晩秋の紅葉を求めてウロウロするつもり・・・・・・・・で、まだ足を踏み入れたことがない志賀高原まで行ってみる。まさか、雪があるなんて思っていない。ただ、だだっ広いスキー場があるって事だけが予備知識だ。でも、前日は蔵王スキー場がオープンしたとかニュースでやっていたな。

 日時:2007年11月24日(日)  天候:晴れ
 山名:前山(志賀高原)  標高1,796m
 参加者:◎

  志賀高原MAP

 信州中野IC(ETCだと小布施PAも可)から約20kmの距離。標高1,200m〜1,800mくらいのところにある一大スキーリゾート。
 草津から志賀高原に至る道路は冬季閉鎖。

 今日は、登山の予定で来たのに標高1,000mあたりから雪が積もっている。タイヤはスタッドレス履いているから心配ないが、雪が積もっていたら困っちゃうなぁ・・・(山本リンダ)
平床

 志賀高原は至る所に温泉が沸いている。日本一標高の高い箇所に生息するゲンジボタルの生息地があるというほたる温泉。その源泉平床大噴泉。硫黄臭がする蒸気を吹き上げている。さっそく戻って記念撮影。だって帰りには寄らない(はず)だから。
丸沼 

 標高1,400mまで上がってくると、除雪された雪が道の両側に積んである。沼はまだ凍結していない。どこを見渡しても秋の気配なし。
笠岳スキー場

 まだオープンしていない。よく見るとスキー場の真ん中に一人用のテントが張ってある。何を観察するんだか? ★は綺麗に見えるかな?
もうすぐ凍結 

 沼の端の方から凍り始める。間もなく全面結氷となるのか。さすがに豪雪地帯の冬は早いのう。

 熊ノ湯スキー場がオープンしている。けっこう遠いところから来た車のナンバーが並んでいて、かなりの人が滑走している。


前山スキー場、横手山スキー場 

 横手山スキー場は営業中。でも、リフトは待ち時間ゼロで乗れそう。前山スキー場は営業していない。
とりあえず、歩いてみるか 

 ガイドブックによれば、前山スキー場のリフトは年中無休と書いてある。が、リフトは動いていないではないか。なんでも、雪崩の危険があるとかで、この時期だけは動いていないようだ。

 雪崩の危険がない、林間コースを遡ってみようか。あぁ、こんな事ならスノーシューを持ってくればよかったと悔やまれる。
新雪 

 ちょっと登っただけで、汗ばんでくる。前はふかふかの新雪。後方は笠ヶ岳?

 今日の目的地は四十八池をぐるっと回って、裏志賀山に晩秋を求めての旅なんだけどなぁ。秋なんかもうどこにもない。
なるべく積雪のないところを

 豪雪地でラッセルしたことがないので、たった膝までの雪でもフーフー言っている。
ふきだまり 

 やっと、緩やかな地点に到着。でも、うっかり木の陰に入ると吹き溜まりにずっぽりと埋まってしまう。腰まで入るとさすがに雪の中を泳いでいるようだ。
前山山頂   標高1,796m

 出発から1時間かかってやっと目的地の1/5程度。予定では、リフトに乗ってここまでは6分のはずだったのに。リフトが動いていない誤算と、思いも寄らぬラッセルでもう疲れてしまった。
裏志賀山、横手山

 目指す裏志賀山はまだ遠い。横手山は山頂付近のリフトは動いていない。
風紋 

 誰も足を踏み入れていないので、綺麗な風紋が出来ている。風が冷たい。

 西の方角には上信の山並みが霞んでいる。
腹減った

 腹が減った上に寒いので、暖かいモノでも作って食べよう。モグモグ・・。
 もう、この先に行くのはよそうな。

 これで、今回の山行は終わりになるのか・・・。
スノーシューで登ってきたアベック

 おいらがつけたトレースをスノーシューで登ってきたアベックと犬。全然疲れた様子もなく、志賀山の方に向かった。さすがにトレースがないところでは躊躇していたようだが、意を決して奧に向かった。

