日 時:2009年9月19日(土)〜9月21日(月)
場 所:白山(標高2,702m) 
参加者:Pei、Tama、A、◎(5名)

   
このページは初日、3日目(アプローチ編)です
  
2日目(山頂編)はこちら
 
すべての写真はクリックで拡大します。
白山MAP

 普通の人は1泊2日、健脚の人は日帰りも可能だが、ひ弱なTeam○は、南竜ヶ馬場キャビンで2泊というゆったり山行を企画。
 標高2,000mのキャビンで満天の星を見ながら都会の喧騒を忘れる。山頂ご来光のためには2時間半前に出発しなければならないので、最初からあきらめ。

 
市之瀬   標高850m 6:30 

 ETC1,000円乗り放題とシルバーウィーク5連休で渋滞が予想される。金曜日夜、八王子駅23:00集合出発も相模湖で既に渋滞。急遽、関越道に変え、一路金沢西ICへ。Peiさんがほぼ一人で運転。ご苦労様。
 無事に市之瀬着。駐車場は無料にも関わらず、整理員がいる。休日はここからシャトルバスに乗り換え。ゆっくりと出発準備をする。

 
市之瀬からシャトルバス 7:40発

 バスは20分間隔で運行される。料金は一人400円。平日なら別当出合いまでマイカー乗り入れ可能。

 時間があったので、ビジターセンターを見学。カウンターで入場者をカウントしている。

 バスは、狭い道路をぶっとバス(なんちゃって)。曲がりきれずに切り返しが必要な箇所もあった。こわー。
別当出合  標高850m  8:10

 この山は水が豊富で、休憩所ごとに水が出ている。今のところ無料なのでありがたい。
 各自、飲む分だけボトルに入れてあとは空にしよう。今日は天気もいいので薄着で十分。
別当出合出発 8:15

 なぜか鳥居があるとくぐりたくなる。いきなり吊り橋を渡る。標高1,000m以上にある釣り橋(というのをよく見つけたね)では、日本一らしい。
いきなり釣り橋を渡る

 最初から「砂防新道」と「観光新道」が分かれている。今回、「砂防新道」を進む。



 吊橋は結構揺れる。大騒ぎしながら橋を渡る。
秋に揺れて

 快晴の空にススキの穂が秋を魅せる。

 サラシナショウマは猫の尻尾のよう。
秋の色づき

 いきなりの急登が待っている。登山道はきれいに整備されていて登り易い。

 赤く染まった葉っぱがチラホラ。
道標

 
 だいたい0.5kmおきに立っている。目安となる。



 
左:アキギリ
けなげに咲いています。


 左:ミヤマコゴメグサ

 右:ヤマジノギク
  お〜い空

 どこまでも青く澄み切った空。

 間もなく中飯場です。
中飯場 標高1,500m 9:00

 CT(50分)どおりで中飯場に到着。全員汗びっしょり。このくらいの標高ではまだ真夏並みの暑さ。
中飯場で休憩

 日陰に入りたい。Tシャツを日に干して乾かそう。
 腹が減ったのでおにぎりを食べる。トイレ、水あり。
巨大なアザミ

 日本海には巨大なエチゼンクラゲが大量発生して漁師を困らせているが、山ではエチゼンアザミ(ほんと?)が登山者を驚かせている。何しろデカイ。
不動滝

 谷の向こうに「不動滝」が見えている。でも、滝壷の下は砂防ダムが延々と続いている。「自然と人工のコラボレーション」などという人がいたっけ。
別当覗    標高1,750m

 展望があるので休憩するのにちょうどいい。じっとしていると肌寒くなってくる。正面は観光新道(尾根道)である。風が無い日は展望が効くルートだそうだ。
オオカメノキ

 実が「黒」いのと、「赤」いのがあるが何が違うんだろう?黒と赤のブチもあるでよ。

 オオカメノキは春先の新芽がウルトラマンの格好をしているので、気がついたら是非見て下さい。
別山

 市之瀬から尾根伝いに別山ルートを登ることもできる。でも一日がかりでへとへとになって南竜ヶ馬場に着くことになるんだ。こっちは、楽なコース。
トリカブト

 トリカブトの前にもしかしたら「ハクサン」がつくのかもしれない。左はトリカブトの実であるが、実に猛毒があるとは聞いていない。食べたことは無いが根をかじるとビリッとくるらしい。死に至るのは1本の根で50人もの人を殺せると言うから、根っこをちょっとかじっただけでも危ない、と言うことらしい。かじるわけにはいかない。
  豊作

