〜楽チン滑りだし〜 まだ五合目


全ての画像はクリックで拡大します。
まずは下り

 新5合目から旧5合目(佐藤小屋)に至る道は若干下りである。今はルンルンで歩いているが、これが明日の最後の登りになると恨めしいぐらいの登りに思えてくるから腹が立つ。まぁ、せいぜい楽しまっせ。

 一段と迫力を増したジュリーです。面影ありんす?
ガッツだぜ

 2番手は足に自信のない人がつくんです。といっても、2番手についてしまったみっち。もちろん、体力、気力、やる満々。どっかにいいお相手はいまへんか?(Byオフジ)

  ほりさん(はまの)、元気ですね。筑波山の訓練がよかったみたい。サブちゃんも問題なし。
※×△■

 東南アジア民族は母国語でしゃべるので何を話しているかさっぱりわかんめ。きっと「○さんはいい人だ。感謝しています」とでも言っているのだろ。ウンウン。

 「もしもし、お嬢様、きょうはどちらまで?お供しますよ」
 「は、はい。お願いできます?」 うふふ。芽生え。かどうか知りません。
カメラ目線

 厳しいカメラマン:「カメラを向けられたら、目線をそらさずに、カメラに向かって表情を作ってください。」

 「は、はい。イエ〜イ」(無理矢理のVサイン)
かっかっっか。
 いつまでたっても遠足気分はいいねぇ。
大活躍の会長

 高尾の森で大活躍。三宅島ボラにリーダーとして2回も行っただよ。その後、白神山地にも行ったよ。C作業班のリーダーに任命された。いやぁ、すっかりはまってます。

 そろそろ仲直りしないと危険が危ない二人。だめ押しするか?ったくねぇ。(しゃれです)
おしどり見本市

  こちらはもう、他人がうらやましがるおしどり。(実はよく観察してません)

 さて、下りも終わりに差し掛かり、佐藤小屋との分岐。ここから、登りになる。
 現在地=英語で「This Point」って書いてあるぞ。笑うところか?
  やっと登山らしく

 ここからが富士山の登り。もっともまだ車が上る道なのでたいしたことはないのだが。
 登りの原則覚えていますか?「ゆっくり、小股で、呼吸を乱さず」でしたね?」はい、覚えていればよろしい。
ちょっと登ると

 富士山の「ふ」くらいの登り感触がわかってくる。ここで苦しくなるようだと後が思いやられるよ。ちょっと 無口になる人はやばいかも。とりあえずは、全員元気なようでひとまず安心。今年のメンバーは粒がそろっていてよろしい。
落石注意

 このあたりは毎年雪解け時に大量の土砂を流してくる。まだ落ち着いていないので時たま上を見るように。ゴーっと音がしたら落石かもしれない。
 落石を発見したら「ら〜く」と大きな声で叫ぶこと。バスの中で注意しましたよね。
 間違っても
人間にならないように。
もうすぐ6合目ですから

 ちょっと汗をかきました。異常に蒸し暑いっす。
 もうすぐ6合目です。休憩しますので、もうちょっとだけ頑張って下さい。

 現地語で何という言うんですか?「※×△■」
 はい、わかりました。(..;)
まだまだ

ジュリー:「おい、重いぞ、後ろから押せぇ」
うらぴょん:「えぇ?しょうがないなぁ。ツンツクツン」


たく:「おりゃ、だめだ。ばてたぞ。ビール!」
あっちゃん:「もう、だめだなぁ、大人は」

(^▽^ケケケ    
つづく


 富士登山2009へ  昔の富士登山(2008年)へ