〜其の十一〜  戦前の腹ごしらえ  


富士パインズパーク 2010年9月4日 12:15

 北口本宮浅間神社のすぐ上に広がる
何もない公園。標高約900m。公園内には赤松が目立つ。

 人工物がないのがなんともいい。弁当を忘れた人は指をくわえて(食べてはいけません)見てなさい。
 
♪♪この木何の木♪♪似てそうで・・・

パインズパークHP
小川を挟んだ日陰で昼食

 外で食べるお弁当はうまい。
 小学校のとき以来?

ロク:「足ば水につけると冷たくて気持ちヨカ〜も」
あれ?アルコールなし?まさかね

ホリ:「いつでも飲むなんて思い込まないでよ」
ヨシ:「ヨシの漬けたラッキョウどう?」 「うまいです」
Keisei:「これ浅漬けみたいですよ」
ペイ:「まさかのアクエリアス飲み。信じる?」
あ、ここで飲んでる

ツッチ:「我慢して飲まないもんね」
Tom:「高級ワインみたいだよ。おいしいよ」
○:「え?ここに置くと、まるで○が一人で飲んでいるみたいじゃないですか。やばい。」
ロク:「飲みたいけどなぁ、、、我慢しよ」
ジュリー:「さっさと飲みましたよ」
デザートつき

Yumeさん:「舞茸ご飯だよん。おいしいです。」
えいちゃん:「デザートに梨でもどうぞ。はいTamaちゃん」
Tamaちゃん:「やったぁ。ワインもうまいけどね。」
ガミ:「コンビニ袋がばれちゃうな」
Mizo:「おにぎりいっぱい持ってきたよ。」
日陰は涼しい

 標高900mの日陰だけあって涼しい。
ソウ君:「あれもこれも食べたいのに、お母さんったら」
りょこさん:「もう大変なんですよ、遊び盛りで。」
ゆうこさん:「でしょう?でもこうやって一緒に富士山に登るって決めた勇気はすばらしいと思いますわ」

オカちゃん:「いつも裸足だから5本指靴下でも蒸れるよ。あははぁっと」
なんか暗くね?

 木陰の奥のほうに入っていって寂しい二人。
Nick:「私ね、パソコンが調子悪くてMLに入れてもらえないんですよ」
イナポン:「え、それはまずいでしょ。修理は我社にお任せ下さい。スポット対応で出張いたしますので」

Tom:「ワイン飲んだカップはここで洗おうっと」
ペイ:「もうワインないの?」 (出た!!)
Yumeさん:「デザートの〆は○○」 (甘そう)
いやぁ、食った食った

 こういうときは自分の弁当(おかず)より他人のおかずがうれしい。回ってくるものについつい手が出る。

 そろそろお腹いっぱいになってきました。
 さて、何やって遊ぼうか?おにごっこ?
ボチボチ片付けますよ

 食事が終わったら出かけますので、そろそろ片付けて下さい。

ペイ:「え、もう飲ませてくれないの?」
○:「だめぇ」

 ホントに何もない公園でしょ?

広場のほうでも

 大きな木の下で弁当を食べた人もワイワイガヤガヤ。
ヒデ:「おめぇよ、ことしもしっかり登るんだぞ。お父さん、面倒みねぇかんな」
あっちゃん:「まかせてくんな、こう見えても芯は強ぇんだから。」
たくや:「おぉ、たくましくなったねぇ。」
さいちゃん:「ここ、広くて気持ちいいよ」
おのおのがた行きますぞ

コミヤン:「いよいよ富士山に登るのね。足が地に着かないわ」
ツッチー:「大丈夫、いつもの平常心で行こ」

”脱”七合目の女:「はぁ、食べ疲れしちゃった」
せいやん:「富士山は食べないと登れないんだよ。」
富士山5合目に向けて  13:00

 バスはいよいよ富士山5合目に向かう。鋭気を養うために、バスの中では寝てもらうか。
 約50分、お休みなさい。

富士スバルラインゲート
 「特大型」は5,500円。明日は迎車になるのでタダだと読んだが、その特典は8/31で終わりだという。ええ?そんなの聞いてないよう。痛い出費だ。
  富士山メロディポイント (不通過)

 スバルライン手間では「ふじの山」メロディーが聞こえてくるポイントがある。下見の時に感激した。仕組みは、道路の表面に横方向溝を設置することで、車両が通過する際のタイヤと舗装との間に発生する走行音によりメロディーを奏でるようになっている。時速50kmが最もキレイなメロディーになるって。
登り線 第1章節から第2章節(約20秒)
(前半) ♪あたまをくもの うえにだし しほうのやまを みおろして〜♪
下り線 第3章節から第4章節(約20秒)
(後半) ♪かみなりさまを したにきく ふじは にっぽんいちのやま♪
・・・・・・・・・・・楽しみながら行こう

戻る


  ○のHP   2009年以前