 黒米が鈴なりになっている。というのは真っ黒なウソ。
 (たぶん)シシウドだと思うが、まるで米がなっているように見えるから面白い。
疲れたぁ  11:00

 手ごろなベンチ(休憩所)が出てきたので、意見一致で一休み。ここに来て寝不足が現れ始め、生あくびと一緒に眠気がやってくる。直射日光は相変わらず強烈だし。しばらくオネンネ。ふあぁ。
  甚之助避難小屋   標高1,970m  11:10

 さっき休憩した場所から日と登りで非難小屋だった。さぁ、もう一度休憩しよう。
甚之助避難小屋は素通り

 リーダーからは無常な指示。「だめ、さっき休んだばかりだから、ここでは休みません」

げ、、「鬼」「悪魔」「チ○、デ○、ハ○」・・言いたい放題。
マイヅルソウ

 黄色くなるんだ、知らなかった。



 クモマニガナはまだ花盛り。
甚之助避難小屋は下方に

 地図のCT(中飯場から1時間50分)は、この上の分岐までを指している。

 
室堂分岐 11:30

 普通の人(室堂泊)は、ここから室堂に向かう。室堂までまだ2kmもあるよ。
 我々はここから南竜ヶ馬場に向かう。

分岐

 南竜ヶ馬場まであと1kmなのだが、お昼前には着きたいというリーダー強制で、3分しか休ませてもらえず。「オニ、アクマ、、、」
日本海は見えず

 足の故障から回復したTamaさんは慎重にダブルストック。

 甚之助避難小屋が下に見える。遥か遠くは日本海なのだが霞んでいて見えない。
疲れたぁ

 そろそろ疲れが出てきましたよぉ(○)

 ゆっくり歩けば疲れませんよ(Aちゃん)
お〜い、見えてきたぞい



 
左手奥に南竜ヶ馬場山荘が見え始めた。

 正面には別山、いままで雲がかかっていたが、ちょうど雲がなくなり全景が見えてきた。う〜ん、最高だね。
えっほえっほ

 なかなか近づかないなぁ・・・。

 「ビール」「
ビール」って言いながら歩けばすぐだよ・・。
エッサ、ホイサ

 あ、予約したキャビンが見えてきた。でも山荘で受付してから10分ぐらいかかるんとちゃう?
秋空

 標高2,000mの澄んだ空気と、思いっきり秋空。いいねぇ。
黄葉

 真っ赤な紅葉には程遠いが、山全体が黄葉してきている。関東では考えられないこの時期の色。
もひとつ黄葉

 さ、最後の頑張りです。
南竜ヶ馬場セントラルロッジ  12:15 

 「野営場、キャビン利用の方はここで受付して下さい」ということになっている。2泊分なのだが、1日分しか受け付けてくれない。明日は明日受付だって。へん!
 鍵も渡してくれない。ロッジに鍵はついているのかな?
キャビン  標高2,000m  12:35

 野営場の一番奥にキャビンはある。野営場も広く、200張りぐらいはテントが張れそう。

 キャビンの入り口にはハクサンフウロがまだ咲いていた。
お清め

 キャビンの中は寒い。ずっと使われていなかったんだろう。外のほうがよほど暖かい。
 ビールを冷凍させてきたので、まずは喉を潤す。う〜ん、うまい!日陰とともに移動しながら、焼酎でしばらく歓談。

