元日は「展望台からの日の出」で始まるのだが、今年は抽選で外れてしまった。よって、8時までふて寝。今日の、御来光はきっと素晴らしいものだったに違いない。

 さて、恒例の「越谷元旦マラソン」のスタートは10時。もう、すっかり慣れてしまって、お屠蘇気分で出かけることができる。完走は間違いないだろうから今年も沿道の様子を中心に散歩気分で参加しよう。夕方のNHKニュースで様子を放映していたのにはびっくり。
 日時:2007年1月1日(日) 10:00 晴れ 6度 ほぼ無風 
 参加者:◎

受付

 慣れてくると怠慢になる。10分前に受付に到着。がらんとしている。もう皆さんスタート順に整列している。完走証が一緒に入っている。ナンバーカードを受け取ってユニフォームにつける。前後に付けるから結構大変。
スタート2分前

 
「選手の方はスタート位置に並んでください」と繰り返しアナウンスが流れているが、全く無視。

 「えへん、どうだ!」 (走る前だから何とでも言える)
スタート

 1分前になると、スタート地点に向かう。我々は並んでいないから、歩道から見ている。最後尾に着こうかと思ったら、5kmの人が沢山いる。なんと、同時スタートだった。
 10:00なかなかスタートしない。太鼓の準備が遅れているようだ。約1分遅れてのスタートとなった。
今年もいる仮装

 
やや、毎年見かける顔だね。
 加藤茶よろしく、沿道の子供に「ぺっ」をやっている。
 もう一人はスターマン?? 毎年同じユニフォームだけど、ホントにご苦労サンだね。
 ○と同じぐらいのペース。
法被

 至る所で、お巡りさんが交通整理をしている。ご苦労さんです。

 仮装するなら法被のほうが威勢がいいねぇ。オッサンは鉢巻きも似合うよ。
亀楽庵前

 ナンバーカード117番は、ウルトラマラソにも出場しているWさんだそうです。なかなか軽快なフォームです。

 「草加煎餅」を売っている亀楽庵。いつもこの店で買うんです。上品で接客態度が良くて、お茶を飲ませてくれて、、、、好きです!(#^_^#)ポッ..
応援ありがとう。
  すぐに郊外に出ます

 市役所から2kmも走れば郊外に出ます。ゴミ焼却場の煙が見えています。毎年、この煙突(展望台)から初日の出を見ていますが、今年は抽選で外れたためアウト。

 この先で、5kmは左に、10kmは右に曲がってコースが分岐します。
分岐点

 
分岐点で立ち止まってかなり待つ。先ほどの117番さんが曲がっていきます。

 すぐ後に、我らがエミリンが着いていました。ヒョー、、、風になったような走りですねぇ。・・・??

 さ、また一緒に駆けるか・・。
田圃の中を

 越谷って、まだまだ田圃が多いんです。先回りしてあぜ道に入ると、間違われます。(^^ゞ
 カメラを構えていると、やってきました117番さん。すぐ後には風になったエミリン・・・。まだまだ軽快な走りです。まだ3kmあたりかな。(○`ε´○)ぶーっ
後が来ない

 段々と列が長くなり、待てど暮らせど相棒が来ない。棄権したかな?
 しょうがないので、おもしろいナンバーカードの人をゲットしながら前後に移動してみる。まるで、駅伝の中継カメラみたいだが、暇つぶしにはおもしろい。

 1番と2番を連続してゲット。続いて6番。
田舎だなぁ

 ゴミ焼却場をぐるっと回っている感じのコース。田圃の中を細い道路が走っている。

 やや、もう5kmの看板だ。早いなぁ。じゃ、後続は来ないしチョットだけペースを上げてみっか?
町並みがある所に戻ってきます

 
100番さんをゲット。続き番号はたいがい「つがい」だね。「奥さん負けるな!」と激励する。
やや、真面目な活動をしていると見受けられる人もいるよ。ご苦労さんです。お先に失礼しますね。
車が横断する

 
レースも後半になると、交通規制も徐々に緩やかになり、選手の隙間を狙って車を通過させる。ダメダメ、、○が通過してからにしてよね。

 遊んでいたら、もう残り1kmだって。まだまだ大丈夫だぁ。
ラストスパート

 市役所に続く道路に曲がる。係員が「ラスト500mですよ」と叫んでいる。はいはい、解りました。んじゃ、スパーとしてみっから・・。

 お、200番さんゲットですよ。

 
ゴール

 
さすがにラストだけは真面目に走ったら、結構息が上がった。計時は49分を指している。「そんなバナナ!こんなユックリペースなのに。」(きっと、距離が1kmくらい短いと思われる)

 117番さんに続いてエミリンも54分の表示でゴール。疲れた?みたい。頑張ったみたい。
  やや、あなたがたも

 無事にゴールしましたね。どうやら、○のチョット先に入ったらしい。記念写真責めにあっている。お疲れさまでした。
戦い終わって

 これまでは、レース終了後我が家で新年会があり、準備に忙しかったが、今年はゆっくりできる。
 完走賞の「越谷だるま」をもらう。1等から20等まである大抽選会に参加したが、カスリもしなかった。ただ、その場でナンバーカードを引く形式なので公平な抽選だ。どこかの大会では、最初から当選番号が張り出されているし、1番が必ず当たっている。
 今年も元気で走りたいものです。