寒風山(標高1,783m)
                         2006.05.04
 いはやは、今日もいい天気。やっぱ晴れ男がいるとこうも違いのか?
さて、四国の山旅最終日は「寒風山」。なぜこの山を選んだか?それは「単に名前がかっこよかった」からだけなのだ。冬のほうがおもしろそうだけど、春はどうなんだろう?
 日時:2006年5月4日(木) 晴れ 
 参加者:PEIさん、◎

寒風山登山MAP          四国全図

 旧寒風山トンネル出口にある駐車場からの往復。どうやら四国の山の入門コースとして手頃な山らしい。
 家族連れやお年寄りのハイカーが目立つ。
 健脚ならば笹ヶ峰〜乳山と縦走するのが当たり前なのだそうだ。シラナカッタ。(^_^;
駐車場

 国道194号線(この国道は冬季も除雪される立派な国道)から旧国道194線に分岐して、旧寒風山トンネルの高知側に広い駐車場がある。旧道はセンターラインもなくクネクネと四国特有の道だった。高知の人は道を譲ることはないようですれ違えないようなところでも突っ込んでくるぜよ。
 8時頃についたが、既に8割方は埋まっている。人気の山のようだ。
登山口

 駐車場の脇に標識がある。瓶が森林道は冬季閉鎖になる。ここからいきなりの急登が始まり、約40分で桑瀬峠につくらしい。
 何度も登っている人は、一つのトレーニングと思っているみたいだ。
さ、登るか

 桑瀬峠までの登りで、一気に汗が噴き出しそう。昨夜の酒が吹き飛ぶのでちょうどおいいかもしれない。
 かなり上の方に桑瀬峠付近が見える。
シコクミツバツツジ

 あたりの山々がうっすらとピンクに染まっている。ミツバツツジだと思われる。束の間の安らぎが漂ってくる。

  崩壊地

 山肌が削り取られ、残酷な姿になっている。
ショウジョウバカマ

 下を見て歩くと、小判が・・・(落ちている訳ないか)り。ショウジョウバカマがあちこちで羽振りよく育っている。もっと沢山の花に迎えてもらえたらいいんだけどな。
もうすぐ桑瀬峠だ

 登山道が平坦になってくると、桑瀬峠は近い。遠くに見えますのは、寒風山の山頂付近です。
スミレ

 スミレはどこにでもある。種類が多いので名前は解りません。ネットで調べてみようかな。
桑瀬峠

 約40分で(看板通り)桑瀬峠に到着。一休みするのには絶好の鞍部。ここで目的の山を決めないできた人は、「伊予富士」に行くか「寒風山」に行くか悩むんだそうだ。
桑瀬峠から見る扇山(1,392m)

 扇を広げたような格好から名前が付いたのだろうか?なかなか急峻な山のように見える。
寒風山に向かう

 反対側の伊予富士には昨日登ったので、今日は寒風山(後方)に向かう。元々、そのつもりで来たんだけど・・・
あちらに見えるは

 冠山方面。春霞だが気持ちがいい景色だ。
梯子と乳首

 この登山道はとてもよく整備されている。ちょっとでも危険なところには梯子まである。制作日?のゴロが気に入った。
 別のHPで見つけたのだが、高橋さんという人がボランティアで毎週登ってきて整備されているとのこと。頭が下がる。
 
 山頂付近はどう見ても「乳首」だよ。安達太良山とそっくりだ。
伊予富士

 桑瀬峠から伊予富士へのルートは最後に急登が待っているとのこと。あそこのことだな・・。

 こちらも相当な急登だけどな。エッチラ・ホッチラ


寒風山山頂(標高1,783m)

 最後は笹尾根を登り切ると、饅頭のような山頂に着く。下から見上げたときには荒々しい岩が山頂だと思っていたが、予想は裏切られ笹原だった。
 展望は、ほぼ期待通りで抜群。
笹ヶ峰、ちち山方面

 普通の人は、笹ヶ峰方面に縦走するらしい。
 今日は時間がないので、次の機会に訪れることにする。
記念写真

 どこでも山頂では記念写真を撮るものだ。

\(^^@)/ 寒風山どぇ〜す 
おいどんも

 登りやんせ
  寒風山からの伊予富士

 随分遠くに見えるけど、縦走は楽しそうだ



ととと、突然爆音が・・・。
桑瀬峠にジェット戦闘機

 ものすごいジェット機の音が近づいてくる。「すわ、何事か?」と上を見上げりゃ、何もない。
 でもすごい音が近づいている。

 下を見おろせば、、、、「いたっ、あれだ」。
 そこには明らかに戦闘機が桑瀬峠を越えている。
うわぁ、突っ込むぞぉ。 急旋回して西条方面に飛んでいった。
しばらくして、、

 今度は2機が編隊で飛んできた。おぉ、もしかして変態じゃなかろうか?
 さっきと、同じコースを変態のまま飛び去った。
後で、キャンプ場の管理人に教えてもらったんですが、岩国基地の戦闘機だそうです。航路になっている模様。戦時中は竹槍で敵国の飛行機を落としたとか。(馬鹿な)。今は、ストックで落とすそうな。
じゃ、降りますか

 はい。なんかあっけなかったね。
丁寧な案内板

 同じ形をしたこのような案内板があちこちに建っていて、登山者を安心させてくれます。冬とか、悪天候時にはおおいに役立ちそうです。ありがとうございます。
寒風山を降りながら

 眺める伊予富士も、同じ視線ぐらいになるとなかなかカッコイイと思える。
春まっさかり

 オオカメノキ? 
振り向けば

 あっという間に寒風山が小さくなっていく。いい山だったよな。
桑瀬峠まで降りてきました

 これから登る人もほとんどいなくなり、ひっそりと静まりかえった峠。チョット一息。
  あとは一気に登山口まで

 30分もあれば登山口まで降りるる事ができるみたいだ。
木の根ふるさとの森

 国道194号線沿いにあります。が、ここからまだ2km先です。って、解ります?



付録:高知観光の日
戻る