昨年は東日本大震災の直後で中止を余儀なくされたが、今年は復興支援という形で再開された。参加費用を任意で500円上げてチャリティとする形で協力する。集まった100万円で東北地方の名物を購入して景品にして還元する。いいアイデアだと思う。
 ○は多摩市のOMの家に前泊して、盃を酌み交わすのも楽しみの一つ。

 日 時:2012年3月24日(日) 10km/5km
       快晴  気温7度
 レース名:第31回2012 多摩ロードレース大会
 参加者(同行者):Ikuちゃん、ヨシさん、tamaさん、ホリさん、Keiseiさん、Peiさん、Mannenさん、Kiiちゃん
            ◎       総勢約5,000名

カタログとコース

 地図で見ると高低差はさほどないように見えるが、どうして激しいアップダウンが連続するコースである。
 今年はまたちょっとコースが変更になった。盲腸線ができてややこしい。これまで、距離が短いのではないかと疑っていたが、はからずも裏付けられた格好だ。中間点がこれまでより手前に来たのが裏付けられる。
受付

 7時半頃会場についたら、まだこれからという感じだった。かなり寒いが、天気がいいので外で着替えることにする。
 三々五々メンバーが集まってくる。
開会式

 清々しく晴れわたった青空。凛として冷たく透き通った空気。メインスタンドの観客を前に開会式が始まる。
ゲストの千葉ちゃん

 「みなさーん、おはようございまーす」、例によって千葉ちゃんが頭のてっぺんからハスキーな声をだしている。千葉ちゃんは当初一緒に走る予定だったらしいが、ご懐妊とわかり自重。参加者は千葉ちゃんに「おめでとう」と言おう。

 ゆりートくんが遠征してきている。なんで?
では出陣します

 今日はこれから暖かくなりますよ。長袖だと汗をかくのではないでしょうか。
 Ikuちゃんだけは5km。70歳を過ぎると危ないからな。
スタート

スタートブロックは、50分ぐらいまでは5分おき。○は見栄を張って40〜45分のブロックに滑りこみ。他のメンバーは50分あたりに陣取る。みんな、真面目なのだ。
 千葉ちゃんからアドバイス。「上り坂はちょっと前傾でしっかり腕を振って。下りはスピードを出し過ぎないように」
スターター

 スターターとハイタッチしてる?
 グラウンドを逆周りに一周してから道路に出ていきます。
 Peiさん、Tamaさん、Keiseiさん、ヨシさん、頑張れ!
千葉ちゃんともハイタッチ

 スタート地点のところに千葉ちゃんもいて、ハイタッチで送り出してくれる。
 Tamaさん、練習不足大丈夫かな?
行ってきまーす

 唯一5kmに出場するIkuちゃんがカメラを構えていてくれる。だれも寄っていかないと思ったら、Emirinが寄っていった。「よし、行け〜!」
盲腸線へ

 スタートして2kmあたり。これまでは直進していたところだが、今年からいきなり盲腸線に入って最初の折り返しとなる。

 あ、ホリさんとは最後まで逢えませんでした。元気に復活されたようで良かったです。萬年さんガホリさんの後方にいます。
盲腸線へ

 この盲腸線、ちょっとアップダウンがある。折り返してから登りがあっていやらしい。
 ヨシさん、目立つユニフォームです。きぃちゃん、今日は流してませんか?
盲腸線へ

 Tamaさん、足が痛そう。頑張って!
 Ikuちゃんの5kmも同じ所を走る。ゴールは一緒の時間くらいになるので、ナンバーの色だけが頼りになる。
  広報車

 トップランナーより1分ぐらい前に「こちらは*****。まもなくトップランナーがやってきます」とアナウンスしながら盛り上げていく。ランナーの直前には白バイが走る。

 4kmあたりで給水。京王バス車庫を過ぎたあたりでトップランナーがやってくる。敵は6kmぐらいか。ぶっちぎりできた。
 ○は中間点を22分台で通過。まだ登りが待っているのでヒーヒー、ゼイゼイの最中。
残り3km

 復路の給水(7km)を過ぎてもまだアップダウンが数回続く。残り2kmの看板を過ぎると後は惰性で行けそうな気がしてくる。

 グラウンドに戻ってきてもラストスパートするパワーは残っていません。
ポストマンは速い

 郵便ポストをかぶって走っているランナー。これが意外と速い。ヨシさんでさえ抜かれそう。50分ちょっとで走ったんじゃないだろうか?
フィニシュ

 ○フィニシュ。あぁ、43分台出なかった。がっかり。

 ホリさん、走りが戻って来ました。
フィニッシュ

 Peiさん、数年前のレベルまで戻って来ました。もう一息で50分を切ります。

 きぃちゃん、いつも時計をしないで走るんです。体内時計が素晴らしい。
フィニッシュ

 ヨしさん、どうでした? 50分ちょっと。

 Keiseiさん、どうでした? まぁまぁ。
もうちょっと

 バックスタンド前。苦しそう。
戻って来ました

 まだまだ元気そうに見えるEmirin。

 Ikuちゃん、バックスタンド前でも危ないじゃないですか。
フィニッシュ

 Emirin、このコースでは初の10km,疲れましたか。

 Tamaさん、「足が攣ったぁ、いてて」
フィニッシュ

 Ikuちゃん大丈夫?「あ、足がもつれている、おっとっと」

 萬年さん「あ、誰か倒れている。おや?Ikuちゃんでは?」一緒に寝転んであげるね。やさしいでしょ。

 もう、Ikuちゃんは、来年は無理かもね。(^^ゞ
◎完走証

 ネットの記録がない。グロスのみ。

○ 44分45秒 30位
Emirin 57分7秒 46位
参加賞と商品

 参加賞のTシャツ。昨年あたりから生地も良くなってデザインも洗練されてきた。サンリオピューロランドがスポンサーになったから。

 100万円のチャリティで買った商品。半数の人が当たる。○はダメ。Emirinは当たった。
祝勝会(反省会)

 近くの公園に移動しての祝勝会。今年の桜は蕾も膨らんでいない。

 向こうにはTAIHEIとかいう幟を立てた企業から参加のチーム。

 Ikuちゃん、ビールで生き返ります。
今日の飲み物

 参加者は何らかの飲み物を持参するのが普通。前もっての申し合わせは無いのでぐちゃぐちゃ。でもどうせ、飲んでしまえば同じ。日本酒も全部味が違う。どれも旨い、美味すぎる!
暑かったり、寒かったり

 陽が当たるとポカポカ、陰ると寒い。シャツを着たり脱いだりが忙しい。
 桜が満開だと最高なのにな。
 萬年さん、久しぶり(何年ぶり?)でした。
お開きにするよ

 飲み物がなくなったら、お開きね。
 これから、聖蹟桜ヶ丘まで歩くんだよ。げー。


 皆さん、お疲れ様でした。


○のHP