富士山の足慣らし。
 いつもは大岳山なのだが、もしかして富士山が見えるかもしれないという期待を持たせて・・。
 ガイドのPeiさん「どうせ富士山はきついんだから、足慣らしはなるべく簡単なところに案内しよう」
 なるほど、そういう考え方もあるんだ。
 つい、2日前は皇太子が三ツ峠山に登山された。直後に行くと、登山道が完璧に整備されていて登りやすいんだけどな。
日 時:2009年6月13日(土)
場 所:むすび山〜高川山(標高975m) CT:4時間30分 
参加者:Kuriさん(2)、Haraさん(2)、Hiraさん、Wadaさん、Keiseiさん、
      Horiさん、Naoさん、Peiさん、○ :計11名
 
すべての写真はクリックで拡大します。
むずび山〜高川山コースマップ

 大月駅からむすび山に登り稜線を縦走して高川山に登る。初心者コースではあるがアップダウンと距離はまぁまぁ楽しめる。

 高川山山頂からの富士山をちょっとだけ期待。

 
  天狗     

 高尾駅で普通電車に乗り換える。車内放送「今度の甲府行きは4番線から発車します」。で、ここが4番線。なんかおかしい。ブリッジを渡った2番線が正解だった。

 8:01発甲府行き。登山列車と化した電車は満席。自転車を持ち込んでいる人も沢山いる。
 この後の電車は、8:04八王子発(高尾は8:20)となる。まぁ、高尾から先は極端に不便になるのだ。
大月駅   9:00

 8:45着。後続は8:57着。ゆっくりと登山準備。

 山は久しぶりという面々ばかり。

 顔出し・・。ぶっ。
大月駅前     

 どうやら雨は落ちてこないようだ。よかったね。岩殿山は手頃な散歩場所。

 自転車軍団もそろそろスタートの模様。もしかして、これから東京までぶっ飛ばすんだろうか。それもいいなぁ。
国道20号     9:30

 東京から95km、勝沼まで26km。富士山方面にはこの手前の交差点を左折すると、国道139号線となる。

 正面が、今日の目的地高川山。結構距離ありそうだな。早くも(..;)
むすび山  標高463m    9:50

 民家の軒先を縫って進むと、ちょいとひと登りでむすび山。ここで、ゆっくり朝食。むすびを食す。

 この時期、展望はほとんどない。眼下では都留高校野球部の練習試合。
では、そろそろ   9:55

 久しぶりに歩く人もいるようです。ゆっくり行きますからね。
 
 旧日本陸軍防空監視所跡。防空壕にもならないね。強風のときにテント張るにはいいかも。
縦走トレーニング行きますよ 

 ここの看板には高川山まで4時間とかいてある。まさかぁ?いくらなんでもそんなにはかかるまい。



 ・・・・・・・・・・と、甘く見ていると怖いぞぉ・・・・・・・
    

 かわいい花なんだけど、名前がわかんね。
看板     

 途中の田野倉駅分岐までP1からP13の番号がふってある看板が整備されている。
 看板は整備されているが、登山道がえぇ。藪こぎ。背の高さほどもある笹やトゲのある木が続く。半袖Tシャツは後日後悔するかも。

 中央道(河口湖線)の先には富士山が、、、、、見えない。
リニアモーター実験線     

 高川山の下にはリニアモーター実験線のトンネルがある。前回、見学して以来、リニアモーターカー試乗に何度も応募したがついに当たらなかった。今では、試乗会募集自体がなくなった。。
晴れ間も出てきた     

 雨どころか晴れてきた。暑い、痛い(トゲにやられれて)、見晴らしはいい。
 ヤマボタルブクロか。
峯山    標高584m  10:52

 高川山までまだ3時間もかかる? やば、お昼時に山頂にたどり着けないぞ。
 先頭のあたりから「○さんは2時間サバ読んでるんじゃないか?」と疑いの声が出始める。
 そそそんなつもりはさらさらないですよ〜。
小休止

