当初の予定には全く組み入れていなかった飯綱山であるが、妙高山敗退と天気回復が重なり、急遽足慣らしに登ることにする。
 北信五岳の一つである飯綱山山頂からは、付近の山々(黒姫、妙高、火打、焼)や長野盆地を鑑賞できるかも知れない。
 日時:2006年9月19日(火) 
 山名:飯綱山(標高1,917m)
 参加者:◎

  MAP

 飯綱高原スキー場は横目に登る。このスキー場は、1998年長野オリンピックで金メダルを取った里谷多英の名が残っている。

 頂上まで往復五時間半のコースは、家族連れや高年登山に最適。小さい秋見つけよう。
登山口  標高1,200m  9:00

 
登山道入口付近にあるはずの登山者専用駐車場が見つからず、もっと上の行き止まりまで行って車を駐車。これで15分の時間稼ぎに成功。目の前が登山口の鳥居だった。

一合目  あ、もう一合目だ。速っ。
キノコ  

 
おいしそうなキノコ。どう?
 名前はわかりません。
一三仏縁起

 
一三仏とは死者の七十七日の至三十三回忌を司る仏なり。当飯綱山参道に我が九世端応聖鱗和和尚道標として、一不動より十三虚空蔵に至る十三仏を建立し現世未来の道標としたるは卓見にして仏意を得たるものというべし。

第一不動明王
オオカメノキ
 春の芽吹きがウルトラマン、「シュワッチ」

(第二釈迦如来)撮りそこね・・
第三文殊菩薩

 それぞれに意味があるのだろうが、違いも解らない。
ツルリンドウ
 
 もうすぐ真っ赤な実となる。スミレのようなカワイイ花。見つけるのが大変。


第四普賢菩薩
秋がすぐそこまで

 
真っ赤に色づいた葉っぱを発見。秋はすぐそこまで来ていることを実感。


第五地蔵菩薩
三合目

 
いつの間には二合目を通過してしまっている。気を付けてみていないと見逃す。

第六弥勒菩薩
第七薬師如来

 
まだまだ雑木林の中を歩いている。薄暗い。
(綺麗な花) 名前?

 
すごく綺麗な花なんだが、名前が解らない。


第八観音菩薩
四合目

 相変わらず、鬱蒼とした中を歩く。


第九勢至菩薩

 
大きな岩の上にある。
ノアザミ

 
チョウカイアザミに似ている。


第十阿弥陀如来
駒つなぎ場

 
ここまで馬で入ったのだろうか。10坪くらいの広場。岩だらけだが、冬は雪が積もってテント場になるらしい。

第十一阿夙(あしゅく)如来

 ここから急登にさしかかる
五合目  標高1,550m

 
ここだけ、なぜか標高が書いてある。親切で嬉しい。どうせなら、全部書いて欲しいね。

第十二大日如来
トリカブト

 秋の代表的な草花。

シラビソ? 片方だけに枝が伸びている。
トリカブト


??(真っ白な綺麗な花)
サラシナショウマ


六合目

急登だがゆっくり登れば気持ちがいい。この先に、この山では唯一の鎖場があるが、別に鎖を掴まなくても大丈夫。
天狗の硯石

 
平らな大きな岩があるので、休憩にちょうどよい。眼下の眺めがよくなる。志賀高原のあたりが正面に見える。

 登りでは、この場所を11時30分までに通過しないと帰れない、と警告している。
トリカブト

ウメバチソウ

 
あ、七合目の赤ボロがあったようだけど、見逃してしまった。だんだんと景色がよくなってきた。
リンドウ
タムラソウ


 菅平方面かなぁ? 合宿・・。
 とと、八合目の赤ボロあった?

第十三虚空蔵菩薩 (も逃した・・)
九合目  標高1,800m  

 
あと100mも登れば山頂だ。風が涼しいと言うよりも冷たくなる。眺望を楽しみながら。

分岐点

 萱ノ宮登山口(戸隠)と合流
オオカメノキ

タムラソウ
ハクサンフウロ


飯綱高原

 
登ってきた所を振り返る。すがすがしい秋の感じ。
飯綱神社奥宮  標高1,900m

 
反対側に飯綱山大権現のある奥宮が建っている。小さな石の祠が10個ある。

タカネシャジン

 山頂はここから更に10分ほど笹藪を歩く。
 携帯トイレブースが新設されており、試用期間で携帯トイレはタダで置いてある。
飯綱山山頂  標高1,917m  

 
ゆっくり登って2時間15分で山頂に到着。これなら、毎日のトレーニングにいいかも。

 近くの山々(高妻山、戸隠あたり)はかろうじて見えるが、北アルプスは霞んでいる。

記念撮影

 
この後、雨が降ってきたので合羽を着て早々に退散。下に降りたら、やっぱり晴れていた。



  戸隠そば

 戸隠に行く予定はなかった(ソバは食べるつもりだった)が、バードラインが工事通行止めで、地理的に反対側に走ってしまったので、戸隠についてしまった。ソバ打ち体験道場でソバを打っている人を横目に、ソバだけ食べる。まぁまぁの食感。わさびが出なかったが、何でだろう?

 やっぱ、戸隠ソバなら、神社のところにある蕎麦屋が最高だ。打ち立てで腰がしっかりしているし、わさびも生だもんな。
タンポポ

マツムシソウ
ススキ

ワレモコウ