昨年に引き続き2回目の参加となる。筑波山の裾野に広がる広大な大地を舞台に繰り広げるさわやかなかけっこ。筑波大学の敷地も広い。こんな自然で研究すると何でも世界一になれそうな気がする。
 この大会は毎年「河口湖マラソン」とぶつかって人気を二分していたけど、今年は1週ずれている。まぁ、昨今のマラソンブームにゃ、集客にも事欠かないか。
 日時:2009年11月22日(日) フル  小雨後曇り  スタート時7度 
 レース名:第29回 つくばエコマラソン
 参加者(同行者):MOCCHI、○、Emirin、(WADAさん)、Keiseiさん、(マチャアキ)

つくばエコマラソンコース

  
高低差がほとんどなくほぼフラットなコース。立体交差するところが2カ所(往路復路)あるが、なんてことはない。ただ、車も一緒に走っているのでちょっと恐い。片側2車線のうち、1車線を走る。参加者の割に通路が狭いので、追い抜くのが非常に大変。反対車線に飛び出すと交通事故が待っている。
 今年から、コースがちょっと変わって、38キロあたりから2度目の折り返しに向かうようになった。

 それでも、黄葉の並木道は綺麗だし、ぎんなんがどこからか転がってくる。う、臭う?
つくば駅から会場に向かう。

 つくばエクスプレスが通勤快速なのだが、途中の筑波研究学園都市に臨時停車する運転となる。そこからバスに乗ればいいのだが、つくば駅から徒歩30分(案内書には20分と書いてあるがちょっと無理)で会場に着くので、ウォーミングアップをかねて(いや、お金がないから・・)歩くことにする。

 途中、学生寮らしい建物の中をショートカットするが、半分ぐらいは入居者がおらず、廃虚と化している。かなり危ない。
会場に到着
 
 
会場は筑波大学のグラウンド。広大な敷地に建物がどっちゃり。環境には恵まれすぎているような気がする。

 この奥(右側)の森の中にテントを張って、ベースにする。雨が降りそうだからフライシートも張る。
 ただ、後で思い知らされるが、この位置はゴール後の一歩通行で横断できなくなる不便な場所だった。来年からは左側に張ることにしよう。
  受付

 ナンバーかカードが到着しなかった愚妻は、総合窓口へ。どうやら誤配されたらしくメール便が宛先不明で戻っている。よく見ると、住所が違っている。フン!

 その後、長蛇の列に並び、参加賞(エコバッグ)とドリンクをもらいやっとテントで着替え。ウォーミングアップする時間がほとんどない。
 トイレは到着後すぐに足していたので、後は男子小用専用で済ませる。寒いので途中で行きたくなるかな?
いざ、出陣

 越谷から参加したいつもの4人組。Wさんが急にDNSを決め込む。先週は越谷レイクタウンランニングで元気に走っていたのに、どうしたん?その前の手賀沼でもDNS。ここんところ走らずに負けているぞ、エントリーフィーがもったいない。

 スタートはエントリーナンバー毎なので、ここで各位の健闘を誓ってお別れ。
 寒いので、まだ上着を着ている。雨が降りそうなのでゴミ袋もかぶっている。
スタート地点へ

 
偶然にもマチャアキ発見。数少ない同期なのだが、ことマラソンにかけては足下にも及ばないくらい速い。やっぱ、クラブに入ってちゃんと練習すると速くなるみたいだ。ちなみに目標タイムを聞いたら「10分ぐらいかな?」だって。まぁ、サブスリーと言われなくてよかった。気合いの入れ方も違う。ランパン・ランシャツだもん。

 お互いに、写真を撮ってお別れ。マチャアキはほぼ先頭集団から2番目の集団からのスタートだから、レース中は会うことないか。
スタート地点

 
○は5千番台の最後尾までやっとの思いで戻る。後ろは6千番台のランナー。ということは、12,000人の参加者として、ちょうど中団からのスタートとなる。
 スタート地点が見えない。スターターはつくば市長に代わり丸山弁護士だそうだ。

