ここから七合目

 5合目を出発してゆっくり登って約2時間、7合目の入口に差し掛かります。七合目には七軒の山小屋があります。トモエの上は鎌岩館、富士一館、鳥井荘、東洋館の4軒があります。
はい、お客様方七合目ですよ

PEI: 「ここからは、一列になるところがありますので焦らずに登って下さいね。ま、私のペースに合わせれば楽に登頂できますから。」

りんこう:「わしもまだ頑張らにゃ。富士山が世界遺産に登録されるまでは登り続けるんだ」フーフー。
せいやん:「仙台に住んでいるもんで、東北の山にはよく登りますよ。」
       (毎年7月には北アルプスに登ってますよね。)  

ロクさん:「今年こそは高山病克服するぞ。下山するまでお酒は控えるからな。あ〜しんど(飲まないのは)」 
あべちゃん:「富士登山競走に出ようかな」

MIZO:「備えよ常に」 (瀑)
りょこさん:「私のほうが心配だわ」
そういちろう:「ふっ、遂に母上を負かす日が来た」
ヒデ:「九州から来たとやけんね」
TOM:「僕だって川向うからですけど」(笑)
クエベック:「オラオラ、俺様のお通りだ。どうだ。怖いだろ」
よしえ:「はい、(参加しないと)とっても恐ろしい人でございます」

オカちゃん:「安全第一、ヘルメットの着用を忘れずにね」
ともき:「僕はまだ中学生、でも大人には負けないよ」
よね:「僕より強かったらどうしよう。(^^ゞ」

Nana:「しっかりと足慣らししたから不安もないわよ」
Kazuyo:「そうそう、足慣らしのほうがよっぽど苦しかったわ」
○:「レンさん、大丈夫? 苦しかったらPeiさんい助けを求めてね」
レン:「ヲトさん、頼りにならないからお願いしちゃおうかしら」

(ヲト):「我が道を行きます」バキッ!!☆/(x_x)

 花はヨツバシオガマの一種です。
 いよいよ岩場に差し掛かります。七合目を抜けるまで岩場です。

でしたが、ここからしばらくは岩稜帯を抜けることになります。本日の宿泊地「富士一館」もこの岩稜帯に建っています。
ツッチ:「あのネ、僕今ビニール袋で作る料理に凝ってるんだ」
Nana:「まぁ、ぜひとも食べてみたいわ」^^;
Kazuyo:「ノーコメント」(笑)

Carrot:「今日のスタイル決まってる?」
あべちゃん:ズルッ
ミツ:「今日は伊勢崎から始発電車で来たんだ。眠い」
陰の声:(栄養は十分に行き渡っているようですが)

  やっぱり、岩場にかかるとストックはかえって危険なのかもしれませんね。
ヲト:コンパスの差だからしょうがないよね。ツンツン。
レン:「レンは弱いのでございます」

TOM:「あっ、」
    (ビールが重い。山頂まで持って行くぞ!)
レン:「ハァフィフゥ、呼吸が苦しいのです。」

では、綺麗なヤナギランが苦しさを軽減して差し上げましょう。
青空が広がって来ました

 五合目、六合目は雲の中でしたが、ここに来てやっと青空が顔を見せ始めました。

 ♪♪ 頭を雲の上に出し ♪♪の歌が似合います。
六合目付近が見えています。
七合目の山小屋群

 大きな鳥居が「鳥居荘」、その下が「富士一館」もうちょっとで宿に着きますね。人間渋滞が続いています。
岩稜帯を登る

 適度に渋滞しているので休み休み登ることができる。疲れている人にとってはありがたいものです。
ジュリー:「今年も部下を強制連行したからな」(^^)v

けんじ:「ははぁ、ザックでもなんでも持ちますから」

影の声:(本当に我慢できなければ根こそぎ持って行って飲ませてあげてくれたまえ。成就間違いなし)
PEI:「この上が今夜の宿ですから」
クリちゃん:「はーい、よかった」

たっちゃん:「僕は飲むよ」
ろく:「え〜、友達がいがないなぁ」
新築なった富士一館

 ささ、この上が富士山で一番新しい山小屋「富士一館でございます」

一同:「おぉ、、、、」感激で声も出ない。
  富士一館到着
 
 一番乗りで〜す。
 USOです、通過しまーす。あれれ?
先達到着
PEI:「ね、僕の後を着いてくれば楽に登れるでしょ?」
    りんこう、せいやん、ロクが続いて到着。

あべちゃん:「ファイトー」
 ***:「イッパーツ」
サク:「スパッツいらなかったじゃないんっすか?」
ヒデ:「ヒー、ヒー、、なことないよ」
みっちゃん:「九州からで余裕だね。」
MIZO:「半ズボンでも寒くないもんね」
そういちろう:「おじさん、無理してない?」
りょこ:「これこれ、おっさん怖いよ」
バシ:「今時の山ボーイの格好だぜぃ」
なおき:「おめぇなぁ、、、」
ジュリー:「10kgの減量に成功したぞ」
けんじ:「頑張りましたっ」
ひで:「年季が入った金剛杖ですよ」
あっちゃん:「富士山登るのが楽になってきたヨ」
Kazuyo:「スマホ使えるかな?おっ」
Nana:「問題ないですねぇ」
レン:「苦しいですわよ」
ヲト:「あはは、こんなもんでしょ」
○:「ぐぇ、、きついよ」
kayo:「やったー、七合目だ」ヽ(^。^)ノ
Haru:「荷物なら任せとけ」 ヤサシイ・・
Yume:「私のも持ってぇ」
Tama:「そのうちねぇ」


はい、無事に全員七合目富士一館に到着しました。



前ページ   富士登山2012Home   次ページ