の部、早稲田はスクールカラーの臙脂にWのマークなので遠くからでも目立ちます。

 筑波大学は胸に漢字で書いてありますが見えにくいです。広島大学は遠いところから大変ですよね。

 こちらも早稲田。オープンの部です。水たまりに注意してくださいね。

 〇の応援風景。つうか、観客もいないし、「頑張れ」と応援しながら、ほぼ写真撮影に熱中しています。
 この体勢も結構疲れるんです。撮影中の〇を自分で撮影。700枚ぐらい撮影しましたかね。(-_-;)
 流し撮りはみーんな失敗。三脚にカメラを固定しても失敗(ピントが後方の木に合ってしまう)。難しいです。

 筑波大学。さわやかなイメージがありますが。

 同志社は一年生チームでしょうか。

 関西大学だと思います。水面にうまく写りこむように工夫しているんですが、速すぎて難しいです。

 筑波大学、余裕で会話中?

 国士舘です。柔道のイメージが強いんです。

 大東文化、行け〜

 広島!、ガンバ

 陸の王者

 Oh-o Meiji だそうです。かろうじて紫ですから。

 大東文化、スクールカラーは緑ですよね。ユニフォームも目立っています。

 明星大学、ひときは目立つ白と黄色のユニフォームです。これで強豪チームだったらすごい。

 早稲田と立教のガンジロチームです。目立ちますよね。

 広島大学(選手権の部)、揃っています。

 関西大学、ブラックで決めています。

 慶応も頑張っています。

 明治、さすがに強いです。

 ちょっとアングルを変えてみます。手前のボケに自分が気に入っています。
 立命館は鮮やかな赤ですね。

 黄緑は東北から参加です。

 順天堂もいいチームワークです。

 筑波

 広島。あ、さっきもありましたね。(-_-;)

 ススキを手前に配置してボケをかまして遊んでいます。

 相変わらずニコニコ顔は早稲田です。うまくススキの間に入ってくれました。

 ここまできたらもう余裕ですね、筑波。3周回るのでだんだんと覚えてきます。

 広島の出現回数が際立っていますね。

 あなたたちも白い顔面はそのままでゴールしそうですね。早稲田と立教混成チーム。

 日大も最後のスパートをかけようとしています。
 湖にはボートが浮かんでいます。のどかな光景のヒトコマです。

 関西も最後の力を出し切ろうと懸命に漕ぎます。

 肩にTOKAIの文字入りで、なかなか目立ちますな。

 こちらも東海大学ですが、先ほどのユニフォームとは異なっています。いくつかパターンがあるんでしょうか。

 同志社の先頭が苦しそうです。

 慶応も最後の頑張りです。

 広島、またまた出ましたね。頑張れー。

 一日限りのTeamJJJ(じぇじぇじぇ)だそうです。明治+慶応。

 道路もすっかり乾いて余裕の筑波です。

 バイクが全部走り終わったことを確認して、フィニッシュゲートに向かいます。ランが終わり次々にゴールしています。あれ?法政+中央いたっけ。

 戦い終わって大学間の垣根も取り去りあちこちで談笑しています。
 ことしは大きなけがもなく(落車はありましたが)よかったです。

 表彰式(閉会式)に集まってきました。
 来年またここで元気に集いましょうね。

 日本学生トライアスロン連合会長の宇佐美先生からボランティアにねぎらいの言葉。

 はい、どうもお疲れ様でした。
 一応、一般の人がコースに立ち入ったら注意したりするボランティアをやったんですからね。
 結局、ランは見ることができませんでした。