 9時半、号砲が鳴ったみたい。全然動かない。丸山弁護士がマイクでずっとしゃべっている。「実は、俺も走りたかった〜」 「おい、ガンバレ」「はら、ほら」
スタート

 
歩道と車道の境界に張ってあるテープ。歩道からコースに割り込んではいけない、という印だがどんどん入ってくる。

 号砲から4分過ぎ、やっとスタート地点まで動いてきた。すでに6,000人のランナーが前を走ってるんだろうな。

 さて、今日の目標は「とりあえずサブ4」。膝が本調子でないのが理由。いつ痛くなるか解らないので不安。
  丸山弁護士

 軽快にマイクを握ってしゃべっていたが、ついに
 「おい、まだいるのか」「列がどこまで行っても切れやしない「もう、疲れた」と言い出した。
 で、手を挙げるだけに変わった。まだ後ろには半分いるんだけどな。

 「じゃ、行ってきマース」 バイバイ

 カッパを抜いてポーチに入れる。ウォークマンを出して装着。カメラはカメラバッグ。
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
1 0:05:34 0:05:34 0:27:56 0:05:35
2 0:05:40 0:11:14
3 0:05:40 0:16:54
4 0:05:37 0:22:31
5 0:05:25 0:27:56
  5km通過     0:27:56(以下、○の手動ネット)

 超スローペース。というか、道一杯にランナーがいるので抜こうにも抜かせてもらえない。みんあイライラしている。戦闘状態。何度も腕をぶつけられるし、靴は脱げそうになる。
 すぐに、雨が降り出してきた。カメラだけは濡らしたくないので後ろに隠す。ウォークマンは防水仕様じゃないからやばいな。まだ無償修理期間だから強引に言えばOKか。

 4kmまでは5分40秒ペース。まずい、このペースだとサブ4になれない。膝の状態も不明だけど、どこまで記録が落ちるんだろう? 最初の給水は、もちろんアミノバリュー。今回もほとんどの給水所で補給するんだ。
立体交差

 
昨年までは復路のみ、ここを通過したんだが、今年は往路でも立体交差。まだ元気だからいいけど。歩道に上がって手を振るも誰も応えてくれず。そうか、自分のことで手一杯なんだな。道路が雨で濡れているから慎重に下る。滑って転んだりしたら大変なことになる。最悪、踏んづけられるかもね。

 あら、左足に違和感がある。う、この感触は、、、もしかしてマメができている。予防に絆創膏を貼って、しっかりボルダーしたのになぁ。やっぱりシューズが合わなかったか?
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
6 0:05:17 0:33:13 0:26:28 0:05:18
7 0:05:19 0:38:32
8 0:04:56 0:43:28
9 0:05:30 0:48:58
10 0:05:26 0:54:24
  10km通過     0:54:24(スプリット0:26:28)

 心持ちペースアップをしたいなぁ。ランナーの間を縫って前に出る。結構疲れる。8kmのラップが4分台になった。あれ?表示ミスじゃない?そんなにアップしてないはずだよ。案の定、9kmラップが悪くなっている。きっと表示ミスに違いない。2車線の右側を一般車が追い越して通過するのでちょっと危ない。
 10kmが54分台?うひゃぁ、やっぱりサブ4ギリギリのペースかな?ヤバイゾこれは。
 
 ここらは、男性諸氏のチン列がすごい。注意するのも疲れるほど、チン列の行列。主催者はもっとマナー向上とトイレの設置を心がけてほしい。女性ランナーに失礼だ。○は後ろにもナンバーカードつけているのでみっともないまねはしません。
銀杏並木

 12km付近。両脇が黄色に色づいた銀杏並木に変わる。ここららもっとも気に入っている風景。筑波山は右手後方なので進行方向には見えないが復路では見ることができる。選手もばらけてきて、ようやく自分のペースで走ることができるようになる。

 が、最初からのスローペースをここに来て一気にあげることはもうできそうもない。ちんたら道中。
 
 反対側の34kmエイドステーションには、唯一の「お汁粉」看板がある。どうしようかな、と往路で悩む。
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
11 0:05:33 0:59:57 0:26:30 0:05:18
12 0:05:14 1:05:11
13 0:05:15 1:10:26
14 0:05:11 1:15:37
15 0:05:17 1:20:54
  15km通過     1:20:54(スプリット0:26:30)

