関東地方は桜が満開。風が吹けば花吹雪。吉川のスタート時点の気温は14度、湿度41%とちょっと寒いけどまlまぁのコンディション。少し風はあるものの、さほど影響はなさそう。いっちょ、記録でも狙うか。
 膝の調子も別に悪くはない。
 日時:2010年4月4日(日) 9:00(ハーフ)、9:50(10km) 曇り 14度 湿度41% 良馬場 
 日時名:第15回吉川なまずの里マラソン
 ◆参加者:(ハーフ)フレディさん、モッチさん、ともちゃん、とちゃん、埼玉のべごさん、○
        (10キロ)TAMAさん、Emirin
        (応援)ツッチさん                    総勢約6,800名

会場に到着

 例年車で会場入り。がっ、○の車がトラブル。なんとエンジンがかからない。3ヶ月も乗らないとバッテリがあがっちゃうのかね?車を持って30年間で初めてのトラブル。
 急遽チャリで現地へ。約30分チャリでぶっ飛ばし、冷や汗と一緒に脂汗もかきながら会場入り。

 間にあったぁ。ふ~・・・。一時間前(8:00)着
陣取り

 先についていた、応援のツッチと、やはりチャリできていたモッチ&ともちゃんが場所を確保してくれていた。
 2年前まで使っていた女子更衣室は完全に女性専用になっていて、親族でも男性は入れてくれない。トラブル中(忘れ物を渡したい)。そこまでしなくてもねぇ。

 だから、テントを持参している。
お着替え

 フレディさんも到着してお着替え。○も余裕が無い。着替えるので精一杯。受付を頼む。

 ウォーミングアップはチャリで済ませてきて良かったぁ。

 ハーフスタートまで20分を切った。
 例の場所にも行きたいし、、、、(1010)
10キロ組は余裕です

 
スタートが9:50なので、まだ一時間以上ある。ゆっくりと名簿などを眺める余裕がある。

 あとで、スタート位置まで写真撮りに行ってあげるからね。上着も直前まで着ててもいいよ。
 こういうときはサポートのありがたみがわかる。
  開会式

 
 お着替えの最中に開会式は終わってしまった。
 ストレッチとかはないみたいだったな。

 今年は、ナマズマンがいないので寂しい。



まずはハーフの部

 
時間が無いから先頭のほうから覗いて見る。えっと、ここはまだ1時間20分台の位置か。つことは次の1時間30分台のところに入れてもらおうかな。「あい、ちょいとごめんよ〜」

 既にスターターが所定の位置についている。
フレディさんは

 まじめに1時間40分台の先頭に陣取っている。
 今日も浦和レッズのレプリカ着て走る。今日はYAMADA34のユニフォームだ。速そう! レッズは地元だから、沿道からも沢山の声援をもらえることだろう。
今日の目標タイムは?

 「そうねぇ、2時間を目標に走ります」

 ともちゃんと2度目のハーフ。トータルでも3回目のマラソン。モッチさんに引っ張ってもらいます。
スタート直前カウントダウン

 整列の間隔が狭まり、前に詰める。あと20秒ぐらいでスタートかな?あ、時間合わせるの忘れた。

 ゼッケン149番今年のTシャツを早速着ている。
吉川なまずの里マラソンコース紹介

 全般的にフラットなコース。アップダウンは14キロ地点の野球場だけ。ここだって1mくらいの高低差があるだけ。昨年から田舎の匂いもなくなって春の草花の匂いだけ。、風さえなければ間違いなく自己ベストが狙えると言われているコース。もしかしたら距離は?との疑いがある人、計って見て。

 途中でコース幅が狭くなるところがあり「追い越し禁止」制限があるんじゃ?と思うところもあるが、さほど気にはならない。
 応援の太鼓も2ヶ所は確実、その他個人で太鼓をたたく人や名物人間「なまず人」もいるよ。
スタート

 9時ちょうどかどうか知らないが、号砲がなってトップ集団が飛び出していく。ちゃんと白バイが先導車になっている。

 むっちゃ速そうなフォーム。たぶん1時間10分台でゴールするんだろうな。
動き出した

 ゆっくりスタート。○が行く。

 と言っても、○の場合は15秒ほどでスタートラインを跨いだようだ。電子計測の「ピー」という音が鳴らないので、このコースはネット計測はない。グロスで勝負!となる。
フレディさんが行く

 
続いて、フレディさんが行く。大集団の中で大変かも。
モッチとともちゃん

 仲良くゴールするんだよ。泣いても、引っ張られるからね。

 後の頭は「英検合格」って書いてなかったっけ?
  1km LAP 4:30 Split 0:04:30 (計時は手元)