 まずは、米を研いで30分まってご飯を炊く。今日のはうまく長けたようです。ちなみに翌日は焦がしてしまいました。
お眠  15:00

 ほとんど寝ないで移動してきたので、急速に睡魔に襲われる。みんなで昼寝をむさぼる。毛布一枚で寝た人は風邪をひくよ。
夕暮れ  18:00

 強風が吹き荒れ、テントがバタバタとあおられている。白山の最高峰である御前峰の山頂がちょっとだけ見えている。明日も晴れてほしいな。
19日の夕焼け

 南竜ヶ馬場キャビンからはきれいな夕焼けが見える。雲海が広がり、朝焼けと間違いそう。
夕食 18:20

 山小屋の食事にしてはリッチでしょ。まぁ、男性陣は焼酎のツマミさえあればいうことなし。

 さて、牢名主は誰?
キャビン内

 定員5人でちょうど。玄関(土間、物置場)は寒いから締めてある。山小屋の定員と思ったら大間違い。十分に広い。一人当たり2畳のスペースがある。畳を敷いて真ん中を空けて食事。アイデアもんだね。これで、2,400円/人は安い。

 牢名主はこの人じゃ。
 全員で明日のおにぎりを作って、お開き。満点の★。 




21日  6:00

 今日は、下山するだけ。昨夜も満天の星だった。昨夜は風もなく、夜中にゆっくりと星座を楽しむことが出来た。

お世話になったキャビン

 キャビンは1棟2部屋になっている。そのため天井が高く、開放感があるが、隣の部屋への出入り等で玄関を開ける音がする。隣は、4時ごろに出て行った。

 キャビン内をお掃除して帰る。そうそう、キャビンには鍵は無かった。出入り自由。ただ、照明は制御されており、太陽発電での電灯はリモートで点けてくれる。
来た道を戻るだけ 6:50

 ロッジで最後の用を済ませ、帰途に着く。この日は、風が無く冷え込んだので、木道には霜が降りて滑りやすくなっている。

 今日は、なんとなく日本海が見えているような気がする。悲しみ本線・・・。
甚之助避難小屋  7:30

 別当出合いから登ってくる登山客が絶えない。上り優先なので、かなり待たされる。

 この非難小屋でも、ちょっと休憩しただけですぐに出発。
(左)?   

オオカメノキ(赤い実
オオカメノキ(ブチ)

オオカメノキ(黒い実)
ヤマジノギク





 (右)笹に葉についた一本の跡。どっかで見たことあるな。
センジュガンピ


ハクサンカメバヒキオコシ
アキギリ

 登りと同じ
ミヤマコゴメグサ



登りと同じ。・・・・写真班(全員)
別当出合   9:25

 降りてきました。いくら下りに弱いというメンバーがいても、やっぱり下りは下り。2時間半ぐらいで降りてきた。
  釣り橋

 休む間もなく、バスが登ってきた。20分間隔のはずだけど、ピストンをやるという張り切りドライバーに乗せられすぐにバスに乗り込む。上りで切り替えした箇所も1発でクリアし、「うまい」と言ったら、マイクで「ありがとう」だって。

 9:45、市ノ瀬駐車場。金沢西ICに向かう。

白峰温泉総湯  10:20

 市之瀬に一軒ある温泉は混雑しそうでパス。白峰まで降りてきた。サウナ、露天、テラスありで一人750円。3日間の汗と垢を綺麗さっぱりと落とす。
  名物「堅とうふ」

 先日、NHKで放送していたので、しっかり記憶にあった。物は試しとばかりに2丁買う。1丁450円と高いが本当に堅い。今晩のメインディッシュとなるのだ。ヘルシーでしょ?。小ねぎをたっぷりかけていただきます。
  どっかの会社かも・・・

 R157走行中、田舎に似合わない建物発見。都内でよく見かける看板が出ていた。こんな場所にもあるんだ?
今が旬の「剱岳」かすかに確認

 福井あたりを走行中に、剱岳がかろうじて見えた。あぁ、あの山にも行きたいなぁ、、、とじぃ〜と見つめるメンバー。

 つい、わき見運転で追突!ワッ、他者の車でした。この後、上信越自動車道が断続的に渋滞し、中継点までの380キロを8時間かかってしまった。で、反省会でまた盛り上がり。

撮影ポイント:電線なしで八ヶ岳全景   22日

 早朝6時から笹刈りで二日酔いの汗を流し、岐路につく。いつもの八ヶ岳ポイント。黄金色の稲は最高だが八ヶ岳が雲に隠れている。

 笹子トンネルで事故渋滞。ETC1,000円は渋滞を起こすだけだ。あ〜ぁ。
 


 山頂編