体育の日は晴れの特異日。今日も朝から抜けるような青空。
 東京夢舞マラソンの始まりは、東京の町中を3万人規模の市民ランナーで走ろうというとてつもない夢のような話であった。しかし、それも某都知事の熱意であっさりと実現してしまった。実現してしまっては開催の意味もないのだが、やっぱり開催されている。それほどまでにこの大会は、何かを引きつける物があるのかもしれない。計時も交通規制もない。信号を守って歩道をゆっくり走る。友達とふれあい、夢を語る。そんな大会に初出場の◎である。
 日時:2007年10月7日(日) 9:00〜1分間隔スタート 晴れ  
 参加者:モッチさん、◎

東京夢舞マラソンコース(2007年)

 東京の見所を満載した素晴らしいコース設定。お上りさんのみならず、東京近郊の人も知らないところが多いんじゃない?
 明治公園(スタート)―表参道―ミッドタウンー東京タワ―日比谷公園―銀座―築地―日本橋―永代橋―隅田川ー雷門―吾妻橋―言問橋―鶯谷―西日暮里―小石川植物園−後楽園―皇居―青山通り―明治公園(ゴール)

 ルール:信号は絶対守る。歩道を進む。時には歩道橋あり。銀座〜築地間や混んでいるところは絶対に歩く。
会場、開会式   8:40

 集合場所はスタート・ゴール地点となる明治公園。国立競技場と神宮球場の中間に位置する。今日はヤクルト古田の引退試合とあって、神宮球場はヤクルトファンが朝から長蛇の列。一部コースが変更になった。
 運営は全てボランティア。ほとんどのグッズが手作り。更衣室、荷物預かりもテントだけ。トイレは公衆トイレ利用という徹底ぶり。
スタート前 

 緊張なんかするわけない。暑そうだね。日焼け止め塗った?塗ってもむだ?バキッ!!☆/(x_x)

 ゼッケン場号が近いということはスタート時刻が一緒と言うこと。
サンタが走る
 
 
サンタの着ぐるみ発見。写真を撮ってインタビュー。暑いですよ、大丈夫ですか?サンタだから頑張る! (なんのこっちゃ?)

 このサンタ、あちこちで注目されていた。
スタート   9:00

 25人が一つのグループになってスタート。全員でカウントダウンして拍手で送り出す。

 この大会は、身障者の参加も認めている。いろんなハンディキャップを持った人が参加していて、楽しい大会。
スタータは中野浩一

 元競輪界のスター。ちょっとメタボ気味か?

 次は我々のスタートの順番だ。
 おっと、いきなりゼッケン1番をつけて中野浩一が最前列にスタンバイ。すげぇよ、一緒に走ることができるなんてラッキー。喜ぶ!
 チアホーンで一緒にスタート。なぜかベンツも後からスタート。
え?もういなくなっちゃうの?

  
約150m程走ったところで最初の信号につかまる。中野:「じゃ、これで失礼」、○「え?ウソでしょ、そんなぁ、一緒に走ろうよ」、中野「いや、ボクだって色々と仕事で忙しいのよ」
 ・・・・仕方なく握手して別れた。

 一緒にスタートしたベンツが脇に停まっていて中野浩一が乗り込むやいなや猛スピードで遠ざかっていった。
神宮前、原宿

 歩道橋を渡る。視覚障害者にとっては辛いコース。原宿の街をさっそうと疾走する。まだまだ元気いっぱいです。
表参道、新潟館ネスパス

  東京ミッドタウンって町中が超モダン。貧乏長屋の住人には似合いません。

 そんな中になぜか?新潟館があるってのが不思議な気もする。
青山墓地、六本木

 赤信号の度に立ち止まるのですぐに団子状態になる。サンタのカップルに追いつく。暑そうだな。
  ピンクリボンフェストタ

 毎年重なるそうな。この後ウォーキングらしい。地図をもっている。


 5kmあたり:9:50頃通過(推定)
東京タワー、芝公園

 東京タワーの真下を通過する。観光客が行列を作っている。タワーに登るんだろう。
 増上寺の横に出て東京プリンスホテルからも東京タワーがよく見える。ここらは、○の会社に近いので何度も走ったことがある。信号で止まったときに知らない人から声をかけられた。「あなた、よく芝公園あたりで見かけましたよ」、、、ドキッ。
内幸町、日比谷公園

 
東京マラソンでも往復コースになっているところ。日比谷公園ではグローバルフェスタなる催しが行われている。
日比谷、有楽町

 左は皇居、正面右が東京駅。有楽町のガードをくぐるといよいよ日本一の繁華街銀座へと続く。

 ここから築地までは歩道も混雑しているので走ってはいけない場所。のんびりと銀座見物してください。
銀座四丁目

 
これが銀座ですよ。よーく見てオキナサイ!WAKOビルです。ワーイ!もう、お上りさんなんだから。恥ずかしいったらありゃしない。北に進むと銀座三丁目、二丁目と有名店がずらっと並んでいます。○の買い物には縁のないところ。
歌舞伎座、築地

 
歌舞伎座の前には昔若かった人たちがどっさり戯れている。なんでも玉さんの公演があるか?
 築地本願寺を横目にまた東京方面に戻る。高島屋の伝統ある建物。○への贈り物はこちらでどうぞ。

