いよいよスタート 足慣らし10km

スタート  9:10

 花火が上がったのでどうやらスタートしたらしい。Kブロックだと開会式の音声も届かない不遇地帯。ヘリの爆音だけがうるさい。

 10分位でHブロックが動き出したので後に続く。まぁ、20分以内にスタートでいれば上出来でしょ。15分ぐらいかかって都庁をなぐブリッジにさしかかる。
開会式会場

 石原知事が挨拶した(はず)の開会式場。スタートポイントが見えてきた。
 ちなみに、スタートしてからここまで18分15秒経過している。

 足元には華やかだっただろう紙ふぶきの残骸がどっさり。後片付けが大変だ。
スタートライン通過  9:28:38(0:00:00) ○のタイム

 ほいほい、やっとスタートラインを通過したぞ。20分まではかからなかった。オウトさんは更に1分ぐらい遅く通過した模様。
 縫うように走るのもしんどいな。
 手元の時計では最初の1kmを6分半ぐらいかかっている。
 応援も半端じゃない。鈴なりの応援だ。できれば30km以降に応援してほしいかも。
HONMAのASAMO

 一瞬ビックリした。実に良くできている。傑作!
 本物そっくり。
 しかし、中に入っているランナーは大変だろう。最後まで走り通せるか?思わず「頑張れ」と声をかける。

 →完走したみたいダヨ(巻末)
5キロ通過  9:56:34(0:27:56)加

 四ツ谷を過ぎた5キロ手前で5:30のペースランナーに追いつく。沢山のランナーが一緒に走っている。お先に!

 5キロポイント。げげ、でカメラが作動しない。「SDカードエラー」が表示された。立ち止まってカードを取り出してプロテクトノッチをON/OFFしてみて再度挿入。お、見事に復活した。けど、看板は通り過ぎた。(^^ゞ
Emirinをパスする

 5キロ辺りで抜くぞ」と言ってあったが、この人ごみの中で探すのは不可能に近い。神保町の7キロを過ぎた辺りで、後方から「コバトン」の声がかかり、ゼイゼイ言いながらEmirinnが近づいてきた。よくわかったな。
今生の別れだ

 お近づきの印に写真を一枚だけ撮ってあげよう。じゃ、あんたも。(^^)v

 よし、これでお別れだ。 タッタッタ。
日比谷交差点で最初のMMX応援隊発見

 9キロ手前の皇居大手門付近には石原知事が先回りしている。

 10キロ手前の日比谷駅近くで、今年もTamaさんとエイちゃんが目立つタオルを打ち振って応援してくれている。ありがとう。近寄っていってご挨拶。先行者2名あり。よし、気合を入れてもらって頑張るぞ!
10キロ手前、日比谷交差点

 黙々とマイペースで進むKeiseiさん。応援の人なんか見つけられないダヨ。

 カメラがあると無条件反射するEmirin。Tamaさんたちの声援をもらって元気が出たか?

<<前のページ   Main  後のページ>>
レンさんの日記


さて、スタートの号砲が9時10分になると、みんなが拍手
いよいよ待ち望んだ時間が始まったのです

でも、あれ?
ちっとも列が動かないんですけど〜。
待つこと数分、ようやく列がのろのろと前に移動始めました。
両側に立つマンションから、子供が「頑張れ―」って声援を送ってくれました。
一斉に手を上げる選手たち、まだまだ余裕があります。
左側からざわめきが聞こえたので見ると、
「ゴールまであと43キロ」という看板が。

まだ、スタート地点まで805メートルってこと??
でも、お蔭で緊張もほどけます。
近くにスカイツリーをかぶった人もいたし。

スタートラインにやっと到達したのは、号砲から13分後
いたいた、都知事! 生で見たのは初めて。
みんなに手を振ってくれていました。
でも、その手前に黒ずくめの人達が何列何行にもなって難しい顔して大勢座っていました。
いったいなんだったんだろう?

なんて、余計なことを考えていたら、時計を見忘れた。
慌ててストップウォッチを00 00に合わせます。


最初の5キロはゆるい下りが続くので、くれぐれもスピード出さないように、
と聞いていましたが、スピードなんて出ません。
この人数ですもの。
前の人にぶつからないように走るので精いっぱい。
しかも、足元にはビニールのレインコートがいくつも落ちているのです。

防寒用に来ていたものを脱ぎ捨てたみたいで。。。
やだ、危ない。
足に引っ掛けている人もいました

市民マラソンが盛んになって、色んな人が参加するのはいいけれど、
それに伴ってマナーの悪い人も増えているそう。
トイレに並ばないで立ち○ョンしたりとか。。。 
そいうのって、許せない。
ビニールコートだって、5`後の給水所にはゴミ箱がいっぱいあるんですから、
持って走ればいいじゃない。
そこまでしなくとも、せめて人の邪魔にならない、
コースじゃない脇に置けばいいじゃないですか、片付けてもらえるそうなので。
ランナーのエゴを、まずは見てしまったのでした
  

でも、じきにそんなことも忘れ、
「頑張れ〜」「いってらっしゃーい」という声援をBGMに、
楽しいランが始まったのでした

ところで、レンはとても弱いです、寒さに
しかも結構あがり症で、かけっこの前や発表の前などにトイレが近くなります。
冬場のレースには非常に不利なのです。
荷物を預ける前に一度トイレに行ったのですが、
寒い中で待っている間にまた、どーも行きたくなってしまいました。。。

5キロに関門があるから、それを過ぎてからトイレに行った方がいいと
金曜日にコース説明で聞いたのですが、
いくらスタートに10分以上かかったって、関門に引っかかるほど遅くないわよ、
と、走り始めて8分位の西武新宿駅近くのトイレに並んでしまったのでした。

ところが、並んでからびっくり。
一つのトイレに10人くらい並んでいたかしら。
一人1分じゃ終わらないでしょうから、かなり時間ロスするわ。。。
なるべく女性の少なさそうな列を選んで並んだのですが、
自分が並んでいる列の進み具合って、すごく遅く感じる。。。
結局、ここで18分ほど時間を食いました。

うそー
トイレから出たら、もう走っている人もまばら
焦ります。
しかも、声援が、「頑張れ、まだ間に合う」
なによそれ〜

人が少ないし、下り坂だったので予定より随分スピードが出たみたいで、
5キロを30分位で走っていたもようです。
予定では平均7分/`で走るはずだったのに、時速1キロペースオーバー

でも、全然苦しくなくて、楽しくて、どんどん人を追い越して、
その調子で9キロまでかっ飛びました (次の5キロは31分10秒)

なにしろ、沿道は人人人。
ハイタッチしてくれる人や声援送ってくれる人がいっぱい。
飯田橋の駅のホームからも、両手を振ってくれる人が見えました
この頃、練習で8キロくらい走ると
いつも右のお尻や左の腰が痛くなってきていたのに、
全然痛くない。
痛くないのは嬉しいですね。

でも、さすがに飛ばし過ぎは良くないと、9キロ過ぎからスピートを落として、
給水ポイントでは必ずコップ1杯の水を歩きながら飲んで、走り続けました。
<<前のページ   Main  後のページ>>


○のHP