 じゃ、うちらは戻ろうかぁ。
ホイホイ

 ゴキブリじゃないんだからね。網にかかるぞ。おっとっと。

上を向けば青空が広がっていて、いい天気だなぁ。
下りは早いよ 

 トレースがついているので、何も考えることなくスイスイと降りてしまう。15分ぐらいで降りちゃうぞよ。
  遺体放置現場

 ここに、●体が廃棄されていました。ツキノワグマの餌になってしまいました。あ〜ぁ、カワイソウニ。


 無事に降りましたか?
捜索開始

 行方不明者1名。山岳救助隊がこれから救助に向かいます。雪上車で怪しい場所を探索します。
山岳救助隊発進

 指令:「スノーモービルで現場に急行せよ。」
 隊員:「ラジャー」
 
  (^◇^) 遊んでる場合ですか?
通行止め 

 あら?冬季通行止めです。向こう側に行くことが出来ません。でも、ゲートの先に停まっている車がいます。あれは一体?


 草津に抜けようと思ったのに、早くも通行止めです。
  スキーを楽しむ人

 スキー客もまばら。だいたいこのスキー場がオープンしてるって事を知ってる人はどれほどいるんだろうか?ネット検索すれば解るか?でもそこまでして初滑りを楽しむかね。
 地元だったら滑るな、きっと。
すーい、スイ

 気持ちよさそうに滑ってるなぁ。スキーも持ってくればよかったなぁ。ぐやしぃ。

 最近はスノボ人口が5割を超えたか?

  幕岩温泉 

 帰り道です。「日帰り入浴、外来者歓迎 500円」の看板を見て、ここで温泉に入ろうと思い店に入る。でも「ただいま女性用が改装中なので入浴できません」とあっさり断られてしまった。別に貸し切りなら混浴でよかったのに・・。(^^ゞ
結局、湯田中駅前温泉

 渋温泉をウロウロ、湯田中温泉をウロウロ(車でです)したが、駐車場付きの日帰り温泉はあまりなかった。中には、露天しかないところもあった。
 行き着いたところが、湯田中駅前温泉。長野電鉄が経営しているようだ。露天風呂有りで300円。すげー安い。最後に福が待っていた。
湯田中駅前温泉の足湯は無料

 隣接する足湯。こちらは無料。足湯の回りにビニールがかけてあるところが、雪国らしい。あれ?でも野沢温泉の足湯はビニールなかったぞ。


八ツの月   11月23日 16:20

 ベースキャンプに向かう途中で日が暮れた。本当は車山の展望台までたどり着きたかったのだが。

 いつもの八ヶ岳ビューポイント。今日は八ツに月が昇っている。


 振り向けば、真っ白な北アルプスの大キレットから槍ヶ岳まで見える。北アルプスは既に厳冬期だなぁ。行ってみたいが実力不足。
赤岳、権現、編笠

 赤岳は先週よりちょっぴり雪が増えたか。先週登った権現岳は西側から見るとかなり雪を被っている。編笠と西岳はほとんど雪が見えない。

北信五山   11月24日 8:20

 長野道小布施PAからは丁度北信五山を望むことができる。

 飯綱、戸隠、黒姫、妙高、火打揃い踏み

浅間山   11月25日 10:50

 帰りは上信越道にしてみよう。やっぱリンゴは長野県で買わなくっちゃうまくない。リンゴ直売所が至るところにある。浅間山はちょっぴり雪を被っている。遠くは北アルプスかな?

 群馬県は下仁田に入ると、下仁田ネギと下仁田コンニャクを買う。コンニャクは先日NHK小さな旅で取り上げていた。「母親手抜きコンニャク」とか言うのを愚妻が喜んで買っていた。ヤーコンもついでに買う。これがまたうまいんだ。