(推定)築地あたりが10km 10:50
日本橋

 東京マラソンではここまで見せてくれない。上を走る首都高が日本橋という景観を邪魔している?とかで首都高を地下に移転させるという計画が進んでいるところ。
永代橋

 大川端御宿「かわせみ」の横を抜けて、大川にかかる永代橋を渡る。

 隅田川を駆け抜けるランナーの列が長く見える。
隅田川を溯る

 永代橋を渡り終えると向こうは佐賀町。その先が深川なんだが・・・・。ここからは大川(隅田川)を浅草方面にひたすら登っていくだけ。景色は最高。

(推定)15km地点 11:20
清洲橋、万年橋

 隅田川に架かる橋はカラフルで特徴的。万年橋は隅田川に直接架かっている橋ではない。ここで、最初で最後のトイレタイム。スッキリすると水分補給をしたくなる。
両国、蔵前橋

 JR総武線のくぐる。両国駅の近く。欄干に相撲の決まり手が書いてある。知らない技があるので勉強になる。右隣りに国技館があるのだ。壁画も綺麗。

 蔵前橋通りにかかっているのが蔵前橋。
 
厩橋、駒形橋、浅草駅

 
駒形橋を渡って浅草見物。都営地下鉄の浅草駅は東武線、メトロ浅草駅とはだいぶ離れている。東京マラソンで陸の孤島となる三角地帯を通過する。
雷門、神谷バー

 浅草と言えば浅草寺・雷門。いつも観光客で賑わっている。神谷バーは「電気ブラン」発祥の店。やっぱりここで飲む電気ブランは最高。ビリビリとしびれさせてくれます。
ウ○コビル、東武線

 
世界的に有名なビール会社。どっからみてもご立派なウ○コにはある種の感動さえ覚える。そういえば今日は朝から全く出ていないことを思い出す。

 浅草は日光の玄関口でもあります。○が毎日お世話になる東武線。
吾妻橋、言問橋

 またまた隅田川を行ったり来たりする。距離合わせ?そうかもしれない。

 (推定)20km通過 12:10 
    スタートから3時間経過。間もなく中間点に差し掛かる。
 次の案内:「ひたすら真っ直ぐ1.4km」
25km、西日暮里

 
言問通りを西に向かう。日光街道を横切り、入谷、鶯谷、日暮里駅を脇目に一人しか通れない細い歩道を1列になって進む。
 やがて西日暮里で山手線内に入る。初めて距離表示をつけたボランティアに遭遇。やっと半分を過ぎました。まだまだ先は長いです。
 25km 12:45
六義園

 
不忍通りから山の手にはいるとアップダウンが激しくなる。疲れが目立ってくる。顔が苦痛にゆがんできた。

 六義円にはチャリティ料金(100円)で入園できるが、制限時間が気になるのでそのまま通過。?
給水所(窪町東公園)

 手前の公園で水を補給したらすぐ近くだった。ペットボトルの水なので水道水より旨い。コップ3杯くらい一気に飲んでバナナを4本も頂戴した。生き返った気分。ありがとうございました。

(推定)30km 13:40
小石川植物園、文京区役所

 東大附属小石川植物園。かなり広い面積のようだ。東京にも自然が残っている場所がある。春日通りに出て南下を続ける。異様な建物は文京区役所。上部には展望台と思われるところ。宮内庁からクレームが出て西側は見えないように建築された。800億円かかったらしい。お金持ち区?
後楽園

 
東京ドームの白い屋根は遠くからでもよく目立つ。ジェットコースターは相変わらずの人気で、絶叫を真下から聞いてみた。先日の事故なんか関係なく若者が楽しんでいる。
水道橋

 
後楽園の大観覧車。JR水道橋駅。中央線をくぐって更に直進する。
神保町、一ツ橋、皇居

 
皇居に突き当たるまで進む。皇居外周を走る一般ジョガーに飲み込まれる。軽快に走る人たちにドンドン抜かれながら、トボトボ歩く。もう疲れてきたね。
一番町、半蔵門、最高裁

 皇居の回りは上り下りが凄い。よくもまぁこんなアップダウンをコースに選んだよね。内堀通りをなっかして最高裁の前から三宅坂、赤坂方面に向かう。

(推定)35km 14:40(時速5kmでの歩き)
赤坂見附、元赤坂

 ホテルニューオータニを見ながら登ったり下ったり。タクシーの運ちゃんに「マラソンで歩くんなら意味ないからタクシーに乗ったら?」と声をかけられる。左は赤坂御用地。
迎賓館

 ただいま改装工事中。平成20年3月までなので来年は公開に応募できるかも。迎賓館前のイチョウはまだ色づいてはいません。
青山二丁目、感動のゴール

 外苑通りから一旦青山通り(R246)に出て、距離あわせで北青山まで。古田の引退試合のためコース変更されている。
(推定)40km 15:30(ずっと歩き)

 で、ゼッケン番号を読み上げられながら3人で手を繋いで感動のゴール!
(推定)フル 15:48(所要時間6:30
  参加賞、完走賞

 昨年まではメッセージが書かれたTシャツだったらしいが、今年はリストバンドに変更になった。どうやらスポンサーが激減したことが理由らしいが、別に参加賞期待ではないので関係ないです。

 すばらしい運営、ボランティアに拍手を贈ります。お世話になりました。