(登山路)
「剱岳」を目指す 9/18 5:00

 
夜半まで強かった風も4時にはぴたりと止み、★が瞬きだした。最高の天候だ。まだ夜が明けないのに、稜線にはヘッドライトの列が続いている。こんな険しい山でも夜間登山するのだろうか。
 我々は、夜が白々と明け始めた5時にベースキャンプを出発。サブザックに食料と水、緊急用グッヅだけをつめる。
D剣山荘 5:40

 
剣山荘では多くの宿泊客が出発準備をしている。ノンストップで先を急ごう。ここから登りが始まる。

 しばらく登ると、ちょうど御来光が出てきた。双耳峰の鹿島槍ヶ岳右手から、大きくて真っ赤な太陽が勢いよくドバーっと現れた。何故か手を合わせる。
一服剱の手前

 
まだまだ剱御前や別山の標高には達していないが、眺めは抜群。改めて立山のスケールの大きさを実感する。
前剱見ゆ<一服剱> 6:00 標高2,618m

 
一服剱に立てば、前剱(ぜんけん)が圧倒的な迫力で立ちはだかっている。うわ、やっぱり剱ってすごいな、と思う間もなくスタスタと休まずに先に行ってしまうPEIさん。ちょっとは休んで写真撮りたいよぉ。
前剱に向けて

 
鞍部を過ぎれば、危険なガレ場。夏も冬も落石や滑落事故が発生する現場だ。慎重に登っていこう。
大日岳 

 
左は大日岳。TAMAさんとツチさんは今頃どこを歩いているだろうか?

 クサリ場になると渋滞が発生する。
鎖場を抜ければ

 
朝日に輝く岩峰群の陰が長く伸びている。最初の鎖場では早くも渋滞。通過に約10分かかる。このあたりの鎖場でビビルようなら、さっさとあきらめて引き返した方が身のためだよ。下山路の鎖はガラガラなのに。
前剱 6:40  標高2,813m

 
振り向けば剱沢のカール。別山からぐるっと、剱御前まで。奧には大日岳。
やっと剱岳主峰が見えた 

 
前剱を通過するとやせ尾根が続く。剱岳主峰はまだまだ先だ。源次郎尾根と平蔵谷が間近に感じられる。
ナイフリッジ

 
鋭くとがった岩があったり、迂回したりとめまぐるしくく景色が変わる。剱の陰も小さくなってきたが、”剱”と解る陰だ。
ほんの小手調べ

 
登山路と下山路がくっついたり離れたり、上下になったり。緊張感がある岩場が続く。ここは蟹のヨコバイではない。こんなもんじゃないですからぁ。
チョット一息

 
たまにはこういう楽な所もある。証拠写真でも撮りますか。
ウサギギクとチングルマ

 
およそ高山植物には無関係の山と思えるが、こういう場所もちょっとはある。初夏は楽しいだろうな。
稜線を行く

 
北側に行ったり、南側に行ったりと忙しい。まっすぐに行くと行けなくなったりする。

 チョットした岩場でも待ち行列。ここでは約10分間の待ちだった。もう、ヘタッピは来るな!
蟹のタテバイ 7:30

 
平蔵のコルで待たされること30分。やっと蟹のタテバイだ。腕力のない人がヒザでホールドして落石させている。固まったまま動けない。横移動ができない。足の置き場をいちいち教えてもらっている。こんなのがいるから渋滞するのだ。
あれ?着いたよ  8:30

 
蟹のタテバイを過ぎ、ちょっと頑張れば山頂に立てる。山頂はすごい人だ。祠の周りは人だらけ。写真を撮る人でいっぱい。
剱岳山頂 標高2,998m 8:30

 
パノラマ写真でも撮ろうかなと悠長なことを考えているウチに、雲が低くなってきた。やや、早いとこ写真を撮ってしまおう。
 早月尾根を登ってくる人が見える。八ツ峰の下にキャンプ張っている人もいる。富山市街が一望だ。絶景。
剱岳山頂 標高2,998m 8:30

 
いやはや、何とも嶮しい山です。厳冬期に登る人の気が知れない。冬は祠がすっぽり雪で埋まる。
山頂証拠

 
携帯が通じた(FOMAはダメ)のであちこちにメール打って、食事をして・・・ガスってしまって何も見えなくなる。こうなるとつまらない。もう降りるしかない。


   剣岳アプローチ剱沢まで>剣岳登山路>下山路