Peiさんの予定を聞くと、檜洞丸と大室山だった。いや、それはちょっときつすぎるので檜洞丸だけにしてもらった。雨は明け方まで残り、テントはぐっしょり。起きるのもいやになったが、天気はよさそうである。
 キャンプ場から現地まで38kmもあり「ありゃ」と思った。道々から見える富士山は真っ白な雪を被っている。
 日 時:2011年5月4日 みどりの日  
 山 名:檜洞丸(標高1,601m)   気温20度 
 参加者:PEIさん、◎

  檜洞丸MAP

 神ノ川ヒュッテをベースにした周回コース。神ノ川ヒュッテ→ヤタ尾根→熊笹の峰→檜洞丸→熊笹の峰→犬越峠→神ノ川ヒュッテ

 実質歩行時間6時間ぐらいの初中級コース。
  神ノ川ヒュッテ

 神奈川県といってもすんごく山奥。国道413号から分岐してから10km近く走ったのではなかろうか。
 先に着いた車が5台ほど路上駐車をしている。後方にも駐車スペースは沢山あるが、今回は初めてなので安全を期してヒュッテに有料で停めさせていただく。
 (結果としては、うちら一台だけだったけど)

神ノ川ヒュッテ直営キャンプ場

 着いてみると、キャンプ場がある。しかも5月連休というのにガラガラ。あらぁ、もしかしてここはキャンプ場の穴場だったんだ。登山(散策)以外の人は来ないみたいだから、解っていれば最初からここにすべきだった。
 トイレも水洗できれいなトイレが完備。いうことなし。次回はここにしよう。
登山口

 まっすぐ行けば姫次となっている。大室に向かうコースだろう。ここからいきなりの急登になる。下りが極端に弱いメンバーがいるので上りにこちらを使う。1kmの直登で、林道を横切り後はブナ林となる。さぁ、頑張って2時間半登るぞ!

 Yumeさんの工程とは逆回り。
新緑だ

 
林道を横切る頃には汗が噴出してきたが風が心地よい。熊笹の峰まで半分ほど来た。まだまだ・・。
ブナ林

 この山は本当に花が少ない。もうちょっとはあってもいいんじゃない?ブーたれていたら、初めてのミツバツツジが迎えてくれた。後にも先にもこれだけ!

 腹減った。落ち葉の上に座り込んで行動食を補給。晩秋のような景色です。(笑)
ブナ林

 
面白いブナの木があった。左は木が木を支えている。復興支援みたいだ。
 右はコブコブがすごい。
熊笹の峰

 やっと稜線にたどり着いた。ふぇ〜、きつかったぁ!運動不足じゃ?

 ここまでくればもうらくちんだろう。(甘いか?)
  富士山は隠れてしまった

 道志からは雪を被った真っ白な富士山が見えていたので写真も撮らなかったが、ここまで登ってきたらすっかり雲に隠れてしまった。やっぱり1富士山を見たけりゃ10時半までが勝負なのだ。

 気を取り直して再出発。
ここからはルンルン

 花発見。本日2種類目。(少ないのう)

 なんだ? コイワザクラ とかいう花かな。北海道のサクラソウみたい。
アップダウン

 コバイケイソウ(バイケイソウとの差が不明)が大きくなりつつある。大きくなーれ、大きくなーれ。

 可憐な花発見。キクザキイチゲ?とでもいうんだろうか。アズマイチゲより2回りほど大きいかも。

階段

 山頂直下は急な階段になっている。雲が湧いていなければでっかい富士山がデーンと見えるところだろう。
キクザイチゲ

 今度は白だ。

 地元の方が設置してくれた看板。親切ですよね。

檜洞丸山頂   標高1,601m

 山頂はやや広いが展望なし。山頂には30人ぐらいの人が休んでいる。ほとんどの人が弁当を広げている。僕たちの昼食はラーメン。昨日はうどんだったなぁ。
神奈川県側から登ってきた人が「3時間半」かかったと言っている。そんなもんでしょう。おもむろにアンテナを組み立てて電波を出し始めた。50MHz帯のようだ。「31のレポート」を平気で出しているよ。でも、コールはJA1***だった。おぉ、OM!

ラーメン食べ終えたらさっさと降りようか。
  山ボーイ現る

 トイレは150m先の青ヶ岳山荘を利用する。チップ制になっている。

 え?もしかして山ボーイ? あぁ、ビックリしたぁ!いるんだね「山ボーイ」。同行者は山ガールだった。当然か。
帰路

 
熊笹の峰までは往路に同じ。途中にはやせ尾根があった。
春霞

 
熊笹の峰を通過して犬越路に向かう。向こうは大室山かな。途中、マメザクラ(富士ザクラ)が咲いている。この後も富士ザクラは数本見る。
楽しい鎖場

 
何箇所かある。女性のグループがキャーキャー喜び?ながら降りてくる。

 鎖場にもコイワザクラが群生しているところがある。写真どころではない人もいるけど。
犬越路

 峠に隠れるように避難小屋が建つ。まだ新しく快適に過ごせそう。中を覗いたらすでに6人ぐらいが場所取りしていた。トイレ完備(ただし使用後袋持ち帰り)だし、利用価値は高そう。冬場はねらい目だな。
犬越路

 昔の人はこんな峠を越えて次の目的地にいったんだ。

 ここから、大室山経由で戻るとヘロヘロになりそうなので、今回はここから登山口に向けて降りることにする。あぁ、富士山は最後まで見えなかった。
東海自然歩道になっている

 
このルートは東海自然歩道の一部となっていて、看板がどんどん出てくる。登山道も整備されている。

 もうすぐシロヤシオが咲くんだろうか?

 半時でヒュッテに到着。お疲れさんでした。
 ビールビール・・・。

今日はこのまさわキャンプ場

 ちょうどキャンセルが出て予約できた。が指定の位置に行くまで道幅が狭く、急な曲がりで車が3回もガリガリとやってしまった。二度と行かないことになるだろう。
 風呂は近くのいやしの湯に行ったが、芋どころかどこも洗えない大混雑。70人待ちとか・・。意地で体を洗ってきた。
 今日の夕食はキャベツ(100円)がメイン。やっぱりビールと焼酎が食費の大半。
キャンプ場の朝

 この時期は蚊がいないので快適。多少寒いくらいがいいね。冬用シュラフでぽかぽかだし。
 遊びのキャンプ場なので6時過ぎてもまだ静か。今日は予備日だけど、筋肉痛なので引き上げることにする。



Home