 
雨上がりの登山道は滑る。急登で粘土質の土。

 1時間歩いたら1本、これ基本ね。おにぎりは小さいのを何個も持参して、休憩のたびにこまめに食べるんですよ。山頂で一気にお弁当を食べるんじゃないですよ。
キイチゴ(ナワシロイチゴ)    

 先頭のほうから順番に食べていく。最後尾の○が通過する頃にはほとんど、、、、、いっぱうあるじゃん。ほんのり苦くて自然の味。懐かしさが戻ってくる。パクパク、ぱくぱく。
キイチゴ(カジイチゴ)     

 こっちのイチゴの方が甘酸っぱくて美味しい。食べ飽きない。

 シモツケソウ
田野倉駅分岐 12:00

 藪こぎが終了。やっと登山道らしくなる。既に12:00。腹減った?

 ここから先は、急登に加えて岩がある。もう一頑張り。

 コアジサイ
意外と山頂は遠い   13:00

 お昼はとっくに過ぎた。さっき、降りてくる人に「あとどのくらいですか?」と聞いたら「30分で降りてきたので、1時間ぐらいじゃないですか?」だって。



 腹減ったね。疲れたね。どうすべ?

 「弁当食べたーい!」
やっぱ、登ろう

 「ここで、弁当食べる人食べてもいいです」
 「早く山頂に行ってビール飲みたい人?」 「はぁ〜い」
 最後尾にいた人間が、急に前のほうに出てきて山頂に急ぐ。やっぱ、ビールは山頂で飲みたいよね。急に元気になる。エッホエッホ。
高川山   標高975m  13:30

 簡単な山ですが4時間かかりました。先客は数人。既に降りてしまったようです。山頂の番犬(老犬)ビッキーが今日もウロウロしています。

 祠の中に雑記帳があって、ビッキーのことが沢山記入してあるようです。
高川山

 山頂の方位盤。富士山はこっちです。富士山はガスの中に隠れていて、影も形もわかりません。
第一陣登頂

 こっちの方向に富士山が見えるはずでした。雨は降らなかったものの、霞んでいます。
宴会    

 やっと待望の山頂宴会。例によってHARAさんがビール6本、水2リットル、氷1Kg、ママカリ、チーズ、コーヒー、、、出るわ出るわ、ドラえもんザック。ザックザック

 日陰にシートを敷いて、飲んべは至福のひと時を楽しむ。
 この後も飲み物は、焼酎、梅酒、日本酒。つまみは「くさや」(うわっ)に漬物、乾き物。 ビッキーは2001年ごろからここに住み着いている。だれも捕って食べないのかな。もう、老犬だから旨くないか?
宴会    

 時間を忘れ飲んでいると、リーダーの声が無情に響く。
 「3時に出発すっど」  えええええええええ? 今何時? 「2時半」
やば、あと30分しかないよ。飲むぞ! って、あと30分も飲ませてくれる。

 飲まない人はエライ迷惑です。・・・・あ、ゴメンナサイ
あまり飲まない人達

 すみませんねぇ。お待たせしています。
記念撮影

 
では、写真を撮って降りるとしましょう。

 「あ、飛行機だ! ウルトラマンだ!」
初狩駅に降りる

 
逆ルートだと大月駅まで160分と書いてあるから、逆のほうが楽なんだろう。でも、酔っ払って3時間も歩くのはかったるいしね。 
最後まで結局富士山は姿を現さず  15:00

 下山開始します。ビッキーもバイバイね。
 まぁ、このルートを降りるのは楽だからねぇ。

 本物の富士山は7月11日、12日に登ることにしましょう。


山門不幸
 
 みんなは女坂を下っているのに、○は一人で男坂をショートカット。約1時間で降りてきた。

 「山門不幸」初めて遭遇。合掌。

 
  初狩駅

 
初狩駅に着いたら16:14発の電車が出たばっかり。次は16:54だって。時間をもてます。コンビニでビールを買い込み、駅前で宴会。あ〜ぁ、またやっちゃった。


 ついでに、車内まで宴会持ち込み。藤野あたりで乗客が増えてきたので宴会終了。後は爆睡。どこで、みんなと別れの挨拶をしたか不明。


 では、富士登山本番でお会いしましょう。ぁ。

  HP