栄光は君に フィニッシュ42.195km

あと2キロ

 「今年はまだ練習回数3回、で走った距離は60キロださすがに30キロ以降は疲れてきたけど、なんとかなるもんだね。」
 いやいや、これを実績にまたもや練習不十分で挑むツッチさんが見えてきました。

 ここでも少しアップダウンがあるんだ。
もうぶっ倒れそうです

 自分の足じゃないみたーい。
 夢遊病者みたーい。
 あっちフラフラ、こっちフラフラ・・・・
有明41キロ

 あと1キロの看板が出ると、また元気になる。応援もすごくなる。でも足は動かない。最後の橋でまたアップダウンが待っている。
もう少し、もう少し

 ほとんど念仏のような呪文を唱えながら、ひたすらゴールを目指す。もう少しでこの苦しい戦いが終わるんだ。頑張れ、頑張れ、と自分を鼓舞する。
ビッグサイト42.195キロのフィニッシュ

 
42キロポストに、フィニッシュと間違うようなゲートがあってビックリ。まだ150mもあるんだよ。
 無事にフルマラソンを完走したランナーがゴールゲートに飛び込む(いや、歩いて通過)光景はみな、輝いている。

 完走メダルフィニッシャーズタオルは本人へのご褒美!
○フィニッシュ   13:31:51(0:13:08)  4:03:13

 あたた、目標の4時間から大幅に遅れた。って、実は40キロ辺りで「無理だ」っていうのはわかっていたけど・・。自分としては、ちょっと恥ずかしい記録である。

 ガックリとうなだれているでしょ。でも写真を撮るのは忘れない。
はい、ゴールです

 1年で5分づつ遅くなっている。
 3年前は3時間42分、
 昨年は3時間52分、
 で、今年は4時間3分、、、
 
 今度参加するときは計算しやすい。バキッ!!☆/(x_x)
ゴール

Keiseiさん 13:38:43

ツッチさん  13:42:52
ゴール

Yasukoさん  13:58:06

Miyaさん   14:18:19
  ゴール

Emirin  14:34:09
ゴール

レンさん   15:03:58

ヲウトさん   15:23:46


みなさん、お疲れ様でした。完走おめでとうございます。
記録



keiseiさん
記録

ツッチさん

Yasukoさん
記録

Miyaさん


Emirin
記録

レンさん

ヲウトさん
東京マラソン大賞は君たちだ

 最後まで頑張ったHONMAのASUMO君。

 更衣室までヨロヨロしながら戻ってきてバッタンキュー。
 本当にお疲れさん、と言ってあげたい。盛り上げてくれましたね。

 ちなみに、十字架を背負ったランナーはこの前にゴールしていました。
  参考


 ○の東京マラソン記録
 今回は最後の落ち込みはなかったが、全般的に遅かった。
 マラソンっ難しいですね。イーブンペースでも遅くなるし。

<<前のページ   Main  後のページ>>
レンさんの日記

そうこうするうち、両太腿にびくびくびくっと痙攣が来ました。
太腿の筋肉が動いているのがわかりました。
そして、じきにまた呼吸の発作が起き、今度は息を吐いて吐いて吐いても、
息を吸うときには「ぜひーーー」っていう恐ろしい音が聞こえます。
息ができない〜、うわー、きつい〜。。。

さすがに声援に応えるどころではありません。
道路の真ん中を人目につかないように、両手で口を覆ったまま歩き続けました。
右手には、大分前にもらった人形焼きをにぎりしめていました。

残り5キロで過呼吸になり、一度復活、残り2キロで再度呼吸困難に。。。
ずーっと、ほとんど抜かされることなく、
気持ちく歩いている人たちを抜かしまくってきたのに、
今度は歩いている人たちにも抜かされる始末。
「あと少しだよ〜」「頑張れ―」っていう声援に首だけ頷きながら、
口を押さえて歩き続きました。
だって、ゴールしたいですもんね。

声援について、
「頑張れ」って言われると辛い、腹が立つという方もいらっしゃいます。
もう、十分頑張ってるのに、これ以上頑張れというのかと。
確かに。
でも、声援している人には悪気は全くないのでしょうから、
レンは頑張れと言われれば、素直に「うん、頑張るよ」って応えるつもりです。
 
でも、「なにやってるんだ」「走れ!」みたいな罵声を浴びせる人もいるとか。
それはあんまりですよね
一応みんな、頑張って走ってきたのですもの。

レンは大抵の応援には喜んで手を振っちゃいますが、
特に嬉しかったのは、ハイタッチしながら、
「ナイスランです」って言ってもらえたことかしら
   何人もの人に、主に若い男性に(あ、若い男性だったからじゃないのよ)言われました。
「いい笑顔ですよ〜」って言ってもらえたのも嬉しかった。
もちろん、「猫ちゃん、可愛い」もね。

ただ、残り1キロで、
「あと1キロで東京マラソン終わっちゃいますよー。
 いいんですかー、もっと楽しんでくださーい」って、アナウンスされたときは、
ムッとしました。
そのころは息が苦しくて涙まで出ている状態でしたから。
うるさい。どこのバカアナウンサー?
余計なお世話

また、その辺りのコーナーを曲がってゴールまであと少しのところで、
小さい女の子に、
「猫ちゃん、歩かないで―。走ってー」って、言われたのもこたえました。。。orz

ごめん、走りたいんだけど、ちょっと走れない
小さい子に言われただけに、余計に辛かったです。

走っている人の心理状態によるのですね、
同じ声援でも、嬉しいときと腹が立つときがある。。。


いよいよゴール間近、大きな派手な「あと195メートル」と書いたゲートがありました。
これは、「あと195メートルくらいは走ってゴールしようよ」ということなのかな?
どうしよう。。。
でも、大分息も落ち着いてきたから走れるかも。。。
意を決して走りました。
最後はカメラに向かって両手をあげてゴール
グロスタイムで、5時間53分。
ネットタイムは5時間40分、17秒でした。

終わった〜。。。
ああ、楽しかった、辛かった、長かったけど短かった

すぐに完走メダルを掛けてもらい、完走バスタオルも駆けてもらい、
東京の水道水と蜜柑、バナナ(全部家で娘に食べられた)、スプレーなどももらいました。
荷物受取所まで行って、荷物も貰う。
どのブースでも、ボランティアさん達が笑顔で、
「お疲れさま」「完走おめでとうございます」って言ってくれて、それもとっても嬉しかったです。

最後になりましたが、本当に大会関係者さんやボランティアの人達、
沿道で応援してくれた人たちには、感謝感謝です
日記でいつも応援して下さった皆様にも、もちろん感謝
本当にありがとうございました



で、終わりそうなのですが、続きがあります。
最後の方は歩いてしまったので、レンは体がすっかり冷えていました。
おまけに呼吸は整わず、足は痛いまま、ふらふらしておりました。
とにかく、早く着替えてあったまらなくちゃ。
ビッグサイトはコンクリート打ちっぱなし、屋内も外気温と変わらず寒いんです。

更衣室まで遠かった!!!
着替えるときも体がかじかんで、素早く着替えられなかった!
もう、足が痛くて痛くて痛いて、歩くのもイヤ!!!

レンが着替え終わった頃、オトさんがゴールしたとメールをもらいました。
それを待つこと数分。
メールで待ち合わせ場所を確認し、足を引きずっていくと、
「顔が怒ってるよ?」
痛くて寒くて、もう、全然笑えない!
家までタクシーで帰りたい!!
<<前のページ   Main  後のページ>>


○のHP