 ペースが比較的安定してきた。どうやら、雨も収まって曇りになってきた。天気予報は午後から雨なので、そのうちにまた雨が落ちてくるのかな。
 特に変わったこともなく、淡々とペースを刻むことに専念。幸いなことに膝はまだ大丈夫そうだ。応援の人垣も少なく田舎の雰囲気がある。
16km付近でのすれ違い

 トップ集団が折り返してやってきた。先導の白バイよりも先にランナーが一人。「筑波大学」のユニフォームだ。
 その後方から先導者に従って4人の集団。○なんか立ち止まって「ガンバレ」って応援しちゃったよ。にこりともしないで通り過ぎて行っちゃったけど。

 その後、18km地点でマチャアキとすれ違う。え?ということは5kmも離されているってこと?うわ、参ったね。また馬鹿にされるか。
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
16 0:05:07 1:26:01 0:25:18 0:05:04
17 0:05:06 1:31:07
18 0:05:07 1:36:14
19 0:04:57 1:41:11
20 0:05:01 1:46:12
  20km通過     1:46:12(スプリット0:25:18)

 自分ではペースアップしているつもりはないけど、無意識のうちにアップしたみたい。折り返してくるランナーを見ていると、「俺だって、そのくらいの走りはできるぞ」って気になる。

 まもなく折り返しだ。折り返しには沿道にたくさんの見物客がいて、身内のランナーに声援を送っている。まぁ、○には身内はいないから関係ないか。
 
中間点(21.0975km)通過   1:51:55

 折り返して、しばらくすると「中間点」の看板。実は往路で確認していたから知っていたんだけど。
 1時間51分55秒。前半、突っ込まなかった分かなり遅れている。これまでのパターンで行くと後半は2時間近くかかるからサブ4ギリギリって感じかな。ま、せいぜい頑張ろう!

 22km地点あたりでEmirin(18Kmあたりか)とすれ違う。でかい声で「頑張れよ、無理するな」とつい叫んでしまった。が、向こうも音楽を聴いているのでたぶん聞こえなかっただろう。けど、精一杯応援はしてやりたい。
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
21 0:05:08 1:51:20 0:25:41 0:05:08
22 0:05:04 1:56:24
23 0:05:13 2:01:37
24 0:05:12 2:06:49
25 0:05:04 2:11:53
  25km通過     2:11:53(スプリット0:25:41)

 筑波山が霞んで見えている。筑波おろし?だかなんだか知らないけど、冷たい風が容赦なく体温を奪ってくる。暖かい飲み物が欲しいけど、アミノバリューか水しかない。バナナlとあんぱんもあるから交互に食べる。バナナの方が食べやすい。

 左足のマメはどのくらい成長しただろうか?気にはなるが、シューズを脱いでみたところで何の解決にもならないから無視するしかない。でも無意識のうちに左足をかばっているので、今度は右足のツメが痛くなってきた。こりゃ、右足のツメが一つ死ぬなぁ。あ〜あl。
晩秋の筑波山

 21km地点の折り返しから30km地点あたりまではずっと筑波山が見守っていてくれる。筑波山を登っている方が楽かも知れないな、とかふと思う。筑波山行きのバスとすれ違う。乗客なし。そうだよね、もう下山する時刻だもん。
 左が女体山、右が男体山です。と一人でブツブツ・・。


 (カメラのゴミが目立ってきた。これって、やっぱりもう修理に出さないとだめそう)
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
26 0:05:04 2:16:57 0:25:51 0:05:10
27 0:05:13 2:22:10
28 0:04:50 2:27:00
29 0:05:31 2:32:31
30 0:05:13 2:37:44
  30km通過     2:37:44(スプリット0:25:51)

 まぁ、ここまではいつも元気なんだ。元気なときはここまで2時間半ぐらいで来ているから、7分ぐらい遅い感じではある。そろそろ疲れが出てきて、このままずるずると落ちていくのがこれまでのパターン。

