富士山5合目
全ての画像はクリックで拡大します。


 5合目到着
富士山5合目   標高2,305m  13:00

 浅間神社(参拝)、パインズパーク(昼食)もドライバ判断でパスされてしまった。途中で、富士山のおいしい水(パナジウム豊富)を汲もうとした人が途方に暮れました。5合目には水はありません。

 高地順応を図るため、出発を14時とし、ゆっくりと付近を散策して時間をつぶすことにする。
五合目の風景

 バスは荷物を降ろすことなく、最初から駐車場に入ってしまう。
 それぞれ荷物を持ち出して、着替えた後、毎年たむろする場所に向かう。

 1年ぶりに会う久々の登山メンバーだけに、1年間のご無沙汰と年々衰え行く体力に恨み辛みを言っている。


 小学校4年の女の子が具合が悪くなり、出発できそうにない。最悪は「みはらし」にお願いすることにして様子を見る。



記念写真
 カメラマン数人と、体調不良の家族が写っていないが、この先全員での撮影は不可能なので・・。まぁ、記念にお一つどうぞ。
     

 
出発
出発     14:00

 「では、出発します」
 先頭は判で押したようにPeiさん。「私に黙ってついてくれば登頂成功するようにできています」

 脚力に自信のない人が先頭について下さいよ。初日は7合目までの足慣らしですから。団体で登っていきます。さすがに50人に迫る団体は大きいわぁ・・・・。
 何てったって、無事下山が第一目標ですよ。


 先頭としんがりはMMXの旗を持っていますから、その間に挟まれるようにして登りましょうね。


 だれですか?5合目から馬に乗っている人は?相当のお金持ちですね。確か12,000円ぐらいだと思いますが。
 あ、○メンバーでない?なんだ、そうか。



ちょっと溯って、分倍河原からバス
分倍河原   9:00

 集合時刻は9:15に設定。毎年、中央道下りの渋滞が激しくなるので、集合時刻も少しずつ早くしてる。受付や荷物の振り分けで時間がかかる。バスのトランクルームに入れたら5合目まで荷物は出さないつもりで準備して貰う。

 今回のバスは飯能市に本社があるというバス会社。実は前日までどこのバス会社になるか教えてくれないのが○が依頼しているバス手配代行会社。この会社とは既に契約しているので、金額が変わることはない。が、3日前にちょっとしたトラブル。来年以降、再考の余地あり。
出発   9:15

 新潟から新幹線で参加していただいたHさん一行が乗り込むと同時にバスは出発。今回は補助席まで使うという混雑にもめげず一路、富士山へ。
 出発前から中央道は事故渋滞。相模湖から高井戸まで20km以上、時間にして2時間以上。
 車内では、登山の注意、
富士登山クイズ、自己紹介等和気藹々。石川PAまで1時間半かかり、談合坂はパス。