 
肘をぶつけ合いながら桜通りに出るとそれはもう桜が満開で、思わず花見したくなる。約1kmも桜並木が続くのだ。

 まだマイペースでは走れない。でも、マイペースってどんなペースだろ?
2km  4:18  0:08:48

 桜通りから県道加等・平沼線に入る。沿道の商店や企業から外に出てきて声援を送ってくれている。アリガタヤ。

 たまに向こうから車が来るので注意しないと。

 ちょっとぉ、ペース上げすぎだよ!
  3km  4:23  0:13:11

 だんだん体が温まってきた。手袋を片方だけ脱ぐ。アームウォーマーを下げる。知っている人がいるわけではないので淡々と。EXERMUSICを聴きながら。ピッチが合わない(音楽より速いピッチを刻んでいる)けど。

 ゼッケン683番のランナーは、青梅マラソンのシャツ。この先10キロぐらい前後しながら走ることになる。
  4km  4:15  0:17:26

 巡航速度(キロ4分30秒)に近づいてきたのか、極端な追い抜きがなくなってっきた。たまに、すごいスピードで抜いていくヤツもいるが、そういうのは無視して巡航速度でいく。

 この先で、10キロコースは左に分岐していくのだ。近くてイイナァ。
5km  4:22  0:21:48

 5km手前の畑沿いに国旗が並んでいる。F1出場国と錯覚しそう。

 旗を過ぎるとすぐに5kmだった。この先で県道ともお別れし、いよいよ吉川らしい農道に入っていく。
  6km  4:37  0:26:25

 5kmを過ぎたら、最初の給水所。できれば水以外が欲しいが、この大会は水しかないみたい。

 民家の軒先で華麗に咲き誇っている桜とか、鮮やかな芝桜に癒してもらいながらゆっくりと進む。ちとペースダウンしすぎかも。
  7km  4:18  0:30:84

 両側に田園が広がる。横風が気になる。係員もどっかに行ってるんじゃない?
 ゼッケン2735番のランナーはずっと○の前を走っているよ。一旦抜くけど、写真撮ってるとすぐに抜き返される。アチャー。
  8km  4:22  0:35:05

 自宅前で太鼓を叩いて応援してくれるオジサンを撮り損ねた。「いつも有り難うです」って、心で声をかける。

 どこに向かっているのか解らなくなってきた。確か、この先の交差点はにぎやかなんだよな。
  9km  4:18  0:39:23

 10人ぐらいの昔ギャルに手を振りつつ、地元の太鼓囃子を聞く。体育館のトイレ誘導があるが、拒否。

 再び田園風景が広がっていい感じ。音楽からも「大きく息を吸って」とタイミングもばっちりだよ。
  10km  4:20  0:43:43

 あれ?以前の10キロ表示と少し場所がすれた?
 それと、以前は黄色の旗で距離表示されている箇所があったが、今年は全部白に統一されたみたい。非常に見やすくなったニャン。

 中間点を46分17秒(4分23秒/キロ)で通過しちまっただ。○の実力不相応のオーバーペースは明らかぞ。この分だと後半は大幅にペースダウンしそうだ。シラネゾ。
  11km  4:32  0:48:15

 中間点を過ぎると、右手に江戸川の堤防が見えてくるので視界が良くなる。黄色い花(菜の花?)が一面に広がっていて気分爽快。そうやって気分を紛らわせないとダラダラとペースが落ちてくる。そうでなくても、明らかにペースは落ちているのに。
  12km  4:11  0:52:26

 子供がでかいカードに名前を書いて大声援を送っている。名前を書かれたランナーは(ここだけは)しっかり頑張るんだろうな。
 おばちゃんも旗を打ち振って応援してくれる。39ね。
  13km  4:32  0:56:58

 広い農道に出るが、ここはいつも向かい風をまともに受けるところ。ずっと直線で遠くまで見渡せるので、意気消沈するところ。
 隣を並走する女性と競い合いながらなるべくペースを落とさないようにするが、写真を撮っているうちに先に行かれちゃった。悔しいなぁ。
  14km  4:27  1:01:25

 野球場をぐるっと回って戻ってくるランナーとすれ違う唯一の場所。トップグループはすでに見えない。
 野球場の外周は桜が満開。花見には絶好の場所だ。

 給水の水を落としてしまい、あわてて戻ってもう一度カップを取る。かわいいロス。
  15km  4:35  1:06:00

 知り合いとすれ違うかな?と思いながら走ってくるランナーに注意したが、知り合いを見つけ出すことは出来なかった。越谷MCのユニフォームを何人も発見。前にいる越谷MCの人が挨拶しながら走っている。いいなそれ。

