(下山路)

蟹のヨコバイ

 
ここでも渋滞している。15分ぐらい待たされた。ガイドブックには最初の一歩が出れば、とか書いてあるが、全く問題ない。ヘラヘラしながら降りることができる。何でこんなとこが怖いの?という感じ。その先の梯子のほうがよっぽど怖いかも。
  鹿島槍ヶ岳  9:30

 
前剱まで来るとガスから抜け出す。鹿島槍ヶ岳と五竜岳がまぶしい。
一服剱 11:00

 
ガレ場も何事もなく通過して、一服剱まで降りてきた。PEIさんの帽子が風に飛ばされ、どこかに飛んでいったが、根性で拾ってきた。おばさんがあちこちの山の名前を聞いて「あれが五竜なの?大丈夫、来年行くから心配ないの」と馬鹿な強がりを言っている。地図ぐらいもってこいよな。剣山荘でビールを飲む。グビ、うま!
秋色  11:30

 
池に映った剱岳(あれ?ここには載せてない)。
 ほろ酔い気分でキャンプ場まで戻る。
振り向けば

 
立山だからタテヤマリンドウが多く咲いているんです。

 振り向けば、剱岳の山頂までばっちり見えている。今頃山頂にいる人は幸せ者だ!ま、いいか。
上市警察署剱沢派出所 12:10

 
テレビではこの屋根に登った園川隊員が「ここに登っても入門レベルにも達しない」とか言ってましたね。ここから山岳警備隊が出動するんです。隣の岩にはハーケンが沢山打ってある。
  一息

 
ベースキャンプに戻ってきました。早速、乾杯。お酒をガバガバ飲むPIEさん。○は昨日の頭痛事件があるから自重気味。今日は暖かいので外でも平気だ。しばらく昼寝をむさぼる。
夕食

 
今回もつまみが多すぎた。今日のご飯は旨く炊けた。芯があったが、何度か足し水をして芯はなくなった。足し湯がいいんだろうが、湯は「お湯割り」ですぐになくなっちゃうのだ。誰だ、焼酎優先にするのは。石焼きハンバーグはヨカッタ。明日は帰るだけ。さぁ飲むぞ。
 夜中から大雨、、、、、悲惨な撤退でした。



   剣岳アプローチ剱沢まで剣岳登山路>下山路