付録 高知観光の日
Yさんの畑

 定年後、故郷の高知に戻られて、有機栽培で野菜を作られている。まだ試行錯誤で40種類ぐらい作られているそうだが、研究熱心な人なので直ぐに効果が出るのではでしょうか。タマネギ、空豆がすくすくと育っていた。
  トマト

 寒に当てないのがトマトを甘くする秘訣だとか。手がかかりますねぇ。来年は別なところで作らないといけないし。
エンドウ

 奥様はせっせと出荷用のエンドウの取り入れ・・・。と思ったら、なんとお土産に頂いてしまった。昨夜も美味しい野菜を頂いたのに恐縮です。スナックエンドウも一緒に頂きました。
 家に帰って、さっそく美味しく食べました。本当にごちそうさまでした。
こいのぼり

 仁淀川を溯るこいのぼり。びっくりです。ここは和紙が特産品であり、和紙で作ったこいのぼりが仁淀川の川の中を泳いでいるのだ。
  桂浜

 高知見物の最初は「桂浜」。名士坂本龍馬ゆかりの海岸とあって、車は朝から大渋滞。駐車場に入るまで1時間近くかかった。
 とても綺麗な海岸で、アメリカが見えそうだ。(ウソ)
坂本龍馬

 こんなに大きな銅像とは思わなかった。すっごくデカイのだ。右手を胸に突っ込んだおきまりの(当たり前か)ポーズ。
 誰にでも好かれる人気者だ。
アイスクリン

 アイスクリームの間違いかと思ったが、ちゃんとした商品名だった。あちらこちらでこの看板が目立つ。
水が綺麗

 太平洋に直面しているだけなのだが水はとても綺麗。泳ぎたくなる。
 先ほどのアイスクリンをみんなで頬張る。あは、素朴でおいしいね。
  桂浜全景

 正面左手に坂本龍馬の銅像がある。
坂本龍馬記念館

 時間が無くて今回は入り口まで。じっくりと見学したい場所だ。
高知市内

 五台山から
竹林寺

  四国八十八ヶ所巡礼の第三十一番札所が五台山にあったので、ついでに参拝。
 グッツも売ってある。「同行者一人」の意味を取り違えていて恥ずかしかった。
五台山

 今日はお釈迦様の誕生日ということで、境内では甘茶が無料で振る舞われていた。ムチャクチャ甘くて、あわてて水を飲むくらい。が、砂糖は一切使っていないとの説明だった。
五重塔
土佐二十四万石博

 功名ヶ辻で沸きかえる地元高知ではイベントが繰り広げられている。この一角に日替わりで地元の出店があるらしく、Yさんも野菜を売ったとのこと。ご苦労様です。
 ここでも、高知名物「鰹のたたき丼」を食す。昨日も鰹の刺身をごちそうになり、今日も鰹。旨いぜよ。
功名おみくじ

 まぁ、なんと申しましょうか、便乗商売が大流行。千代に粉した女性が人気だった。
高知城

 功名が辻展に入って、しっかりと勉強する。次いで高知城を見学。一気に高知のことがどどどっと頭の中に洪水してきた。
オ山内一豊、千代

 一豊の銅像はありそうだが、なんと千代の銅像もある。さすがは内助の功。一豊は頭が上がらぬと見えるのぅ。
はりまや橋

 ガックリはりまや橋と言われているので、最初から期待はしていなかったので、意外にも「ちゃんとした橋やん」と思ってしまった。隣のかんざし屋のほうがよっぽど大きいけど。交差点もはりまや橋だし、いいんじゃない。
瀬戸大橋

 帰りは、高知道から高松道を経て、瀬戸大橋を渡ってみましょう。日本一夕焼けが綺麗なスポットがあります。
飯野山とかいうのが登れそうだ。
瀬戸大橋解説図
フェリーが行く

 瀬戸内海は波がなくて最高だろうな。
  これを渡れば本州、播磨への道

 では、一気に八王子まで突っ走りましょうかね。



戻る