朝起きて、すぐにカーテンを開ける。「お、やったぁ今日は晴れだぞ!」。どうもこのところ雨男のレッテルを貼られているので、肩身が狭い。スタミナ源のお餅を5個も食べていざ出陣。
 天気もいいし、身体のコンディションもいいし、思い切って走ってみようかなぁ・・・。
 なぁんて思うととんでもないことになるというのが相場だが・・。
 日時:2007年4月1日(日) 9:00(ハーフ)、9:50(10km) 晴れ 15度 湿度53% 良馬場 
 参加者:Tamaさん、Peiさん、ツッチさん、◎

吉川なまずの里マラソンコース

 今年初めてハーフに挑戦したが、相当僻地まで引っ張られる。田舎の臭いが何カ所か有り、懐かしさがこみ上げてくる。中間点を過ぎれば、地元のおばちゃんたちがあめ玉とかを差し出してくれる。距離表示は幟が立つ。

 10kmのコース例年通り。距離表示は看板が立っているが、ハーフの幟と間違えてしまう。ゴール手前1kmのあたりで10kmとハーフの選手がごっちゃになってしまうが、それも一興。
会場

 吉川市民交流センター「おあしす」が会場となる。野球場が臨時駐車場となり、早朝から続々と車が詰めかける。7:30に会場到着。駅からの無料バスもどんどん到着。会場整備は行き届いており、申し分ない。係員(ボランティア)も大きな声で挨拶してくれます。
受付

 種目別、エントリ番号別に受け付け。まだ早い方なのでちょっと混乱はしていない。「TシャツはLね」とか大きな声が飛び交っている。
RUNNAP無償交換

 3年前に、ここで購入したRUNNAP(ゼッケン止め)が、ほとんど壊れてしまった。クレームを入れようと意気込んで売り場に急ぐも「あぁ、前のは不良品なんだよね、全部交換しますから好きなの持っていって」と、何も言わずに全部回収、無償交換してくれた。
NB

 ○が先日、御徒町でNBのニューシューズ(M964)を買ったので、相方が「あたいには?」とむくれている。丁度NBの靴が沢山並んでいたので、いいのをて買ってあげた。これで、少しはおとなしくなってくれればいいんだけど。シー
とよだ商店、コバトン

 今年もとよだ商店が出展している。でも、商品がイマイチわからないんだよね。

 コバトンが出陣。ウチは、埼玉県知事からコバトンの使用許可をもらっているので遊びの名刺に刷ってある。親しみを込めてハグ。
出陣式

 いつもの集合場所をツッチさんが確保してくれている。「遅いよ」「ちょっと買い物とかしてたから〜、めんご」。8時前に、Tamaさん、Peiさんも吉川駅からの無料送迎バスで到着。さっそく着替えてアップ。今日は天気がいいので暑くなりそうだ。カメラどうしようかな?持っていくの止めた・・・・。
  スタート地点へと向かう

 今日は天気が良いので、こうして芝生の上でゆっくりと着替えて、思い思いにアップしている。中学生とか高校生は団体で陣取っている。
スタート地点

 集合がかかってからゆっくり行ってもまだ余裕がある。これがローカル大会のいいところ。この種目には出ない人が紛れ込んでも何も言われない。

 2時間?そりゃかかりすぎでしょう?もうちょっと前の方に行きませんか?
ハーフ組

 今回、ハーフに挑戦するのは3人。Tamaさんは最近ロッククライミングに夢中で練習さぼり気味。そう言いながら、しっかり通勤ランを初めた。ツッチさんは、本番を練習の場と置き換えている。Tamaさんと○がニューシューズ。やっぱり晴れたときにおろしたい。
まだまだ

 
カメラマンは前方に移動。1時間10分台のプラカード下には誰もいない。余裕なのか、本当にそんな速い選手はいないのか?(きっと後者だ)
 白バイのおじさんもなんだかのんびりムード。田舎の空気を切り裂いてくれ。
スタート

 
今年は華やかな仮装が意外と少ない。10kmの部が多いのかな?この天気だと着ぐるみは暑くて大変だろう。

 さぁて、一斉にスタート。でも何処にいるか解りませんねぇ。
いたいた

 トップ集団が疾風のごとく駆け抜けた後、お祭り騒ぎで陽気な一団がざわざわと走る。
 「おぃ、ココダよぉ、はは。」「「ちょっと、待ってよ」「じゃな!」

今年はカメラを持っていないので途中経過はなし・・・・
  1km

 トップグループが4分を切るペースで突っ込んでくる。さすがに異次元の世界に住む人たちの走り。ファンランは足下にも及ばないスピードで駆け抜ける。こういうトップランナーには満開の桜も見えないんだろうなぁ?と負け惜しみ。
 

 「おぉ、桜が満開。綺麗だなぁ・・・平和だなぁ、こんなことしていて良いんだろうか?」、ランニングハイ!
 6分を切る遅いペースでの入り1km。え?どこにいるか解らないって?・・・ですね。
  Tamaさん

 かろやかな余裕の走り。本当は苦しかったりして?
10キロ組は散策

 ハーフ組を追い出した後の10キロ組はスタートまで、まだかなりあるのでお店でもブラブラと。
 吉川は「なまず」で有名なんです。というかこのマラソン大会でアピールしているんですけど。記録証発行も比較的スムーズで、ゴール後すぐに発行してもらえた。
 
なまずのたたき

 
今年も、反省会用にたたきを所望。ちょっと揚げすぎでカリカリダヨ。また、堅い小骨が混ざっており、歯が折れたか?と思うほどガリッと来る。これがなまずの味だ!という特徴はない。
なまず関連の土産

 たたきの他にも、なまずに関連したお菓子が並ぶ。お土産にどうです?
10kmもスタート

 9:50に10kmの部がスタート。ハーフ組がだいたい10kmを通過した時刻だ。ゴール手前1kmで合流するので、ゴールタイムはほぼ一緒ぐらいになると言う面白い展開。

 例によって、苦しそうにパクパクと酸素をほしがるエミリン。
おいどんはたのもっか

 うしし、、、こんなカワイイオネェの後を走るとなぜか、元気が出るんだよね?

 最近のトレーニング成果で体重がウナギ下り(なんて言うか?)。どう?スマートになったでしょう?1kgの減量は1分のタイム短縮につながるのだ!
宮原美佐子

 かつての名ランナーも一緒に走る。強力なサポートを受けている。
  車いすマラソンの先導は

 
チャリンコ。そのうちに追い抜かれるのでは?
やっぱり苦しい

 走っている最中は、苦しくて、辛くて、、、なんでこんなに速いペースで突っ込んだんだろう?と後悔する。
 前半のオーバーペースはボディブローのように後半に効いてくる。太腿に乳酸が溜まるのが解るような気がする。
Tamaさん

 
14m地点で先行するツッチを捕らえて、逆転してのゴール。へへ、やったぜ。(^^)v
ツッチさん

 誰かが叫んでいたから、やばいなぁとは思ったんだ。
今年も当たらない抽選

 朝から当選番号が張り出してある。昨年まで必ず1番が当たりだったが、さすがに今年は2番にしたか?でも、我々の1000番台は今年もゼロ。意図的に当選番号を出しているとしか思えない。ぎわく!
 
もちろん、全員完走。日焼けの後がくっきり。快適な走りを堪能しました。
お土産

 なまずの「たたき」に「さぶれ
 
  さて、記録は?

 ・○----1:40:42