人気大会の一つである。運営スタッフもボランティア活動もすばらしいのだが、なんと言っても沿道のおじぃちゃん、おばぁちゃんの笑顔がすごいのだ。30km以降の苦しいときに私設エイドから差し出される「おにぎり」や「梅干し」で生き返ることもしばしば。
 その割には、成績はいっつも悪いんですけど・・・。(^^ゞ
 主な目的は「レンコン」を買うこと!
 日時:2012年4月15日(日) フル/10マイル/5キロ
      くもり  気温10度
 レース名:第22回 かすみがうらマラソン
 参加者(同行者):WADAさん、Mocchi、◎      フル:18,000人 10マイル:5,000人 5キロ:2,000人

土浦駅から会場へ   7:15

 電車は大混雑が予想されるので、なるべく早い時間帯の電車を使う。南越谷を6時前に乗るも我孫子で快速に乗り換える時には座る余地はなかった。
 土浦駅の混雑はまだピーク前で静まり返っている。
コースマップ

 前半は上り下り。ハーフを過ぎたら霞ヶ浦の湖畔に出るのでほぼフラットになる。

 今回は受付けはない(ゼッケンは事前送付)ので野球場にテントを張ってのんびりと過ごす。が、この場所には、この後続々と選手や家族が詰めかけ、ほぼ満杯状態になる。
 つくば国際大学のマッサージ研究会のテントの近くだから帰りがけにはマッサージを受けよう。
メイン会場

 フィニッシュゲートです。スタートは道路なので、あくまでフィニッシュ。

 フィールドでは有森が準備運動の指導をしています。かなり熱心です。(笑)

 今年は川内兄弟も走るので余計に熱が入っているのかも。
まずはお買い物に

 女性人は早々と「レンコン」(その他多数)を買いに出かけた。○もゆっくりと散歩。甲州から遠征してきているB級グルメ、目立っています。
10マイルに逃げた人たち

 前回まではちゃんとフルを走っていたのに、今回は○だけフルにエントリさせて、自分たちは10マイルに逃げた。

 「だって、レンコン買いに来たんだもん」

○は念の為に血圧を測ってもらう。
 172/113 え? ドクターストップ。

**********フルマラソンの部********************
  集合           9:40

 今年のスタート位置は陸連登録ながらCブロック。前回はBブロックだった。
 ちょっと遅れたのでCブロックの最後尾あたりに位置取る。上空をヘリが飛び交い、なんとなく盛り上がってくる。
スタート          10:00

 全員でカウントダウンしてのスタート。先頭には川内兄妹が陣取っているんだろうけど、後方からはその様子を伺い知ることはできない。

 記録証を見ると、スタートライン到達までのロスタイムは2分53秒だった。まぁまぁ前のほうでしょう。
行って来ます

 そっくりタレントかな?清原、桑田、、、だ。


今日の○は「唐津くんちの鯛」です。
沿道からは、相変わらず「金魚」と呼ばれます。
  5km通過     記録はグロス 0:29:40(ネット 0:26:38) 

 距離表示が左にあった。失敗!

 今年から、5km毎のスプリットが自動計測されるようになった。アマチュアの大会でも最近はこういった機械化がどんどん進んでいる。
10km通過   0:54:24 (0:24:44)

 常磐線を越えるので登ったり下ったり。日立建機(メインスポンサー:昨年は被害甚大で大変だったみたい)の前では動員された社員だろうが懸命に声援を贈ってくれる。ありがとう。
 キロ5分のペースで行こうと思っているのでいい調子になってきたかも。
 BGM聞こうと思っていたMP3プレーヤーは電池切れでテント内においてきた。
15km付近            1:18:39 (0:24:15)

 15kmの写真は失敗していた。大きくカーブして上り坂になるところで給水も失敗。隣の人のをもらいたかった。まだ先にもあると油断していたらもう先にはなかった。
 上りがきつい。
20km通過    1:47:37 (0:24:58)

 エイドステーションにおいてあるバナナを食べる。うまい。
 
 桜が満開?の先にはお城のような建物がある。なんだろう?
中間点(21.0975km)通過   1:49:13

 先頭の川内兄弟(**提供)、弟(高経大)の伴走をかってでたらしい。

 何故か21kmポストを過ぎてからもえらく遠かったような気がする。やっと半分かぁ、疲れてきた。
25km通過     2:09:26 (0:25:49)

 霞ヶ浦の湖畔に降りてきた。が、スピードは上がることなく徐々に遅くなってきた。いつものパターンだ。
 ここらへんになると難しいのがエイドステーションでの補給。水分を摂りすぎると腹がポチャポチャ、摂らないと喉が渇き脱水症になる。
 キロ5分を維持できなくなってきた。
茨城川柳?

