三郷市は○が住む越谷市の隣である。会場までの距離は約10キロ。車で行ったほうが早い場所にある。今年で40回目というから、かなりの歴史がある大会なのだろう。その割りには参加者が増えていないような気もするけど。◎は初参加。もっちとWADAさんの合計4人で参戦する。同日、守谷マラソンとぶつかっている。
 ご近所の市では、「草加(3月最終)」、「吉川(4月1週)」、「幸手(4月1週)」、「川口(11月最終)」等があり、それぞれ伝統を守っている。

 ◆
開 催 日: 2009年2月1日(日)   9:00スタート 
 ◆開 催 地: 三郷市役所付近
 ◆天  候:  快晴 気温:9℃ 風力:強(北風)
 ◆種  目:   ハーフ
 
参加人数: 2,919人(登録時)  ○関係参加者:Wさん、Mocchi、◎
 
受付  7:30

 
駐車場の数に限り有りと書いてあるので、余裕を持って越谷を6時半に出る。7時前に現着。三郷高校の敷地内に駐車した。実際には斎場に広い駐車場あり?

 受付は7時半からだが要領が悪い。強風の中、渡す資料をそのばで数枚集めている。20番目ぐらいに並んだのに、15分かかった。高校陸上部のボランティアだろうけど、大会運営者の指導が悪いのかも。
 隣の体育館で着替え。トイレの行列だけは避けたかったので屋外の別棟に行ったら、ガラガラだった。
  ウォーミングアップ

 スタート20分前に外に出てウォーミングアップもせず、スタート地点に移動。さすがにこの時間に到着している車は満車と言われている。
 北風が強くて帽子は吹き飛ばされるので脱帽。

 スタート地点、途中の距離表示は道路に貼ってある。綺麗だが遠くからはさっぱり見えず。
 10分前でもスタート地点にはまだ人影はまばら。
スタート地点 

 
いたってのんびりムード。寒がり屋の○は上下長袖。初めて音楽プレーヤー装備で走る。実はEXCERMUSICで190BPMの音楽を聴きながらピッチを変えずに走ってみようという試みである。

プラカードは「〜1時間20分」と「〜1時間40分」の2つが見えたので、その中ほどに入れてもらう。
スタート   9:00  時間経過 0:00:00

 スターターは三郷市長だと思われるがどこにいるのか見えない。手を上に伸ばして写真を撮ったので、後で見ると左側にピストルを持った手だけが見えている。

 スタートのタイム差は10秒くらい。やっぱ、これくらいの人数がいいな。ゆっくりスタートして下さいとのアナウンスが繰り返されているが、いきなりのトップスピードにギアを放り込む。
  5km   0:22:00(以降○のネット記録)

 スタート直後は軽い上り坂で橋を渡って下る。その後は平坦道路。強い追い風に乗って、ついハイペースになる。
 
3キロあたりで角を曲がると横風になり、もう一度角を曲がって北向きに進路を取ると、すさまじい向かい風に襲われる。まだ序盤、体力があるからピッチは落ちないが、ストライドは確実に狭まっていることを実感できる。いきなり5キロの看板が出る。給水を取ろうとしたら、担当は2人しかいなくて、しかもカップをその場で出して、ペットボトルからいちいち注いでいる。しばらく待たされる。ヲイヲイ早く水をくれよ。半分でいいからさぁ。こんなに給水で待たされたの初めてダァ。5kmでは飲むなってことかな。
10km   0:45:04(0:23:04)

 
背が高くて、足が長くて、へそ出しユニフォームでさっそうと走っている外国人女性に目を奪われる。目が点。カッコイイ!すぐさま後に着く。○と同じくらいのペースだ。しめしめ、ウッシッシ。コラ!
 前の人が唾を吐くともろに顔面に飛んでくるので、すぐ後にはいないほうがいいよ。自分はコースを外れてやります。
 超きつい向かい風でストライドは短くなる一方だが、ピッチは軽快に190を刻んでいる。やっぱ、EXCERMUSICの威力はすごい。
 10キロの表示を見落としてあわてて戻る。なんてこったい。写真を撮ってコーナーを曲がったらまた10キロの表示がある。給水所の表示だった。
15km   1:08:54(0:23:50)

