富士登山2007  (下)


山頂目指して

 お鉢巡り組と眠れない組が23時頃からゴソゴソと起き出す。予定通り先行組は23時半出発、続いて体力に自信ない組が24時に出発。後は適当にグループ毎に出ていく。山頂付近の渋滞はそれほどでもないと見た。
 ○は例によって、最後尾だが、高山病を訴えるMOCHIが苦しそう。
八合目太子館

 早い組は既に標高3,100mに達している。元気そのもの。このままではかなり早い時間に山頂に着いてしまうのでは?

 ○一行はこのあたりの小屋でKご夫妻に追いつく。ゆっくりマイペースで登るとの事だったので、先を急ぐことにする。
そろそろおねむ

 
ほとんど寝ていないので生あくびばかり。あ〜、早く楽になりたいよぉ。
子供は元気

 
家族で参加のきぃちゃん一家。この後、お姉ちゃんの具合が悪くなり、元祖室で休憩。息子だけがHさんと一緒に元気に山頂に向かう。家族全員での山頂征服にはならなかったもの、家族を代表して息子が意地の登頂を果たした。立派!
 
 ただ、御来光は山頂にはガスがかかっていいたため、元祖室からが綺麗に見えたようだ。
早く出ろ出ろ

 八合五尺を過ぎたところで山頂にはガスが認められた。これ以上登ると御来光が見られない恐れがあるので、○一行はここで御来光まで待機作戦。約20分間バカ話。高山病だったMOCHIも明るくなると元気になって悪態をつき始めた。まるで子供だね。エミリンはここでおニューのレインウェアに大きな穴を開けてしまう。全くもう、買ってあげない。富士山には着古しを着ていくってのが常識なのだ!
出そうで出ないは・・・

 5時。大分明るくなってきた。金星の脇を人工衛星(エンデバーか宇宙ステーションでは?)が猛スピードで通過する。

 5時16分頃、やっと出た。山中湖の上に出た。まぁまぁの御来光。初めて御来光を見る人は感激だろうなぁ。
 景気づけに「ばんざい、万歳!」って叫んでやった。
レンズ雲

 レンズ雲の一種「吊し雲」が発生。なんとも奇妙な雲である。○も始めてみた。
ででで、出たぁ

 わお、日本の夜明けダァ。凄い、感動。(^_^)v
人物を撮る

 御来光を背に人物を撮る場合は、フラッシュを使用してください。はい。
撮ったわよ

 綺麗な御来光が撮れたかしらね?
私のこと?  ウフフ・・・。 (--)ム!
再び動き出す

 御来光ショーが終わったら、一斉に山頂を目指す群衆が動き出す。あぁ、これで渋滞が始まる。山頂はあそこに見えるのに渋滞のせいで、まだ1時間以上かかる。

 おや、Kさん登頂ですね。
9合目の鳥居

 立山三山組にここで追いつく。この先は渋滞だから、ゆっくり登ってください。

 SHIGEさんはだいたい一緒に山頂鳥居に到着。
山頂鳥居

 6時半前にやっと山頂の一角に到着。もう、ここら辺になると渋滞のせいで遅くなっただけ。他の組は1時間以上も前に登頂したんだろうな。
頂上

 本当の山頂は反対側の剣が峰であるが、吉田口から登って来ると、浅間大社の山頂表示がある。
 まずはここで記念撮影して証拠を残しておかなくっちゃね。
山頂記念写真

 小さなグループ単位に記念撮影。両方共に入ってない人もいるけど。

 この時期、山頂の小屋は半分ほどが既に閉まっている。風が強く、凄く寒い。
Tさんも無事登頂

 Tさん、5年ぶりに山頂を踏む。1年間のトレーニング成果が出ました。ヨカッタですね。

 ちょっとの間、火口が見えたらしい。その隙に写真を撮るなんて凄いですね。
そろそろ下山します

 間もなく7時になりますので、そろそろ下山の準備です。
 この後、下山で先行する組は2時間で5合目まで駆け下りたようです。やっぱり、ビールの吸引力って凄いですね。
下山  7:00

 台風が雨をもたらせ、砂埃がほとんど舞い上がらないという絶好の下山。下りが得意なメンバーは一気に駆け下りていきます。
 下りが不得意な人は、一歩づつ慎重に降ります。膝を痛める原因はどうやらカカト着地ではないかと思うようになりました。
  ちょっと下れば暑くなる

 

 五合目集合時刻は11時ですから4時間かけていいです。が、今年も危ない人が出ましたので、来年からは5合目集合時刻を12時に変更する予定です。
悲劇は起きなかった

 山頂から少し下れば天気は快晴。山頂の寒さがウソのように晴れています。
 山頂のトイレは閉鎖、下山6合目のトイレも閉鎖(知らなかった)、最後のチャンスはこの本八合目しかなかったわけである。来年はこのことも注意しなくっちゃ。

 さて、下山中唯一ルートミスを犯す場所がここ八合目下江戸屋。何度も「左にルートを取れ」と説明したので、今年はルートミスなし。ただ、昨年までと看板の位置が少しずれていたことと、「左河口湖」と大きく書かれていた部分がなくなっていたのに気がつきましたか?
6合目下まで降りてきました

 
下山道6合目も6合目派出所もトイレは閉鎖されており、結局5合目まで我慢せざるをえなくなった。こりゃ、異常状態だわ。山頂で無理矢理隠れて致した○でもきつかった。

 子供は無邪気で元気でよろしい。
泉ヶ滝

 ここまで降りてくれば後は登り。登りが好きな人は、最後の15分間に全力を出して登ってください。
合目に戻ってきました

 
思わず「ヤッター」と叫びたくなる瞬間。めいめいがそれぞれの感動の仕方を工夫しています。

 先行組は、ビールを飲んで、バスの回りで宴会中。
 最後尾が20分遅れで到着。たいしたことないです。
  五合目では既に宴会

 早く降りてきた人はとっくにできあがって寝ているが、続々と宴会の輪に入りアルコールを注入する。これが楽しみで参加している人がかなりいるとか。

 この宴会に間に合わなかった人が何人かいたようですが、そんな人は入浴後にも、もう一度時間がありますので、それまで待ってください。

  風呂上がり

  
今年もレイクランドにお世話になります。なぜか今年は予約席が確保されていません。でも、風呂上がりの一杯は何者にも代え難いオイシサがあります。

 この瞬間があるから苦労も受け入れられる。
来年も頼みますよ

 
今年は女性が大挙して押しかける予定でしたが、口車に乗ったのは、、、、もう大爆笑でしたね。さて、来年以降も口車に乗るか乗せられるか、どっちでもいいですけどこれに懲りずに参加してくださいね。

 皆さん、どうもありがとうございました。一度も写真に登場していない方、すみませんでした。

 来年は(たぶん)9月6日、7日となりますので予定に入れておいてください。
今年のグッズ
 今年は15回の記念大会なので、Tシャツを制作した。デザインは不得意なのでフルカラーの写真をプリント。題材は杓子岳からの富士山をベースに昨年の御来光と富士一館。参加者の名前を入れて各人の記念となるようにした。名誉隊長のシャツだけ15回記念と入っている。生地はポリエステル100%で、汗吸収が強く速乾性の素材。色は男性奇数番号申込みがライトブルー、偶数がライトグリーン、女性がピンクの3色。このなかで一番目だったのはライトグリーンだった。

 あとは大入りの手ぬぐい、マスク、水溶性ティッシュ、ゴミ袋。
 

富士登山(上) 登富士登山(中)  戻 る


     以前の記録 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999