 だんだんと苦しくなり、いつもペースダウンする場所。ゼッケン2735番はまだ○の前を走っている。○より明らかに年上だと思われるが負けた。
 いつもは、この先で小学生のブラバンが演奏しているのだが、今年はいない。
  16km  4:35  1:10:35

 だんだんと疲労が蓄積してきて、ストライドが伸びなくなる。ピッチを上げて挽回しようとするが、ピッチも上がらない。もう、疲れたよ。
 頑張って、先を行く女性を抜くが、その先にはとどかない。

 チョコレートを差し出されたが、もらい損ねた。残念。腹減ってきた。
  17km  4:35  1:15:10

 この地点は毎年国旗を振って応援してくれるおじぃちゃん・おばぁちゃんがいるところだ。しかもおじぃちゃんは軍服を着て立派なヒゲを蓄えて・・・・
 ありゃ?今年はなんか変だよ。軍服着てない。「吉川名物なまずマン」って書いてあったような。ちゃんと覚えてない。
  18km  4:31  1:19:41

 同じようなペースで惰性で走っている感じになる。あと3キロ我慢すればビールが飲めるかと思う反面、あと3キロも走らないといけないんだ、とがっくりもする。早く楽になりたいなぁ・・・。応援ゼロ。
  19km  4:32  1:24:13

 ペースはとっくに4分30秒を切れなくなっている。せめて、4分台は維持したいな、でも疲れたな。休めば〜、と悪魔のささやきが聞こえてくる。

 突然「ラスト2キロ」の声で、はっと我に返る。同じようなペースのランナーについていこうっと。
  20km  4:39  1:28:52

 10キロのランナーと合流する。白いゼッケンが10キロのランナー。交差点でEmirinnが声をかけてきた。え?なんでここにいるんだ?うわっ、ビックリ仰天。「お、お前もガンバレよ〜」と声を返して寸秒で別れっち。

 間髪をいれず、残り1kmの標識が出る。よーし、ロングスパートだ!
 行けぇ〜、、、自分を鼓舞する!100mも持たない。
ゴール(21.0975km)  4:41 1:33:33

 10キロのランナーもいるから何人抜いたか解らない。足の回転と腕のフリがメチャクチャ。♪腕を振って足を上げてワン・ツー・ワン・ツー休まないで走れ〜♪

 公式記録は1時間33分49秒自己ベストだ。やったぁ。「51位です」と言われて、「ラッキー賞外した」

ハーフの記録

 足がつってる。いつもそうだけど、指先がつって痛い。
 記録証の発行はスムース。数分も待てば即発行。

 フレディさん、とっちゃんも無事にゴール。

 ○が張ったテントの近くに掲示もしてある。一応確認。

続いて10キロの部

 ハーフがスタートしてから50分後に10キロがスタートする。ゴールが一緒に時間になるが、運営としては大幅に時間短縮が図れ、非常にいいことだと思う。他の大会も見習うべきだ。
10キロスタート前

 軟弱者二人。
 でも、スタートした途端に性格が一変し、自分の走りに徹するのである。
今のうちに買い出し

 応援隊のツッチは、ランナーを送り出したら「ヒマ」

 そこで、恒例の。「なまずのたたき」を買う。だいたい早い時間で売り切れるんだ。そんなに美味いとも思わないけど、つい食べちゃう。
戻ってきた。

 
TAMAさんを見つけられず。
 EMIRIN発見。快調そうじゃん。
10kmの記録

 前回よりも3分ほど記録が落ちているように見える。
 TAMAさんは先週、雪の会津駒ケ岳に行ってきたから天罰が与えられたのじゃ。

 EMIRINは走り込み不足。
表彰式

 おれっちには関係ないな。
 ラッキー賞もないみたいだし。

 さ、早く帰って反省会やろ!
えっちら、ほっちら

 越谷の自転車部隊は、桜を見ながら30分かけて戻ります。

 「ビール」「ワイン」「焼酎」「日本酒」ブツブツ・・
  そいぎ、また来年ねぇ。


 吉川のゆるキャラ「なま坊」が来年も待ってるよう。
 来年は4月3日ですよ。って、もう来年の集客してるよ。

(参考)
 ○のハーフ記録

 左記の通り
 ○:5キロ平均4分26秒
 ○:前半平均4分23秒

 ×:後半平均4分29秒

 
 そんなとっかなぁ。
 
最後に、今年のお土産dasu


 左:Tシャツ----デザイン、色、素材グッド。満点!

 右:アカマメ----おつまみにどうぞ。 バキッ!!☆/(x_x)


                              END


○のHP   ブログ該当日  昨年の記録  その前