何はともあれ安全祈願
 
 富士登山には欠かせない「安全祈願」を行います。
 場所は、富士吉田にある北口浅間神社です。
 本宮は富士宮になりますが、関東地方から富士山を目指す人はここにお参りしてから富士山頂を目指すことになります。
 バスの駐車場から進みますので側道からいきなり入る感じになります。
聖者
 
 紫の装束に身を固めた一団が進みます。どっかの**団体みたいですね。
 毎年同じことをしているので慣れたものです。
水汲み禁止

 富士山の湧水が引いてあります。このところは「道の駅富士吉田」が水汲みの拠点となっているので、ここ浅間神社で水を汲む人は少なくなっているようです。


 この姿を見ると、どうも日本橋の「麒麟の翼」を思い出してしまいます。東野圭吾読みすぎでしょうか。

 正しい手水(てみず)の作法は知ってますよね。
 この辺りを参考に覚えておいてください。きっと役立つ日が来ます。
まずは参拝

 作法は上記のとおりです。
 ”心願成就”難しい言葉ですね。--------
言葉の通り、心に強く思っている事を成し遂げることです。 すなわち、願いがかなえさせるにはまず自分自身の強い思いが必要です。強く願い、またご自身が達成するように行動しましょう。自分の努力が一番大事なことですから。
---------
神妙に参拝

 
 〇はたいてい、他人のお賽銭で参拝してしまいますが、今年ばかりは自分でお賽銭を投げ入れます。あ、いつもは財布を持参していないんです。
御神木の「冨士太郎杉」と「冨士夫婦檜」

 樹齢千年とも言われています。杉のほうは皮が剥がれかけておりかなり疲弊しています。
    利尻/上五島隊

 利尻/上五島の仲間です。
 よしえさんはイラストレータです。
 サラロンはザッシュー犬飼いのハーブ屋さんです。
    武田信玄

 武田信玄が手厚く援護してきた浅間神社です。

  ★このどちらかの巨木の根元に”エベレスト山頂の石”が置かれています。
  1995年、日大隊が北東陵を初登頂した際のサミッターである井本さんがエベレスト山頂の石を持ち帰ってきて、ここに奉納(奉石?)しました。さぁて、どれだかわかるかな?
吉田口登山道
 
  富士吉田から富士山に登る人は必ずこの道を通りました。現在の富士登山競争はこの脇の道路を通過するだけだと思います。

    富士山

 この鳥居には「富士山」と書いてあります。一見ありそうでない文字列です。
    富士山で記念撮影
 
 最初の集合写真となります。もうこれで思い残すことはありません。え?
    本堂の裏に回ってみると

 また違った世界が待っています。たまには裏も見てくださいね。
    ではそろそろ次にまいりましょう

 剣道の師匠(7段?)と子弟

前ページ   富士登山2012Home   次ページ