 
西に向かう。今度は強烈な横風をもろに受ける。上げた足が風になびいて反対側の足にぶつかる。何度もぶつかるので転送しそうになる。気をつけなくっちゃ。やせすぎ注意報発令中。

 町中をあっちに曲がりこっちに曲がりして走る。このあたりで富士山が見えたらしいが、○は走りに夢中になっていた?らしく、富士山にも気がつかなかった。向かい風にはやっぱり悩まされる。
ここまで頑張って来たんだから最後まで走り抜け

 
Wさんはウルトラ指向なので常にマイペースを保って走ることができる。さすがに熟練者。私どもは普段のジョッギングと違い、どうしても走りに力みが見られる。まだまだ成長する余地あり。
  19km   1:27:00(0:18:06   5キロ換算22:38)

 
この前に「あと3キロ」の道路標示が見えた。つうことは20キロの表示はないかもしれない。写真撮っておこう。
 いきなり19キロの給水所が現れる。残り2kmと違うの?どっちにしても残り2キロ強だ。ハーフはこれだから計算がややこしい。
 給水所にはホントに「水」しかない。アミノ系もたまには飲みたいよ〜。
 余力があるのでちょっとペースアップ。ごぼう抜きの快感を味わっていたら、なんと10キロのランナーばっかりだった。(T.T)
  ○ゴール  21.0975km   1:36:40(5キロ換算23:01)   

 
黒山の人だかりでゴールラインが見えなかった。「ゴールはもうすぐです。もうちょっと頑張ってください。」と言われた瞬間にゴールラインを超えていた。でも、手元の時計はゴールと同時に止めていた。
 もしかして、自己ベスト更新か?。残り3kmから15分かからなかったなぁ。こりゃもうEXCERMUSIC様々ですね。

 コーンスープ、アクエリアスを飲んで、記録証を発行してもらって、Tシャツを受け取る。すぐに体が冷えてきたので、着替えを先にすませる。
早くも表彰式が

 高校生の部?のようだけど、早くも表彰式が行われている。

 WADAさんがゴールに駆け込んできた。ハイタッチしていたら写真とれなかった。ごめんなさい。
 1:55:00ぐらいだ。ウルトラマラソンのトレーニングの一環だって言うから余裕ですね。
 あ、○のユニフォームと同じだ。記念に。
  Mocchi、Emirinゴール

 
2時間経過。う〜ん、2時間の壁は破れなかった。残念!1分経過。お、来た来た。
 Mocchiに引っ張られて、エミリンもゴール。余裕のMocchiと死にそうなエミリン。2:01:55秒くらいかな。

 お疲れさんでした。Mocchiさん、自分を犠牲にしてお付き合い下さいましてありがとうございました。
  仮装賞

 
なぜか三郷は真面目な人が多い。仮装して走っている人は数えるほど。抽選発表場所に行くと、赤鬼がいた。なんと、「仮装賞」なるものが準備されていて、この赤鬼君ともうひとりもらっていた。仮装賞がある大会も珍しいね。

 我と思わん方は、仮装で走って名誉ある「仮装賞」をもらってください。
「カイ」君と「ツブリ」君

 
三郷市の市鳥「カイツブリ」(カイツブリ目カイツブリ科)をモチーフにしてプロのデザイナーが手がけた。270万円。
 カイツブリは小さい時はグレーっぽい色だが、成鳥になると緑っぽくなるらしい。

 ツブリ君は単にぬいぐるみ。あれ?見えない?

 #コバトンに羽が生えたと思ったのは○だけか?
記録

 
5キロ毎のラップは22分から23分台で安定している。追い風と向かい風があり、こんなものだろう。キロ平均は4分34秒とでた。
 後半になってもラップが落ちなかったのが今回の収穫だった。実力がついたとは思えないのでEXCERMUSIC効果だと思われる。

 もう少しガンバレばキロ4分30秒で走ることができるかも知れないけど、高望みや止めたほうがいいね。実力以上だ。
!(^^)!
  完走証

グロスしか計測されない

○:1時間36分50秒
Emirin:2時間1分57秒

(参考)
WADAさん:1時間55分**秒
Mocchiさん:2時間1分57秒


  HP