 今年から距離表示板になにやら書いてある。茨城弁で読んだ川柳のようだ。たしか、つくばマラソンでも同様な企画があった。が、つくばは標準語だった。茨城弁はいいなぁ。ほのぼのしている。
 1km毎かと思ったら、25kmを過ぎたら段々と増えてきた。30km過ぎには多すぎて読みきれなくなってくる。(笑)
  30km通過      2:36:15 (0:26:49)

 いよいよ苦しくなってくる。実は25km過ぎてからは足にマメができたようでジュクジュクしてきた。私設エイドの温かいお茶を頂いたら、これがなんとも美味かった。オレンジとかレモンもありうれしい。でも、レンコンは見当たらなかった。
  35km通過       3:07:45 (0:31:30)   

 ここに来るともう走り続ける気力が薄れてきた。ちょっと走っては休み、回復したら走ってみて、、、、の繰り返し。キロ6分のペースでも走れなくなっている。ここまでも、なるべくペースを上げすぎないように自重していたはずの自分が情けない。

 このあたりは、道の両側にレンコン畑が広がっている。
39km通過

 走るのを止める口実ができるので、歩いて写真を撮っている。逆に写真を撮られそうになると、元気があるふりをしている。

 腹は減るし、喉は渇くし、足は痛いし、、、、一刻も早く終わりたい。
40km通過    3:42:01 (0:34:16)

 キロ7分に迫るスピードダウン。まぁ、よく歩いていますね。最後の給水をとってまた歩こうか・・。

 あと1km、ちょっくら頑張ってみるか。沿道からは「サブ4いけるよ」と声がかかる。沿道の人はグロスしかわかんないからな。サブ4は歩いても余裕だよ。
フィニッシュ  3:56:01 (ネット 3:53:08)

 手前はただのゲート(フィニッシュラインじゃない)なのでだまされないように。あと、100mぐらい先が本当のフィニッシュゲートになっている。

 例によって、足の甲あたりがケイレンしている。紐を締めすぎているのかな?マメができたのは明らかに締めすぎだな。
フィニッシュ

 コースと関係者に感謝して最敬礼!

 ステージでは早くも表彰式をやっている。招待選手の川内選手が2時間20分ぐらいの平凡なタイムで優勝したらしい。そういえば、実況中継が流れていたとき、27km付近でゴールしたのを聞いた。
  記録証

 今年から5km毎のスプリットタイムが印刷されている。本格的だなぁ。

 記録証の発行、給水、参加賞、、、、流れるような動線で運営も上手でした。


**********10マイルの部********************
10km手前あたり?

 フルのコースから分岐したあたりだろうか?
 まだ元気そうではある。
  14km付近

 ふっ、かなり疲れている様子がうかがえる。手だけ振っても競歩みたいだ。
フィニッシュ

 ネットで1時間34分ぐらい。そんなもんかね。
10マイルの部 記録証

 こんなもんでしょうか。

 参加賞のTシャツ。毎年派手な色使い。デザインも毎回グチャグチャ。統一性がない。でも、あっちこっちの大会でよく見かけるTシャツなんだぁ、これが。

**********お買い物の部********************
やっぱ「レンコン」

 霞ヶ浦といえば「レンコン」だ。新鮮なレンコンは歯ごたえがいい。美味いと思う。が、こなれた人は、いろいろと不満を言っているひともいないではなかった。

 はすの漬物。ところで「はす」という人もいるけどどこが違うの?
レンコン

 レンコンサブレ。買いました。

 
  レンコン

 レンコンカレー。買いそびれました。

 はすだっぺ。ネーミングがいいです。
いまいち不人気

 佃煮のたぐい。○はあまり食べないけど家人が喜ぶので。

 マメ。お一ついかが? 拙いけど。

 


○のHP