豪雪で知られる立山室堂の春は「立山黒部アルペンルート」の開通で始まる。2010年の開通は4月17日(土)であるが、開通前に工事の進捗状況を見る一風変わったツアーがあったので参加する。やっぱり変人の部類かなぁ?
 除雪作業は3月上旬から始まり約50日かけて標高2,450mまで除雪してバスが走れるようになる。除雪して出来た雪の壁を「雪の大谷」と呼ぶ。降雪量により壁の高さは異なるが約15mぐらいの高さである。
 日本一の高地にあるホテルに泊まる贅沢三昧。あわよくばテント持参で参加させてくれ〜・・・。

 日時:2010年4月10日(土)〜4月11日(日)        晴れ/曇り マイナス5度 ザラメ 
 場所:立山・室堂周辺 標高2,450m
 コース:さいたま新都心 − 長野IC − おぎのや − 扇沢 − 黒部ダム − 大観峰 − 室堂 (往復バス他)
 ◆参加者:◎  総勢43名

道中あれこれ

 埼玉新都心集合。今回のツアー名は「クラブツーリズムさいたま小島チーム」という。集合や乗り物案内の呼び出しはすべてこの名前。バッチの色は「青」。ちなみに千葉からの同じ会社のツアーも出ており、こちらのバッチの色は「赤」である。間違えないように。

 横川SAで休憩。途中、花園あたりまで20kmの渋滞があり、扇沢のバス(13:00)に間に合うかどうかが心配されたが、以後渋滞は解消され予定通りバスは走る。
おぎのや(長野)

 長野ICに程近いところに「おぎのや」(峠の釜飯で超有名なお店)がある。そういえば佐久ICの出口にも、関越道の登り車線にもあるぞ。横川駅が終着駅になって斜めになるどころか、あっちこっちで大繁盛。どういう戦略で事業拡大できたのか?

 ところで、犀川の土手に上がってみたら、長野マラソン(4月18日)の看板が出ていた。この道路を走るの?ちょっと狭いんじゃないの?
 国道にも同じ看板があった。雪山を眺めながらのマラソンって最高に気持ちいいだろうなぁ。だから、長野マラソンは人気が高いんだろう。
車中から

北アルプスの山々
 ・鹿島槍ヶ岳
 ・五竜岳
 ・爺ヶが岳
だと思うが・・
そば蔵

 
帰りに寄った「そば蔵」で面白い体験をする。
 ・ベルトコンベヤの両側に、汁と箸を持って全員を並ばせる
 ・「今、ゆでていますので2分間お待ち下さい」
 ・その間に、店員がやおら商品の説明を始める
 ・まさか、この商品をコンベアに乗せるのではないだろう?
 ・「200円×4袋、汁300円を合計1,000円でいいです」

 ・蕎麦ゆであがり。コンベアに流す
 ・「まだ手を出さないで、、、ハイ」
 ・バクバク
 ・あっというまに食いつくし。恐るべしツアー客

 ・そして、1,000円でお土産に蕎麦を購入。

 やっぱりなぁ、、、、、タダじゃ帰してくれないねぇ。
 

 

/4

 アルペンルートへ


○のHP