静かなる富士山
 
 メンバーが必死で富士登山に挑戦している様子を下界のカメラが捉えていました。
 登山道に延々と続くヘッドライトは下界からも見えます。

 三つ峠からの富士山。今日はご来光もばっちりでしょう。
富士山では星が降ってきます

  都会では絶対に見ることができないほど大量の星がまたたきながら降ってきます。天の川もきれいです。富士山に登りながら星の勉強をするのも手です。
 星も時間とともに移動します(地球が自転しています)ので、注意しながら見ると面白いですよ。
ついに九合目を通過
 
 ここらへんになると、早い人と遅い人の差が段々と広がってきます。九合目をまだ暗いうちに通過できれば山頂ご来光が期待できます。

 あまり早く山頂に着くと今度は寒さが待っています。難しいんですよね、これが。自動車のように「渋滞予想」を出してくれるとありがたいのですが。
山頂直下

 山頂直下でご来光を楽しむTomさん。このパターンが正解でしょう。
 もっと先に登った人もいるようですが・・・誰だ! Pon!

 間もなくご来光ですけん。
山頂直下
 
 F社の組はほとんどがここに集結して御来光です。健脚ぞろいです。
 いい場所をゲットしていますね。

 はい、ご来光です! しっかり記念写真に収めてくださいね。
こちらは山頂に手が届かなかった組
 
 利尻&五島組は残念ながら九合目を過ぎたあたりでご来光になってしまいました。こうなったら腰を据えてご来光を見る!

 ビデオをセットして覚悟を決めたクエベックさん。

 ででででで、出たぁ! ぽっこん。
ええのぉ

 「江の島が見えちょる。ええのぉ」
 おっと、それは雲爺のセリフじゃろ。ねぇ、雲美。
 海の上はすっぽりと雲に覆われています。
太陽が出た出た
 
  余裕かまして煙草を一服するケベックさん。
  どこかで涙している人がいるかもしれないのに・・・・。
ポンチョにくるまるレンさん

 超がつくくらい寒がり屋のレンさん。九合目あたりで座り込む。「備えよ、常に!」でMizoさんが取り出したツェルトにくるまって暖を取る。ご来光は見えたかな?「心の目でご来光を見ました」。うう、泣けてくるぜ!

 この後、どうしたでしょうか?
ヨシさんも山頂直下
 
 先頭グループにずっといたようです。このところ毎年山頂ご来光組ですね。
ミッチャンもいました

 山頂直下組まであとわずかのところでご来光を迎えたようです。
 御来光コールでもしている?

 いやぁ素晴らしいご来光です。
これですよ
 
 頑張って登ってきた甲斐がありました。ちゃんとご来光を見ることができました。私たちの日ごろの行いがいいからですよね。エヘン!
大騒ぎのYumeチーム
 
 あっち行ったり、こっち来たり、太陽を背にしたり、そりゃもう大騒ぎで写真を撮りまくっているYumeチームです。

  感激の様子がよく伝わってきます。

はいはい、行きますよ

  いつまでもじっとしていると山頂に着きませんよ。俄然、行く気になったYumuさん、仲間を鼓舞します。
ヨシもそろそろ上がるかのう 

 今年も満足じゃ!
 じゃ、そろそろお鉢めぐりに繰り出すか。
頂上の鳥居をくぐります

 山頂直下組は山頂に着きます。この後、お鉢めぐりが待っていますのでとっとと行きますよ。
 。
芦ノ湖、江の島
 
 芦ノ湖が光り輝いています。

 江の島(たぶん)も目立ちますね。
山頂はまだか
 
 山頂に向かう行列が動き出します。ゾロゾロと歩き始めます。気温が一気に上がってきて温かくなります。危険なので追い越し禁止区間になります。
蜘蛛の糸

 下を見ると、ずーっと蟻の行列が続いています。この分だと山頂までまだ一時間はかかるんじゃないでしょうか?

 まだまだ山頂は遠いんです。

前ページ   富士登山2012Home   次ページ