 脇道には、ダウンして救護班(自転車で移動している)にかかえられて毛布をかぶっている人が出始める。歩き出す人もいる。自分の力をわきまえない人が多いことが解る。
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
31 0:05:16 2:43:00 0:27:01 0:05:24
32 0:05:20 2:48:20
33 0:05:29 2:53:49
34 0:05:26 2:59:15
35 0:05:30 3:04:45
35km通過     3:04:45(スプリット0:27:01)

 結局、「お汁粉」はパスしてしまった。水を取り損なってあんぱんだけ。これは食べにくいんだなぁ。口の中に水がないとのどが詰まるんだ。

 それとは関係なく、やっぱり30km過ぎると疲れが出てきてスピードが落ちる。一気に20秒ほど落ちている。もはやこれまでか?
 でも、立体交差の登りでは、急にスピードが落ちたランナーを、ここぞとばかりまとめて抜き去ってやった。気分爽快!
 38km付近の枝道折り返しが思いがけず苦しかった。
距離 LAP SPLIT 5kmLAP Ave
36 0:05:20 3:10:05 0:27:02 0:05:24
37 0:05:11 3:15:16
38 0:05:34 3:20:50
39 0:05:28 3:26:18
40 0:05:29 3:31:47
40km通過     3:31:47(スプリット0:27:02)

 やっと、枝道から本通りに戻ると40km。タイガー仮装のランナーが人気をさらっている。写真も狙っている。負けじと、このランナーの前に出て目立ってやった。(^◇^)

 残りはわずか2km。体力はまだ残っていそうだ。膝はかなり痛くなっているが、なんとか最後までいけそうだ。ようし、ちょっと頑張ってみるか。ここからロングスパート。なぁんてかっこいいな、オイ!
距離 LAP SPLIT 2.195kmLAP Ave
41 0:05:18 3:37:05 0:11:17 0:05:08
42
42.195 0:05:59 3:43:04
42.195kmフィニッシュ    3:43:04(スプリット0:11:17)

 まだ、体力に余裕があった。残り1km、フィールド内でもかなりのランナーを抜いた。最後の2.195kmの1キロラップを5分8秒でクリアしたのはちょっぴり自信になるかも。(^^)v

 
終わって見れば、昨年の記録に2秒及ばなかった。が、スタート直後の混雑を考えれば仕方のないこと。
 後半の方が前半よりも46秒とはいえ速く走っているのは驚異的なことかも知れない。地道に距離を稼ぐことは最後の数キロで結果をもたらしてくれることが実感できた。
続々とゴールへ

 筑波山が見守ってくれている中、ランナーが続々とゴールへ。Mocchi、Emirinもそれぞれゴール。ゴール後のペットボトル、チップ回収、完走証発行ですっかり身体が冷え切ってしまい、猛烈に寒い。ガタガタ震えて着替え。人心地つくまで時間がかかる。とてもじゃないけど、ビールは飲めない。

 次回からは、湯沸かしセットに熱々スープが必要だな。
 Keiseiさんもゴールして着替えて来てくれた。ちょっと不完全燃焼だったらしい。
○の結果(まとめ)

 
キロ平均5分17秒。昨年より1秒悪い。前後半の走りから見ると、最初に突っ込めなかった(昨年は前の方からスタートしたのでいきなり4分台で突っ込み)分遅いだけで、後半の極端な落ち込みがなくなっている分だけ進歩していると思える。特にラストの追い上げは自分でも信じられないぐらい足は動いている。
完走証
  グロス ネット 順位
Maru 3:47:22 3:43:04 2976位
Emirin 4:56:15 4:48:17 1227位

 お疲れ。
 
都合3,000人ぐらいのランナーを抜いた勘定かな?抜き疲れたよ。
新しい靴でマメ

 「つくば」用に新調したMR966。いや、単に新古モデルになって値下げしたから買っただけ。店員の言うことを素直に聞いて、EEサイズに落としたらこの結果。左足は過去最大のマメができるし、右足はツメが一個死んだ。ボルダーもたっぷり塗ってこの始末。

 さぁて、来年はどうしよう。やっぱり、参加?