会社が一斉夏季休日となる。平日にどこにも行かない手はない。涼しいところ(=高地)に行きたかったが、メンバーの都合がつかず近場で、涼しくなるところを探した。
 結果、「気持ちが涼しくなる場所」&「腹も冷たくなる場所」として岩殿山。

◆日 時:2008年8月8日(金)
◆場 所:岩殿山(標高634m)
◆参加者:Tamaさん、Peiさん、○ (ツッチが風呂で合流)
 
 

岩殿山

 
中央道河口湖線への分岐分で右側に見える断崖絶壁。そう、あれが岩殿山。高尾から30分ぐらい。

 大月駅から見てもほとんど変わらない山容。さつき通り商店街、中央線の踏切をまたいで、見上げると岩殿山。
登山口

 
山中湖から流れ出す桂川では鮎釣りを」している。少し登ると左手の崖に「岩殿山」の看板が出る。「え、この崖を登るの?」とびっくりする。こりゃ、はなっからスゴイコースだよ。が、その先に本当の登山口があった。
岩殿山の説明

 
 登山口からひと登り(って、2分ぐらいだっけ?)で早くも休憩。看板を読む。岩殿山は大月市選定の秀麗富士十二景にも選ばれている。武田氏の臣である小山田信茂公がこの要害の地に築いた岩殿城は、関東の三名城のひとつに数えられていた。山頂からの眺めは雄大で素晴らしく、春は花見客で賑わうそうだ。
ふれあいの館

 
10分も歩くと汗だくになる暑さ。でもすぐ先には「ふれあいの館」がある。お城の形をした資料館で、展示室、プラネタリウムまである。無料だと思ったら、見るのは有料だった。
門と大月市内

 
山門の上を見ると、案内図が貼ってある。
 ふれあいの館で小休止。冷たい風が吹き抜けて天国。

 丸山公園は標高444.4mと書いてある。珍しい標高。
 富士山がかろうじて見えている。
キキョウとナデシコ

 
円山公園に咲いていた。
 
鏡岩

 
この断崖絶壁を登るんです。・・・・・(uso)

 本当の山頂(標高が高い)は右手の岩の上ですが、左手の岩の上に標識が立っている。ちゃんと、人が歩ける登山道が続いているので誰でも登ることが出来ます。
富士山

 
岩殿山中腹から見る富士山。雪を被っていれば見応えがありそう。
 今日は、MIZOさんが富士山に登っている日だ。無事に山頂に到達したかな?
岩殿山頂

 
山頂の手前に「揚城戸跡」がある。自然の巨岩を利用した岩殿城の城門だったようだ。これじゃあ攻めにくい城になるよ。

 どこが山頂だか解らすに、先行の二人は通過してしまっている。山梨百名山ってちゃんと書いてあるのに。
岩殿城跡案内図、説明版

 
しっかり読んで、勉強しましょう。


 崖っぷちを覗くと、吸い込まれそうになり恐いぞ!
蔵屋敷跡、本丸

 
さらに、ズンズン奥の方に進むと、標識だけが立っている。まぁ、こういう建物があったってことで・・・。

 本丸のところが本当の山頂だが、巨大なアンテナが立っているので景観も何もない。
  烽火(のろし)台

 
山頂の一角にある。ここから烽火を上げればかなり広範囲からも見えるだろう。

 東屋に戻り、地元のおばさんと会話。おばさんがいなくなった途端に一次会の始まり。ビール、日本酒を半分ほどに減らしましょう。まだ、昨日の酒が空には残ってる?

  1時間もしたら、稚児落としに行くのだ。分岐点まで戻り、兜岩方向へ。
稚児落としへ
 山頂で飲み過ぎたら、スースーする稚児落としへ向かう。分岐点からは、嬉しい岩場。いきなり10mくらいの岩壁が出るが、途中から横に逃げる。次に、鎖場が現れ、楽しい登りが続く。

 これで、やっと涼しい場所に来た甲斐がある。
ちっとは緊張しよう

 
 鎖場の次は、断崖ヨコバイ。距離は7m程だが、鎖が太陽に熱せられて熱い。思わず、鎖を離したくなる。そうすると、左側は深〜い谷底。そっちに行ったら、二度と登るのは不可!
スースー

 
無事に断崖を横断。次の鎖場で再度スースー。一応、巻道もあるから、こういう岩壁が不得意な人はそっちに逃げても良い。が、スースーしないよ。
稚児落とし手前から

 
やっと、今回の目的地、稚児落としが眼前に迫る。振り向けば、岩殿山がすっくと立っている。
稚児落としに立つ

 
足下からスースーしてとっても気持ちが悪い。岩殿山や兜岩の稜線が見える。

 ここで、予定通りの1時間飲みっぱなし。ビール、焼酎、酒をガンガン飲んで、下からの風でスースーする。良い選択でした。
恐〜〜い

 
稚児落としの先端に立つと、さすがに足がすくむ、目が霞む。とてもじゃないがジャンプなんかできない。

 さて、大休止したら高尾まで戻ろうか。待ち人有りなのだ。え?今13時半。ヤバイよ高尾15時だってよ。
大月駅へ

 
 稚児落としから大月駅まで駆けっこ。通常1時間のところを30分で駆けた。いやぁ、酔っぱらいがザック背負って、登山靴履いて走っているよ、このおじさん連中って一体??
 はぁ、これでやっと指定された15時に高尾駅に到着できそうだ。よかった。


みんなで温泉

 
高尾駅から歩いて10分ほどのところにある「ふろっピィ」という温泉。10%引きの券で風呂巡りをした後は、大宴会場で最後の飲み会。ぷはぁ、、、さっぱり。

 その後の足取りは誰も記憶にないようだ・・・。翌日は二日酔いが待っていた。


  HP